HOME > 合格体験記 >No.2

希学園講師コラム のぞみの広場

2017年春入試 第25期生 合格体験記

この合格体験記は第25期生ならびにその保護者の方の生の声をそのまま掲載しています。
定期的に内容を更新していきます。
「合格体験記集」(冊子)もございます。ご希望の方は、こちらよりお申し込みください。

タイトル一覧へ

2017年08月09日更新

 灘中学校

僕が乗り越えてきた日々

 僕は希学園のおかげで灘中に合格することができました。これまでの希学園での3年間を振り返ってみようと思います。


<4年生>

 希学園に入塾する前は公文に行っていました。公文では結構進んだことをやっていました。それが希学園でも役に立ったと思います。希学園では、ベーシックとベーシック補強を受講していました。一度、公開テストで5位をとり、PC0になりました。初めは不安定だった成績が、そこからだんだん安定してくるようになりました。でも、国語は苦手でなかなか成績が上がりませんでした。この頃はまだ宿題も少なく、楽しんで塾に行っていました。また、水泳にも通っていました。まだ受験のことは全く考えていませんでした。


<5年生>

 ベーシックに加え、最高レベル演習算数・国語・理科や灘クラブ特訓(現在の灘中選抜特訓)も受講するようになりました。4年生のときに比べて宿題が増え、大変でした。でも、頑張っていくうちに成績がより上がっていきました。みなさんも、宿題にきちんと取り組めば成績は上がります。頑張ってください。この頃は、第一志望校はまだ決まっておらず、ただ漠然と「灘中に行けたらいいな」と思っていました。夏の学園長杯争奪テスト大会では3位のトロフィーをいただきました。このテストは、「1点の重み」がよくわかるテストです。みなさんもぜひ参加してください。


<6年生>
[春]

 5年生のプレチューターだった小谷先生のすすめで、灘コースに入ることにしました。6年生のチューターは国語の西川先生になりました。僕は国語が他の教科に比べて苦手だったので、うれしかったです。6年生になると志望校別特訓が始まり、さらに宿題が増え、とても大変になりました。それでも宿題にきちんと取り組んだら、0組の前の方の席に座ることができました。第1回プレ灘中入試は9位でした。特に大きく失点した教科はなかったのですが、2日目のテスト終了後、しんどくなってその後の学習サポートルームや集会の前に早退してしまいました。体調管理の大切さを改めて感じさせられました。

[夏]

 いよいよ、「受験の天王山」と呼ばれる夏がやってきました。宿題は春に比べて少しだけ増えましたが、午前中は自由な時間だったので、宿題がはかどりました。また、志望校別特訓などの重要問題を解き直したり、自分の苦手な単元を解き直したりしました。また、夏休みには灘コース夏期合宿がありました。とても厳しくつらかったですが、スピード強化演習では全体で1位になれました。とてもうれしかったです。この合宿で集中力がついたなと思いました。その後のプレ灘中入試では、1位をとることができました。これは、合宿で「ミスを減らす力」を身につけたからだと思います。また、プレ東大寺学園中入試では、国語1位、算数1位、理科1位で総合1位というとても良い成績でした。ここまで見ると、絶好調で順風満帆だなぁと思われるかもしれません。たしかに夏まではそうでした。でも、本当にしんどいのは秋からです。

[秋]

 夏の終わり頃から、志望校別特訓[第V期]が始まります。[第V期]になると宿題が驚くほど増えて大変ですが、宿題プリントは2回取り組んでください。その方が、学習した内容を本質まで理解することができます。また、秋になるとベーシックのクラスが灘、P、Cの3つに分かれます。十三教室の灘コース生は少なかったのに、十三教室でベーシック灘を開講してくれたのはうれしかったです。また、ベーシック灘が始まると、元豊中教室の優秀な友だちと共に学べたことは、いい刺激になりました。算数が非常によくできるF君やどの教科もよくできるN君など、友だちとお互いを高めあうこともできました。でも、この頃から僕は、「問題文を読み間違える」ということを連発するようになってきてしまったのです。そのことにいち早く気づいた松田先生が、「入口と出口」に細心の注意をはらうように教えてくださったおかげで、少しずつですが直っていきました。

[入試対策(第T期)]

