難関国・私立中学受験専門スーパーエリート塾 希(のぞみ)学園

  • トップページ
  • お問い合せ
  • よくあるご質問
  • サイトマップ

塾生マイページ

資料請求

HOME > 希学園講師コラム のぞみの広場 > のぞみの広場No.17

希学園講師コラム のぞみの広場

希学園講師コラム のぞみの広場

タイトル一覧へ

新学年の生活

No.17 2012年04月16日
希学園 理科講師 家永 昌和


皆さんの塾での新学期は2月からですが、学校では新学期の生活が4月から始まりますね。
塾や学校の生活サイクルが短い間に2回変わることになります。
このタイミングで一度、日常生活に支障を来していないか確認してみましょう。
学年に関わらず、余裕のない生活は、遅かれ早かれ破綻します。逆に、暇をもてあましていても力はつきません。
特に6年生は宿題の量も増え、通塾日数も増えなかなか時間をやりくりできない人も出てきているのではありませんか。
対照的に、想像していたよりは楽で、時間をもてあましている人もいるかもしれません。
そのような時は、遠慮せずに普段から皆さんとよく接しているチューターをはじめとする担当講師に相談してみましょう。
課題を削ったり増やしたりすることにより、適度な時間的そして精神的余裕をつくりだすお手伝いをします。
心身ともに健康であって初めて入試に臨めます。
クラスを維持するために復習テスト対策を重点的にすることは大切なことです。
しかしながら、入学試験は初見の問題に挑まなければなりません。
テスト対策ばかり取り組み、詰め込んで覚え込み、そしてテスト後すぐに忘れるような勉強をしていても、たとえクラスは維持することはできたとしても、最終的には入試で結果を残すことはできないでしょう。
一夜漬けのようなその場しのぎの勉強に陥らないためにも、今このタイミングで一旦自分自身の学習サイクルを振り返り、修正し進んでいきましょう。

ページトップへ

  • 毎月第2日曜実施!入塾テストを兼ねる

    公開テストのお申し込みはこちら
  • 希学園の学習システムをまるごと体験

    2週間授業体験(無料)のお申し込みはこちら
  • 希学園の詳しい資料をお送りします

    資料請求はこちら
  • 会社概要
  • 採用情報
  • 個人情報保護方針
  • このサイトについて
  • サイトマップ