HOME > 合格体験記 >No.13

希学園講師コラム のぞみの広場

2017年春入試 第25期生 合格体験記

この合格体験記は第25期生ならびにその保護者の方の生の声をそのまま掲載しています。
定期的に内容を更新していきます。
「合格体験記集」(冊子)もございます。ご希望の方は、こちらよりお申し込みください。

タイトル一覧へ

2017年09月01日更新

 神戸女学院中学部

私の歩んだRoad To KC

 私はこの春、第一志望校である神戸女学院中学部に進学します。そこで希学園での4年間を振り返りたいと思います。神戸女学院中を目指す皆さんにこの体験記がお役に立てば嬉しいです。

〈3・4・5年生〉

 3、4年生の頃は受験のことを深く考えておらず、楽しく授業に参加していました。社会と理科が入ってきて、社会は好きなため得意で偏差値が60台でしたが、理科はあまり好きではなく苦手となって偏差値が40台でした。国語と算数は神戸女学院中のA判定に届いていました。理科の低い分を社会でおぎなえていたのでPC1からPC3にいることができました。また、計算は一気にするのではなく1日に何ページするかを決めて、毎日取り組みました。計算力はテストのときに必要ですし、6年生になってから宿題をするときに計算力がないと宿題がまわりにくくなるので、計算力は大切ですよ!

〈6年生・春夏秋〉

 1つ上の学年の入試が終わった頃から、自分たちは受験生であること、入試まで1年を切ったことを強く言われましたが、自分としては残り60日を切っても「入試」というものに対する実感がわきませんでした。周りの子は結構気にしていましたが、自分が気にしていないことにあわてることもありました。

 私がこの時期に一番すべきだと思うことは(どの科目もまんべんなく取り組むべきではありますが)、算数、理科の暗記以外の部分の苦手なところを克服していくことです。冬になると課題が一気に増えて、苦手な部分をやり直す時間がなくなり、克服できないままで入試を迎えるのが一番いけないです。私はこの時期はそのように思っていなかったため、入試直前は大変でした。この時期はまだ忙しくないため今のうちですよ!

〈6年生・冬、入試直前〉

 私が希学園の模試の中で一番緊張したのは1月のプレ神戸女学院中入試でした。プレ入試の直後は「5月と8月のプレ神戸女学院・四天王寺中入試は受かったし、今回も受かるであろう」という満足感を味わっていました。しかし、その後の小方先生と藤原先生の解説講座で、取れていると思った問題を意外と落としていることがわかってあせりを感じ、コースの先生方の表情から「落ちた」と思いました。これは本番でもあり得ることです。他塾の子たちが答え合わせをしているのを聞いてしまったり、自分たちで答え合わせをしたりすると、他の入試でも集中できないかもしれません。答え合わせは絶対にしてはいけません。結果は合格。全体で2位でした。それからは苦手な暗記部分を追い込んでいきました。

〜土佐塾中〜

 いろいろな先生方が声をかけてくれて驚きました。少し緊張感を味わいました。

 国語:意外と難しい!

 算数:公開テストレベル。

 理科:公開テストレベル。

 社会:記号をまちがえそうで難しかった。

 結果は合格。121位! 自信がつきました。

〜神戸女学院中〜

 実感がわかなくて緊張しませんでした。

 国語:過去問どおり難しかった。

 算数:読解力が必要で、手応えなし。

 理科:見直しができなかった。手応えなし。

 社会:手応えあり!!

 社会は沖先生の言っていた内容がよく当たっていて自信がつきました。また、日本史の人物が猫として登場するアニメで観た内容がそのまま問題に出ていたので、嬉しかったです。

〜神戸海星女子学院中〜

 面接のため、慣れていない服装で受けたので落ち着きませんでした。結果は合格したので良かったです。

 国語:時間が足りず、手応えなし。

 算数:1問わからなかっただけで、公開テストより簡単。

 面接:お二人とも優しい女性の先生で和やかでした。

 @受験番号と名前を教えてください。

 A小学校の委員会活動のこと。→内容がおもしろかったのか、笑いを誘ってしまいました。

 B昨日受けた学校→正直に答えました。

 Cこれから受ける学校→「親和中学校」なのに緊張して「親和女子学院中学校」と言ってしまいましたが、何も言われませんでした。母には後で笑われました。

 結果は合格。合格とわかると気がゆるんで遊んでしまいました。

〜親和中〜

 国語:時間が20分ぐらい余って驚きました。記述が多いです。

 算数:見直しをするよう北西先生に直前に言われたので、見直しはしました。神戸海星女子学院中より難しかった!?

 結果合格。親和中の先生に「親和生になるとね…」と話しかけられ、気まずかったです。ちなみに親和中の入試後、雪で2回も滑ってしまい「落ちたかも」と心配になりましたが、大丈夫でした。縁起が良い、悪いはあまり当たらないと思うので大丈夫ですよ!

〜神戸女学院中 合格発表〜

 14時に合格発表の直前、大好きなNHK大河ドラマを観ていて、合格発表のことをあまり考えていませんでした。母に「合格です。」と表示されたパソコンの画面を見せられてもあまり実感がわかずに、大河ドラマの続きを観ていました。合格してうれしく思い、実感がわいたのは、チューターの竹見先生に合格を電話で伝えた時からでしたが、泣きませんでした。この日の午前中は例えば二重跳びで「これが成功しないと合格していない」など、縁起が良いかを何度も確かめました。机に貼ってあった「プレ神戸女学院中入試」の受験票がこの時はがれ落ち、気持ちが落ち込みました。

 大変長くなりましたが、以上が私の体験記です。最後にチューターの竹見先生をはじめとする合格へ導いてくださった先生方、事務員さん、お弁当を作ってくれたり送り迎えをしてくれたりした家族、支え合ってきた神戸女学院コースの友だち、本当にありがとうございました。神戸女学院中を目指している皆さん、神戸女学院中で待っています!

ページトップへ

  • 毎月第2日曜実施!入塾テストを兼ねる

    公開テストのお申し込みはこちら
  • 希学園の学習システムをまるごと体験

    2週間無料体験入塾のお申し込みはこちら
  • 希学園の詳しい資料をお送りします

    資料請求はこちら
  • 会社概要
  • 採用情報
  • 個人情報保護方針
  • このサイトについて
  • サイトマップ