HOME > 合格体験記 >No.6

希学園講師コラム のぞみの広場

2017年春入試 第25期生 合格体験記

この合格体験記は第25期生ならびにその保護者の方の生の声をそのまま掲載しています。
定期的に内容を更新していきます。
「合格体験記集」(冊子)もございます。ご希望の方は、こちらよりお申し込みください。

タイトル一覧へ

2017年08月09日更新

 洛南高等学校附属中学校

あきらめなかったからこその合格

 5年生からの塾での生活を振り返ります。これから受験する方の役に立てれば幸いです。


5年生

 4教科全てを受けていましたが、この頃は受験ということに全く意識はありませんでした。宿題もA問題とB問題の途中までぐらいまでしかできませんでしたし、理科と社会はそれまで受講しておらず、ついていくのが精一杯で、復習テストは毎回散々な結果でした。社会と理科は4年生から受けておけば良かったと思いました。それでも、友だちもできて楽しかったし、取り残されないように必死で勉強していました。


6年生
〜春〜

 まだ受験という意識はうすく、宿題をなんとかBまでできるようになって、PC5とPC6を行ったり来たりしていました。志望校別特訓は洛星・洛南高附属(男子)コースに入り、嬉しくて少しずつやる気がでてきました。チューターは留川先生で、とてもやさしく勉強の仕方を指導してもらいました。


〜夏〜

 夏期早朝サポートルームには毎日通いました。サポートルームに行くようになって、宿題はとてもはかどりました。学校がなかった分いつもより勉強ができたので、苦手な理科と社会を重視して勉強しましたが、まだなかなか追いつけませんでした。受験の天王山と言われる夏が終わっても思ったように成績が伸びず、とても焦りました。


〜秋〜

 このあたりから宿題も増え、運動会などの学校行事なども増えて宿題をこなすことが大変になりました。授業後の学習サポートルームもこの頃から行きはじめました。帰りが23時頃になるので、その後に志望校別特訓の宿題を夜遅くまでしているときもあり、体力的にしんどかったです。


〜12月入試対策〜

 毎日朝から晩まで塾があり、毎日宿題もあったので、宿題はその日のうちに終わらせないといけなくて、このときがいちばんきつかったです。この頃になると理科が波はあるけれどだいぶあがってきて逆に算数と社会がとても悪くなったので、なるべくこの2つを中心にして勉強をしました。この頃の合否判定テストで一度も合格判定が出ず、悪い結果だったことがよけいにやる気に火をつけました。冬休みもお正月も1日も休まず勉強しました。

 大晦日激励集会に参加したことで受験の実感が湧き、気分も盛り上がってよかったと思います。


『入試本番』
土佐塾中学校受験

 基本的な問題が多かったけれど、国語の見直しの時間があまりとれなかったので、時間配分に気をつけないといけないと思いました。


東山中学校受験

 基本的な問題が多かったので、特に計算問題を落とさないように気をつけました。


洛星中学校受験

 7時10分頃に洛星中の講堂に集合でした。雪が降ってとても寒い朝でしたが、多くの先生が待っていてくれて、ミニ講義をしてくれました。また、「入試合格の秘訣」のプリントをもらい、直前の注意を頭に入れることができました。また、洛星中のグラウンドで「洛星に絶対受かるぞ!」とシュプレヒコールをしたのは、とても気持ちよかったです。

 理科:難しくはないと思ったけれど時間がかかってしまい、何個も空欄をつくってしまいました。

 国語:わかりやすい文章だったのでできたように思いました。

 算数:過去問より簡単な感じがしたのですが、できたかどうかわかりませんでした。

 社会:問題の意味がよくわからなくて、全然できませんでした。

 全体としてあまりできなかったので落ちたと思いました。結果は不合格でした。


立命館中学校受験

 基本的な問題が多く、かなりできたと思い自信がありました。でも結果は不合格でした。不合格とわかったときはとても悔しかったです。どこでミスをしたのか、できていなかったのか、今でもわからないけれど、細かいことまで気をつけて、油断してはいけないと思いました。


洛南高等学校附属中学校受験

 この日は雪が降りとても寒かったのですが、たくさんの先生が来てくれました。洛南高附属中の近くの神社の会館を借りてくださって、会館の中でミニ講義とシュプレヒコールをしました。洛星中のときよりたくさんの希学園生が受けたので、何となく心強かったです。

 国語:物語文の問題が、一度希学園の講義で読んだことのある文章だったのでわかりやすく、とても嬉しかったです。

 算数:難しくてあまり解けませんでした。

 理科:一度講義で解いたことのある問題が出てきてできたし、見直しもできました。

 社会:志望校別特訓で解いていたような問題が多く、安心して問題を解くことができました。

 発表の時には洛南高附属中につくまでずっと緊張していました。自分の番号が見つかった時「あった!」とさけんでしまいました。とても嬉しくてずっと飛びはねていました。


〈最後に〉

 僕はずっとPC5かPC6だったので、洛星中も洛南高附属中も受かることはかなり難しいと思っていました。12月に願書を提出するときには、両親はいっそ受験をやめようかとさえ思ったそうです。それでもあきらめるなといろんな先生に励まして貰いました。直前には、「最後の一突き」プリントを一生懸命覚えました。励ましたり叱ってくれたりする先生や一緒に勉強する仲間がいたからこそ、自分も頑張れたのだと思います。

 洛南高附属中の試験では、解いたことのある問題が2問も出たのがラッキーでした。希学園のオリジナルテキストやテストは先生が頑張ってつくってくださっているのだと実感しましたし、「本番に出るかも」と思って毎回しっかり頭に入れるのが大切だと思いました。また、「ここまでするように」とか、「答案をこんなふうに書くように」など、先生に言われたことを素直にその通りすることや、毎日の計算や漢字、暗記を継続することが、はじめのうち面倒でなかなかしなかったのですが、しはじめたら少しずつ成績が上がったので、やっぱり大切なんだと思いました。また、公開テストや合否判定テストなどで自分の苦手なところをみつけて、夏休みなどの時間があるときにやり直して身につけることも大切だと思いました。

 両親は塾の予定を把握するだけで大変そうで、夜のお弁当を何回か持ってくるのを忘れることもありました。持ってこられないときには「どんぶりどん」の配達がとても助かると言っていました。毎日の深夜の迎えも両親が交代で来てくれました。そういった家族と先生、事務の方々のサポートがあってこそ、自分は勉強に集中できたのだと思います。

 最後に。あきらめたら終わりです。あきらめなければ道はひらけるかもしれません。あきらめるか、あきらめないかを決めるのは自分です。パッとしなかった成績でも、最後まであきらめなかったからこそ合格できたのだと思います。これからもこの受験のことを忘れずに頑張ろうと思います。

ページトップへ

  • 毎月第2日曜実施!入塾テストを兼ねる

    公開テストのお申し込みはこちら
  • 希学園の学習システムをまるごと体験

    2週間無料体験入塾のお申し込みはこちら
  • 希学園の詳しい資料をお送りします

    資料請求はこちら
  • 会社概要
  • 採用情報
  • 個人情報保護方針
  • このサイトについて
  • サイトマップ