HOME > 合格体験記 >No.9

希学園講師コラム のぞみの広場

2017年春入試 第25期生 合格体験記

この合格体験記は第25期生ならびにその保護者の方の生の声をそのまま掲載しています。
定期的に内容を更新していきます。
「合格体験記集」(冊子)もございます。ご希望の方は、こちらよりお申し込みください。

タイトル一覧へ

2017年09月01日更新

 甲陽学院中学校

受験生活の先にある「合格」

 このたび、甲陽学院中に合格できました。この合格体験記が後輩の役に立てば幸いです。

〈3年生〉

 姉が以前希学園に通っていたこともあり、入塾しました。まだ受験のことは特に考えていませんでしたが、灘中の文化祭で自由な校風で楽しんでいる生徒を見て、自分もここで勉強をしたいと思い灘中を志望しました。

〈4年生〉

 僕はスピードを重視していたため、このころから「ケアレスミス」がでてきました。しかし、クラスはPC1ぐらいで安定していたので気にしませんでした。みなさんはチューターの先生に相談してください。宿題では苦しみませんでした。

〈5年生〉

 放っておいた「ケアレスミス」が目立ち始め、成績も安定せず、PC1とPC2の交互になっていました。また字も雑で、苦しみました。4年生のころから納得のいく成績が取れず、悔しい思いをしてきました。

〈6年生〉

志望校別特訓[第T期]・[第U期]

 ベーシックはPC1で安定しました。チューターは富田先生でした。志望校別特訓は灘コースからのスタート。一つ一つ授業が面白かったです。学園長杯争奪テスト大会では合計5つの盾を手に入れ、自信になりました。みなさんもぜひ参加してみてください。灘コース夏期合宿では、3、4日目に調子が上がりましたが、後日行われた第2回プレ灘中入試で不合格。富田先生と相談し、甲陽学院コースに移籍することを決めました。この時は甲陽学院コースに移籍することが悔しく、必ず甲陽学院中でリベンジすると心に決めました。

志望校別特訓[第V期]

 心機一転し、がんばりました。宿題は灘コースよりは少なかった(特に国語)ので、灘コースの大量の宿題に慣れていた僕は、この時期は困りませんでした。チューターは三倉先生になりました。そんな中で受けた初めての入試実戦テストは1位A判定合格、次は2位A判定合格。まあ順風満帆でした。

志望校別特訓[第W期]

 11月の入試実戦テストはまさかの12位C判定不合格。ショックでもあり、悔しくもありました。原因としては11月から宿題をうまく回すことができずスランプになりそうだったことと、どこかで安心していたことでした。本当にこの時期は模試でも納得のいく成績が出せず、辛かったです。必死に宿題をしていたこの時期はまさに「我慢の秋(冬)」でした。最後の入試実戦テストは前回の結果で不安になり、13位B判定合格でした。合格したことには少し安心しました。こんな中途半端で自信を持てないまま、入試対策へ突入。

入試対策(第T期)

 3教科ともまあまあな成績で国語と算数は安定していましたが、理科は良い時と悪い時の差が激しかったです。宿題はその日に仕上げ、残りの時間は課題に当てていました。

正月

 プレ甲陽学院中入試では7位B判定合格でした。だいぶ調子が戻っていることは実感できましたが、あと2点でA判定だったので悔しく、1問の重みを痛感しました。しかし、三倉先生は「多少失敗しても合格できる力はあるので、あとは維持することができればいい」と言ってくれました。また、プレ洛南高附属中入試は専願A判定、併願D判定でした。

入試対策(第U期)

 国語と理科は安定していましたが、算数で最後の方に30点台を取ってしまい、以前民野先生から勧められた「中学への算数」で復習しました。

入試

〜第一戦〜 岡山白陵中

 初めての入試で少し緊張しました。

 国語:簡単。

 算数:すごく早くに解き終わり、逆に不安。

 理科:まあまあ簡単。

〜第二戦〜 北嶺中

 国語:激ムズ。

 算数:かなり簡単。

 理科:普通。

〜岡山白陵中合格発表〜

 合格。前入試だけどうれしかったです。

〜北嶺中合格発表〜

 青雲寮コース合格。驚きました。後日届いた成績表を見ると算数が満点で大きな自信になりました。

[統一入試日前日]

 前日特訓を受け、甲陽学院コースの先生と富田先生、民野先生におやすみコールをしてもらいました。

〜第三戦〜

−甲陽学院中1日目−

 ミニ講義を受け、シュプレヒコールをして入試会場に行きました。絶対合格するという気持ちで試験を受けました。

 国語:手応えあまりなし。

 算数:志望校別特訓でした「スーパーダイヤグラム」が出て、落ち着いて解きました。手応えあまりなし。

 理科:問題数が70問以上。さらに問題の配置がいつもと違うことに動揺しました。最初からエンジン全開。さらにギアを上げていきました。手応えかなりあり。

 当日特訓を受け、おやすみコールでは理科で自分がした判断が正しかったか聞いてしまいました。

−甲陽学院中2日目−

 1日目のことは忘れ、集中して受けました。

 国語:「人種差別」の問題が出て、解きやすかったです。手応えあり。

 算数:手応えかなりあり。

〜第四戦〜 須磨学園中

 甲陽学院中の算数がうまくいき、前向きな気持ちで受けることができました。

 算数:簡単。

 理科:簡単。

〜第五戦〜 洛南高附属中

 国語:時間配分がうまくいき、手応えあり。

 算数:取れる問題を取りにいきました。手応えあり

 理科:算数と同じような目標でいきました。手応えかなりあり。

〜甲陽学院中合格発表〜

 カーテンが開いた時は見えづらく、前に行くと自分の番号を見つかり、言葉にあらわせないほどの喜びがあふれてきました。

〜須磨学園中合格発表〜

 スマートフォンで発表を見ました。Bコース合格。

〜洛南高附属中合格発表〜

 父からのメールで見ました。併願で合格。

〈最後に〉

 後輩に伝えたいことは、

 ・一本一本のテストを集中して受ける。

 ・課題をなるべく多くする。ただし、日々の宿題をきちんとこなしている場合のみ。

 ・体調管理に気をつける。

 です。

 全戦全勝で受験生活に幕をおろせたことは家族や先生、事務の方、そして友だちがいたからです。本当にありがとうございました。

ページトップへ

  • 毎月第2日曜実施!入塾テストを兼ねる

    公開テストのお申し込みはこちら
  • 希学園の学習システムをまるごと体験

    2週間無料体験入塾のお申し込みはこちら
  • 希学園の詳しい資料をお送りします

    資料請求はこちら
  • 会社概要
  • 採用情報
  • 個人情報保護方針
  • このサイトについて
  • サイトマップ