難関国・私立中学受験専門スーパーエリート塾 希(のぞみ)学園

  • トップページ
  • お問い合せ
  • よくあるご質問
  • サイトマップ

塾生マイページ

資料請求

教室案内 みなと芝浦教室 横浜教室 二子玉川教室 あざみ野教室 目黒教室

講座概要 小6生 小5生 小4生 小3生 小2生

HOME > 希学園について > 希学園の特色と魅力

希学園の特色と魅力







志望校合格という最終目標を設定することにより、目標を持ち、それに向かって、自主的に勉強する習慣を身につけるように指導しています。


受験には、多くの知識を習得することも必要になりますが、それだけではなく、より深い思考力を養い、各生徒の持つ能力を伸ばす方向を考えています。


中学受験といえども、かなりの自制心、自律心が必要になります。小学生の場合は、保護者や塾などの管理が必要になりますが、本人の努力も必要です。受験を通じて、その、努力することの尊さを知ってもらい、以降の人生に役立ててもらいたいと思っています。


ページトップへ






各教科の講師が生徒と保護者の厳しいチェックのもと、質が高く、確実に身につく授業を展開していきます。


お子様と講師、お互いに顔と名前が一致する距離です。


講師はお子様の性格や成績を知っています。







市販の教材だけ、教材会社任せの教材選択ではありません。


特進クラスの算数・国語、スーパーエリート問題集、ズバピタシリーズ、「中学への算数」の寄稿など。






模試を成立させる母集団は、大規模塾の良さのひとつです。


各講師が、長年にわたる膨大なケースを事例として見てきているという豊かな実績と経験があります。


チューター(担任)の細かい生徒把握をもとに、志望校合格のためのベテラン講師陣が必ずサポートしています。


個別懇談においては、第一志望校を中心とした併願校の作戦(入試日程の異なる複数の学校をどう組み合わせて受験するか)を一人一人にご提示いたします。



ページトップへ





同じクラスには、その時点での学力に差のない生徒が集まっているので、均質集団が形成されており、競争原理が働きます。ひとつのクラス内で学力差がありすぎるとうまく競争原理が機能しません。


上位クラスに在籍するからといって単純に有利なわけではありません。レベルに応じて授業の深度差はありますが、同じ学習計画表に基づいているので、進度に差はありません。頑張って上のクラスに上がれば、同じテキストの中の「難問にチャレンジ!」にも取り組み、クラスが下がっても、苦手な単元を丁寧に理解してテストに臨めば、再び元のクラスに戻ったり、さらに上位クラスへと上がったりすることも可能です。


ページトップへ




長年の豊富な教科指導経験を元に、科学的・合理的な年間カリキュラムを作成しています。年間学習計画表は、お子様の力を伸ばすために希学園が自信をもってご提供するカリキュラムの集大成といえます。


1日あたり、お子様が宿題をこなすなど自主的に学習すべき時間の目安は、塾での自習の時間も含めて小3で約30分、小4で約1時間、小5で約1時間半、小6で約2時間半です。これにより、学習内容の確実な定着を図り、学習の習慣をつけていきます。


例えば、算数の最高レベル演習では、各学年の最初は、前学年で学習した内容を復習しつつ発展的内容に高めていきます。このように、小3から小6にかけて、各教科において同じ単元について内容を深めながら何度も学習する方法をとっています。さらに、複数の講座が並行している場合も、互いに補完しあうカリキュラムになっています。これにより、一時的に理解が不充分な単元があっても、それが2度と扱われないというようなことはなく、知らず知らずのうちに、身につくようになっています。


ページトップへ






一つ一つの単元に対して、課題の範囲・量が明確になっています。


ワークブックのような書き込み式で、課題の量がわかりやすく、やる気が出る工夫をしています。何をどれだけやるのか、どれくらい時間がかかりそうかということがあらかじめわかりやすく、取り組みやすいプリントです。宿題をノートにやろうとすると、テキストのページ、問題番号を書かなければならないので、生徒には面倒と感じがちですが、宿題プリントは、テストの解答らんのように、すでに欄が用意されているので、その手間がありません。また、ノートの場合、ある問題が答えにくくて詰まったときに、そこで立ち止まる生徒が多いのですが、宿題プリントは、飛ばして次の問題に進みやすくなっています。さらに、全問を解く時間的余裕がないときも、最初にやる問題を決めて、飛ばし飛ばしでやることもできます。また、宿題プリントには保護者の方からのコメント欄がありますので、疑問点などをご記入いただけます。取り組んだ分には必ず講師が閲覧をし、コメントを書いて返却します。


小4生〜小6生においては、毎回の授業で、前回の授業に行った内容についての復習テストを実施します。復習テストは終了後、直ちに生徒どうしで相互採点を行い、大まかな点数を出し、得点帯抽出により、クラスの中で自分がだいたいどの位置にいるか、すぐにわかるようにしています。このようにその場で迅速な評価ができます。しかし、復習テストはその後回収し、講師が再採点して確定した正確な点数を成績に算入します。


