HOME > 合格体験記 >No.7

希学園講師コラム のぞみの広場

2017年春入試 第25期生 合格体験記

この合格体験記は第25期生ならびにその保護者の方の生の声をそのまま掲載しています。
定期的に内容を更新していきます。
「合格体験記集」(冊子)もございます。ご希望の方は、こちらよりお申し込みください。

タイトル一覧へ

2017年09月01日更新

 東大寺学園中学校

いいさ無理でも…「1136」

 僕が入塾したのは3年生の9月です。


〈3年生〉

 初めは入塾する前から習っていた公文の延長線のような感じと捉えており、まだこのときは中学受験なんてこれっぽっちも考えていませんでした。

〈4年生〉

 4年生からは宿題の量が増えて、中学受験の実感もやっと少しわいてきました。新しく受講した最高レベル演習算数の東野先生の授業が好きで算数が好きな教科になり、6年生まで好きであることは変わりませんでしたが、なぜか最後の最後まで苦手意識は治りませんでした。


〈5年生〉

 宿題の量がまた増えて、少し回しにくくなりました。最高レベル演習国語を新たに受講したのが原因だと思います。このころは第一志望校を「大阪星光学院中」にしていましたので、6年生の志望校別特訓は大阪星光学院・西大和学園コースの予定でしたが、同じ八尾教室のライバルが東大寺学園コースにしたことや、父さんに「本当に大阪星光に行きたかったら東大寺コースで頑張るくらいの覚悟がないとだめだよ」と言われたので、結局東大寺学園コースにすることにしました。


〈6年生春〉

 志望校別特訓が始まりました。第1回プレ東大寺学園中入試は合格判定でした(でも数点差・・・第2回、第3回は不合格でした)。


〈6年生夏〉

 急に志望校別特訓の宿題が増え、お盆には東大寺学園/大阪星光学院・西大和学園コース夏期合宿もありました。その内容はまさに地獄で、計算を間違えるとプリントを破られるなどの怖いイベントが盛りだくさんなので、灘コースや東大寺学園コース、大阪星光学院・西大和学園コースに来年入ろうとしている人は計算ミスを合宿でやらかしてはいけません。注意してください。


〈6年生秋〉

 このころの志望校別特訓の課題の量は夏とほぼ変わりませんでした。ベーシックを八尾教室ではなく谷九教室で受け、Pコースに変更しました。最初の方は宿題を回せていましたが、運動会や修学旅行、風邪でバランスをくずし、回していくのがとても難しくなってしまいました。でも森下先生に「今よりも入試対策に入ってからの方が楽になるから、今はガンバレ」と言われて乗り切ることができました。


〈入試対策〉

 入試対策はテストゼミのオンパレードなので、実戦力や得点力が養われる上に、宿題がテストゼミの直しが中心になるので、それに集中することができました。


 いよいよ入試本番です。


 1/9〈愛光中〉

   基本すべて簡単でした。

   結果…合格。


 1/14〈大阪星光学院中〉

   国語…孔子? 意味不明。記述1問「だから。」が時間がなくて書けませんでした。

   算数…簡単。

   理科…簡単。

   社会…少し難しかったです。

   特に国語の記述を書き切れなかったのが心配でした。

   結果…合格。

 

 1/14午後〈帝恷R中・1次B〉

   国語…問題がかなり多かったです。

   算数…大問の最後が意外に難しかったです。

   結果…スーパー理数選抜クラス合格。


 1/15〈西大和学園中〉

   国語…楽勝♪

   算数…最後の問題が激難でした。

   理科…全体的に難しく感じました。

   社会…語句問題を空欄にしてしまいました。

   結果…合格。

    この西大和学園中の試験が終わった後、父さんに「星光受かってたぞ!」と言われてとても嬉しかったです。帝恷R中の合格もこの時に知りました。

 1/16〈東大寺学園中〉

   国語…大阪星光学院中の時と同じように記述を1問書き切ることができませんでした。

   算数…最後のプレ東大寺学園中入試より簡単で驚いてしまいました。

   理科…浅田先生が直前のミニ講義で言っていた虹の問題が出題されてよかったです。

   でも、お昼ご飯を急いで食べ過ぎて急に胃が痛くなって焦りました。「医務室での受験か?」と思いましたが、落ち着いて深呼吸したら何とか乗り切ることができました。

   社会…普通。

   結果…合格。

 11時3分前、東大寺学園中の合格発表を確認するためホームページを開いてみると、僕の受験番号、「1136」があったのです! あまりの驚きで腰が抜けてしまいました。なぜって、「受験番号は語呂合わせで覚えろ」と森下先生が言っていたので、いろいろ考えた結果「1136」を「い(1)い(1)さ(3)む(6)りでも」と覚えていて、しかも、東大寺学園中の受験の日は大阪星光学院中の合格がわかっていたので、本当に「いいさ無理でも」という気持ちで試験を受けていたからです(この合格体験記を読んでいる人は絶対にやってはいけない行為です)。すぐに東大寺学園中に直行して学校の合格掲示で確認すると、本当に番号があったので、とても嬉しかったです。

〈おわりに〉

 中学受験が終わって、今は東大寺学園中をはじめ、受験した全ての学校に合格できた結果がすごく嬉しいです。でも父さんに「5年、10年経って振り返った時、合格した結果よりも合格を目指して3年半頑張り続けることができたこと、本番で集中して全力を発揮できたことの方がおまえの財産になるよ」と言われました。今はよくわかりませんが、合格できたのは自分一人の力ではないと思えるようになりました。

 この僕を合格へと導いてくれた山田(和)先生、片岡さん、八尾教室・谷九教室でのベーシックの先生方、最高レベル演習の先生方、志望校別特訓の先生方、本当にありがとうございました。

 それと、あまり料理が得意ではないのに、多い日は一日2食の弁当を作ってくれた母さん、好きなお酒をがまんして毎日迎えに来てくれた父さんに感謝しています。

ページトップへ

  • 毎月第2日曜実施!入塾テストを兼ねる

    公開テストのお申し込みはこちら
  • 希学園の学習システムをまるごと体験

    2週間無料体験入塾のお申し込みはこちら
  • 希学園の詳しい資料をお送りします

    資料請求はこちら
  • 会社概要
  • 採用情報
  • 個人情報保護方針
  • このサイトについて
  • サイトマップ