 いよいよ入試対策が始まりました。始まる2週間ほど前に富田先生が「入試対策は『毎日志別』やで」などと言っていましたが、全くその通りでした。でも、志望校別特訓のときよりしんどくありませんでした。理由はよくわかりませんが、たぶん志望校別特訓をたくさん受けて、そのしんどさに少し慣れていたのかなぁと思います。宿題は増えましたが、自習がとても長く、その日のうちに終わりました。あっという間に時は過ぎ、大晦日激励集会になりました。学園長の話で、入試の厳しさを知りました。正月のプレ灘中入試では、算数Uで時間配分の失敗をしてしまい、6位という結果でした。

[入試対策(第U期)]

 入試対策(第U期)が始まりました。ここからが本番だと先生に言われました。気を引き締めて最後まで諦めずに頑張りました。


《《 入試本番 》》

〜函館ラ・サール中〜

 初めての入試だったのでとても緊張しました。

 国語…とても簡単でした。自信あり。

 算数…ひとつだけミスをしてしまいました。他は自信あり。

 理科…過去問通り、知識問題が多かったです。自信あり。

 結果:合格。12位でした。

 すぐに前日特訓の日がきました。おやすみコールで先生と話し、少し緊張がほぐれました。

〜灘中1日目〜

 国語…テストゼミの点数が悪いことがあって心配していたけれど簡単でした。自信あり。

 算数…わからない問題もありましたが、とれる問題はとりきれたと思います。

 理科…テストゼミで難しい年の過去問ばかりやっていたので最後の大問以外普通に解けました。知識問題が多くて驚きました。自信あり。 

 当日特訓の時に配られたプリントに、「1日目のことはリセットしなさい。(よかったことも、悪かったことも、ですよ!)」と書かれていました。2日目までに、僕はできるだけリセットするようにしました。おやすみコールの後は、安心してぐっすり眠ることができました。

〜灘中2日目〜

 1日目のことをリセットしてテストに臨めました。 

 算数…計算ミスをしてしまいました。10点問題が多くて驚きました。あまり手ごたえがありませんでした。

 国語…最後まで頑張って集中しきれました。まあまあできたかな。

〜西大和学園中〜

 灘中の入試でかなり疲れていました。受験生がたくさんいて驚きました。

 国語…段落の並べ替えもできた。まあまあ自信あり。

 算数…とても簡単。自信あり。

 理科…とても大変な計算をする問題や、ていねいにまとめないと正解できないような問題がたくさんあって、苦しみました。

 結果:合格。

 灘中の算数2日目が心配でしたが、おやすみコールのおかげで安心できました。

〜東大寺学園中〜

 僕の受ける最後の入試です。最後まで頑張ろうと思いました。

 国語…記述問題もできたと思います。まあまあ自信あり。

 算数…終わってからミスに気づきました。他は自信あり。

 理科…とても簡単でした。

 結果:合格。

〜灘中合格発表〜

 先にお父さんが見に行ってくれていました。東大寺学園中の入試が終わり、お母さんにあったとき、「灘中合格していたよ」と言われました。うれしかったです。が、まだ自分で確かめていなかったため、本気で喜べませんでした。でも、電車に乗って灘中まで行き、体育館で自分の番号を見つけたときは本当にうれしくて、友だちと体育館内を走り回りました。

 個人成績表を返されたとき、算数Uが90点ととても良かったので自分でも驚きました。


<最後に>

 初めにも書きましたが、僕が灘中に合格できたのは希学園のおかげです。僕のチューターであり、僕に的確なアドバイスをくださった西川先生、厳しいところもあるけれど、面白い授業を展開し、指導してくれた松田先生、余談が面白く、授業もわかりやすい江見先生、その他たくさんの先生方、本当にありがとうございました。


<これから入試を迎えるみなさんへ>

 希学園は、本当に良い塾です。だからこそ、授業をよく聞き、宿題プリントもしっかり取り組んでください。あともう一つだけ、何があっても絶対に諦めないでください。そうすれば、第一志望校に合格できるはずです。頑張ってください!

 僕も、灘中で待っています!

ページトップへ

  • 毎月第2日曜実施!入塾テストを兼ねる

    公開テストのお申し込みはこちら
  • 希学園の学習システムをまるごと体験

    2週間無料体験入塾のお申し込みはこちら
  • 希学園の詳しい資料をお送りします

    資料請求はこちら
  • 会社概要
  • 採用情報
  • 個人情報保護方針
  • このサイトについて
  • サイトマップ