ベーシックコース成績には、小学4年生から小学6年生までは公開テストと復習テストの点数を算入します。クラス毎の復習テスト各科目の平均点・クラス順位、そして全科目を合計した総合での平均点・順位も算出しますのでその成績をもとに、次の目標を決めることができます。 また、ベーシックコース以外も一部を除き成績処理を行います。


成績表は、在籍クラス内での順位や平均点がわかるものだけではありません。学年全体で、自分がどの位置にいるか、テストや教科の全体の平均点はどれぐらいかを一覧できる個人成績表もお渡ししております。この相対評価は、志望校を決定する際にも参考になります。


ページトップへ




小6はベーシックコース、レベル演習算数などで、また、小5のベーシック国語・算数、レベル演習算数でも自習時間を授業の中に組み込んでいます。授業で行った単元をしっかり理解し定着するための大切な時間として、質問を積極的に受けつけています。


小4〜小6の希望者は、希学園の授業の課題(宿題)を済ませるために、居残り自習をすることができます。居残り自習には、講師が必ずいますので、質問をすることができます。


授業の前は、講師も忙しい・・・しかし、生徒のためならば、こんな時間でも質問を受けつけます。特に需要の多いベーシックにおける、小4〜小6の算数では、授業前の質問受けをする教室を「質問受け教室」(無料)として制度化もしています。様々な機会を利用して要望に応えるよう講師・スタッフ一同努力しています。


ページトップへ


ご連絡をいただきましたら、すぐにお子様をよく掌握した担当講師がご相談に応じます。さらに、お子様への励ましやフォローを行っています。


受験情報・各教科の勉強方法・各種資料をお渡しします。また、それらの資料を用い、今後の目標やお子様の姿を現場の講師がご説明します。各学年、年に2回予定しています。


小4・小5で行う個別懇談では、希学園内でのお子様の学習の様子を伝えたり、家庭学習における問題点についてアドバイスさせていただいています。小6で行う個別懇談では、お子様の今後の進路を決定するお手伝いをさせていただきます。これらは各講師の所見も交えながら、成績資料も活用して合理的に指導を行っています。


随時、学習指導・受験指導に関わるご相談に応じます。形式は、保護者と講師の対面式で行いますが、場合によっては、お子様を交える場合もあります。また、お電話でのご相談にも応じます。


まず、小3は教室ごとの教室責任者、小4・5は、クラス担任という制度でもって、そのクラスの責任者を明確にしています。これにより、相談するときの窓口が明確になっています。また、小4・小5は、各教室毎に教科責任者をおいております。そして、小6になりますと、2月に生徒一人ひとりにチューターがつきます。本人の変更希望があるか、もしくは、志望校コースが変更にならない限り、クラスが変更になっても、その講師が、入試までしっかりフォローさせていただきます。


ページトップへ



例年夏休みの始まる頃に、小6を対象に夏期激励集会を実施しています。夏休みを有意義に使うことは、志望校合格にとって非常に大切なことになりますので、この集会の意義も大きくなります。また、年末には大晦日激励集会を実施し、入試本番まであと1か月足らずという時期に、正月気分にならないで、しっかりと自分の目標に向かって邁進していく気持ちを高めさせます。


主に小4・5対象で、主要校の文化祭引率などを企画し、志望校を実際に目の当たりにすることによって、志望校への意識を高めるように工夫しています。




ページトップへ


入試当日の応援は、生徒側から見たときに、些細なことでも精神的影響があるため、大きく得点を左右する要素となります。そのため、入試直前まで授業などにおいて担当している講師が、生徒の状態を見極めて入試当日も対応することが出来る態勢を取っています。単に塾の職員が応援に来ているという感覚ではありません。また、例えば、入試当日に、応援を担当した講師が生徒の微妙な状態の変化を察知して、チューターにすぐに連絡を取って対応を指示するというようなことも行っています。


我々の願いは、塾生全員の第一志望校合格です。しかし、第一志望校合格がかなわなかった場合でも、その後の受験日程においても、精一杯の応援をさせていただきます。最後までパワフルに応援いたします。


ページトップへ

希学園について

  • 合格を勝ち取るための勉強方法
  • 基本5ヶ条
  • 希学園の特色と魅力
  • 安全管理
  • 毎月第2日曜実施!入塾テストを兼ねる

    公開テストのお申し込みはこちら
  • 希学園の学習システムをまるごと体験

    2週間授業体験(無料)のお申し込みはこちら
  • 希学園の詳しい資料をお送りします

    資料請求はこちら
  • 会社概要
  • 採用情報
  • 個人情報保護方針
  • このサイトについて
  • サイトマップ