HOME > 合格体験記 >No.17

希学園講師コラム のぞみの広場

2017年春入試 第25期生 合格体験記

この合格体験記は第25期生ならびにその保護者の方の生の声をそのまま掲載しています。
定期的に内容を更新していきます。
「合格体験記集」(冊子)もございます。ご希望の方は、こちらよりお申し込みください。

タイトル一覧へ

2017年10月01日更新

 西大和学園中学校

努力が実った中学受験

 私はこの春に西大和学園中学校に入学します。第一志望校だった西大和学園中に合格できたのは希学園で受験勉強を頑張れたからだと思います。私を支えてくださった希学園の先生方、スタッフの皆さん、仕事が忙しいのにいつも電話をかけてきて応援してくれたお父さん、そしてお父さんが単身赴任でいないので一人で私のサポートをしてくれたお母さんに心から感謝しています。

 本当にありがとうございました。

 

 私の希学園での2年間を振り返ってみます。

 

 私は5年生のスタート時に他塾から希学園に転塾しました。希学園から送られてくるハガキに書かれていた西大和学園中の合格率を見て、転塾したいとお母さんに頼みました。入塾テストの成績が良かったので、PC0からのスタートでした。授業がすごく楽しく、宿題プリントもきちんと仕上げられていました。ところが、2学期になると、だんだんと回せなくなってきました。そこで、最高レベル演習(国語・算数)をやめることになりました。すると、やめた翌月から公開テストの成績が急に悪くなりました。なので、2か月で最高レベル演習を再開しました。そこからは、宿題プリントを学校に持って行って、休み時間にも取り組んでいました。結果、公開テストの成績は前までと同じくらいに戻りました。

 

 6年生になり、チューターは北川先生に決まりました。最初、チューターノートはしないでおくつもりでしたが、北川先生からチューターノートをまじめに書いていた人は合格していると言われ、やっぱりやろうと思いました。実際その通りの結果になりました。チューターノートは書いた方が良いと思います。そして受験が終わった今、チューターノートは私の大切な思い出として宝物になりました。北川先生の適切なアドバイスが私を何度も救ってくれました。ベーシック算数の先生は学園長でした。学園長の授業はとても面白かったので、算数の勉強をするのが好きになりました。だから復習テストの点数も良かったです。宿題プリントの評価も『S』をもらうことが何度もありました。ただ、急に国語の成績が下がってしまいました。私はその時、文章のどこに線を引けば良いのかわからず、線引きをしていませんでした。5年生までは形式にこだわらなくても感覚で解けていたのですが。たぶん、それが原因だと思います。後輩の皆さんは、線引きの必要を感じなくても必ずしてください。国語が苦手教科となってしまった私は、ベーシック国語の先生だった西川先生の『スパルタ組』に入れてもらい、特訓してもらいました。そのおかげで国語の成績も良くなりました。

 1学期・夏休みまでは宿題も何とかこなせていました。しかし、2学期からは宿題を終わらせることにとても苦労しました。その日に提出する宿題プリントが朝にまだ終わっていないという日もありました。家では食事とお風呂の時間以外はずっと宿題プリントに取り組んでいましたが、それでも終わらずに泣きながら取り組んだこともありました。本当にすごく辛かったです。結果、成績は秋ごろまでは安定していました。合否判定テスト等の判定が出るテストでは全てA判定でした。私は、志望校別特訓は洛南高附属(女子)コースにいましたが、志望校は西大和学園中と最初から決めていたので、洛南高附属中を受験するつもりはありませんでした。しかし、洛南高附属中・西大和学園中・四天王寺中医志コースに合格すると『スーパー三冠』として合格祝賀会で表彰されると知り、洛南高附属中併願にチャレンジしたくなりました。それをお母さんに伝えると、12月までの公開テストで、4科で十傑に入ることができたら受験しても良いと言われました。それを意識しすぎたのか、その約束をしてからは十傑に入るどころか、徐々に成績が落ちていきました。これでは併願合格は無理だと思いましたが、チャレンジしたい気持ちは変わりませんでした。そこで、お父さんに後押ししてもらって、お母さんから洛南高附属中受験の許可をもらいました。しかし、12月23日の洛南入試実戦テストでは、専願ですらB判定になってしまいました。冬休みに入ってからは、十三教室での授業になり、仲の良い友だちと1日中一緒に頑張れたことで、とても集中して勉強することができました。お正月3日間のプレ入試では良い結果が出せました。北川先生からも「自信にしなさい」と励まされ、「絶対に合格してやる」と強く思いました。

