難関国・私立中学受験専門スーパーエリート塾 希(のぞみ)学園

  • トップページ
  • お問い合せ
  • よくあるご質問
  • サイトマップ

塾生マイページ

資料請求

HOME > 希学園講師コラム のぞみの広場 > のぞみの広場No.36

希学園講師コラム のぞみの広場

希学園講師コラム のぞみの広場

タイトル一覧へ

たまには真面目。

No.36 2014年06月01日
国語科講師 山ア 信之亮


 つい先日、希学園時代を共に過ごし、その後さっぱり連絡を取っていなかった友人から突然、会わないかと連絡があった。

 友人はどのような人物になっているのだろう、と多少心配しつつ、しかし期待を胸に、待ち合わせ場所に向かった。

 心配は杞憂に終わった。彼はまさしく「何も」変わらなかった。勿論物理的に、という話ではない。共に一生懸命勉強したあの日々。中学の進学先は違えど、再会を誓ったあの日。それから15年来、全く会わなかったことが、不思議なほど二人の距離を拡げなかった、いや、むしろ縮めこそしたと言えるかもしれない。

 彼は先の地震で被害にあった東北地方に、国家公務員として派遣されていたという。法律を立案・運用する側として常に考えるのは「全体」である。しかし「全体」を成立させるためには「個」が疎かにされる、かといって「個」を考えに入れると判断がぶれる。その際支えとなるのは、同じ気持ちで生きている「だろう」仲間だった、と。

 私は今のところ、彼ら「全体」を考える人々が安心して皆のために決断できるように「個」のことは任せろ、と言える毎日を送りたい、そういう気持ちで諸君に接しているつもりである。すこし、こそばゆいけれど。その分、自分に出来ない「全体」を決断する重責を負う彼らのことも、同じく全面的に信頼している。


 諸君がどのような形で未来予想図を描いているかはわからない。そして、その未来予想図は変わらぬことの方が少ない。人生は偶然の連続。

 しかし、変わらぬものがあります。

 幼い日々、努力して夢を叶えたという自信。社会が自分に学ばせてくれた恩返しとしての、社会に対する責任感、使命感。

 そして、何年経とうが、ほんの十数年あっていなかろうが、理屈抜きに信用できる仲間。

 僕にとっての希学園や母校とは、そういうものをくれた場所です。諸君にとっても、そういう場所になれば幸いです。

 日々の練習や訓練の苦しさや、眠気や、遊びたい気持ち、いろんな不満。

 希で、受験で手に入れるものに比べて、それらがとてもとてもちっぽけに感じられて、もっともっと学びたい、と思ってくださることを祈って。


ページトップへ

  • 毎月第2日曜実施!入塾テストを兼ねる

    公開テストのお申し込みはこちら
  • 希学園の学習システムをまるごと体験

    2週間授業体験(無料)のお申し込みはこちら
  • 希学園の詳しい資料をお送りします

    資料請求はこちら
  • 会社概要
  • 採用情報
  • 個人情報保護方針
  • このサイトについて
  • サイトマップ