 そして、いよいよ入試本番。

≪1月9日 愛光中学校≫

 緊張はしませんでしたが、会場に入るまでが寒く、お腹が痛くなりました。会場に入ってからは暖かかく、椅子がふかふかで座り心地がよかったので、リラックスして試験に挑めました。
 国語:途中で時間が残り少なくなり、急いで解いた。何とか最後まで埋めることができた。
 算数:最後の問題がもう少しで解けるところで時間切れ。悔しかった。
 理科:簡単。
 社会:簡単。
 結果:合格。


≪1月14日 四天中学校≫

 前夜のおやすみコールで冬休みに入って以来会えていなかった木村先生から激励を受けました。嬉しかったです。頑張ろうと思いました。快眠。
 国語:簡単。
 算数:簡単。
 理科:記述とグラフの問題に時間がかかり、後回しにした1題に戻る時間がなかった。
 社会:記述問題に時間がかかった。

 結果:医志コース合格。


≪1月14日午後 西大和学園中学校 21世紀型特色入試≫

 対策は何もしていませんでした。会場の入口で能勢先生から「飾らず自分らしく」とアドバイスをもらいました。
 記述:1題目は国語のような問題。2題目は想像力を試すような問題。難しかったけれど、埋めることはできた。
 面接:記述の2題目について、まず5人のグループディスカッション。次に、検討した内容をグループ毎に発表した。私のグループの発表時間が一番短かったので、焦る。
 結果:合格!

 

≪1月15日午後 西大和学園中学校≫

 午前中に谷九教室で当日特訓を受けてから学校に向かいました。
 国語:入試対策で取り組んだ文章の続きが出題された。満点の自信あり。
 算数:最後の大問以外はできた。
 理科:時間が足りなかった。
 社会:地形図の問題で時間がかかりすぎて、全問解けなかった。
 結果:合格!

 

≪1月16日 洛南高附属中学校≫

 西大和学園中の受験後、雪の予報だったため天王寺駅から特急はるかで京都に移動しました。京都駅に着いたら雪景色でした。ホテルの冷蔵庫がうるさくて、夜中に何度も目が覚めました。眠くて朝ごはんがのどを通りません。ドーナツを少しかじっただけで、希学園の集合場所に向かいました。でも、焦る気持ちはありませんでした。
 国語:時間が足りた!(これまでの希学園で受けた洛南型テストで時間が足りたことはなかった)
 算数:大問1題、解けなかった。
 理科:満点の自信あり。
 社会:できた。
 結果:まさかの合格!!

 

≪最後に≫

 希学園での受験勉強は辛い時もありましたが、やめたいと思ったことは一度もありませんでした。塾に行くのは最後まで楽しかったです。それはおもしろい授業をしてくださった先生方、いつも私を見守ってくださったスタッフの方々、そして一緒に頑張ってきた友だちがいてくれたからだと思います。本当にありがとうございました。西大和学園中でも希学園の卒業生として頑張ります!

ページトップへ

  • 毎月第2日曜実施!入塾テストを兼ねる

    公開テストのお申し込みはこちら
  • 希学園の学習システムをまるごと体験

    2週間無料体験入塾のお申し込みはこちら
  • 希学園の詳しい資料をお送りします

    資料請求はこちら
  • 会社概要
  • 採用情報
  • 個人情報保護方針
  • このサイトについて
  • サイトマップ