HOME > 合格体験記 >No.22

希学園講師コラム のぞみの広場

2017年春入試 第25期生 合格体験記

この合格体験記は第25期生ならびにその保護者の方の生の声をそのまま掲載しています。
定期的に内容を更新していきます。
「合格体験記集」(冊子)もございます。ご希望の方は、こちらよりお申し込みください。

タイトル一覧へ

2017年11月01日更新

 六甲学院中学校

みんなに感謝

 

 この春、僕は第一志望校の六甲学院中学校に入学します。2年生の終わりごろからの塾生活をふり返ってみたいと思います。

 

〈3年生〉 

 塾が楽しくて通っていました。まだ学校の友だちとも遊んでいました。ピアノを習っていました。

 

〈4年生〉 

 ベーシックも受講し始めたので、かなり忙しくなりましたが、宿題はできていました。

 

〈5年生〉 

 PC3からスタートし、たまにPC2になりましたが、11月、12月はPC4に落ちてしまいました。

 

〈6年生の夏まで〉 

 まだスイッチが入っていませんでした。その時三倉先生に「こういうことがあったって笑えるようになれよ」と言われ、がんばろうと思いました。志望校別特訓は当時第一志望校だった甲陽学院コースでスタートしました。成績はまずまずでした。志望校別特訓[第U期]の最後に三倉先生に呼び出され、志望校別特訓を六甲学院・須磨学園コースに、最高レベル演習理科を受けず、算数は実戦レベル演習算数に変更することを言われました。僕はつい泣いてしまいました。「初めのころはスイッチが入っていなかったのに、今は勉強のことで泣くなんて成長したな」と言われ力になりました。

 

〈6年生の夏〉 

 夏期激励集会では「苦手なものを克服し、第一志望校に合格します」と決意表明をしました。この時は第一志望校を六甲学院中にするか、甲陽学院中にするか迷っていて、次の甲陽模試で判断しようと思っていました。結果、不合格でした。六甲学院・須磨学園コースでがんばることを三倉先生に伝えると、「それが一番大切だ」と言われました。

 

〈6年生の秋〉 

 学校では運動会の練習が始まり、体力的にしんどくなりました。

 

〈入試直前期〉 

 入試対策が始まり、塾にいる時間が多くなりました。このころは総合問題演習をがんばりました。期間までに終わらせることができて、大きな自信になりました。大晦日激励集会では、先生方からとても大事な話をしていただきました。

 

〈入試〉 

1月8日 土佐塾中学校

 国語・算数・理科、全て簡単でした。
 34位で合格し、三倉先生に「なかなかやるな」とほめられてうれしかったです。

1月14日 六甲学院中学校

 国語:簡単。
 算数:簡単。落ち着いてできました。
 理科:簡単。受かったと思いました。

1月14日 清風中学校 前期理V・プレミアム選抜

 国語:形式を知らずに戸惑いましたが、簡単。
 算数:簡単。
 理科:簡単。

1月15日 高槻中学校

 受ける前に前日の結果がわかり、合格だったので、不合格でもいいやと思っていました。
 国語:簡単。
 算数:ちょいむず。
 理科:嫌いな電気が出た。

 結局繰り上げ合格。

 

〈ふり返り〉 

 高槻中学校を受ける前、六甲学院中学校の結果がわからないのにテレビを見ていたのは反省点ですが、4戦全勝したのは希学園の先生方、スタッフのみなさん、そして家族のおかげです。
 本当にありがとう。

ページトップへ

  • 毎月第2日曜実施!入塾テストを兼ねる

    公開テストのお申し込みはこちら
  • 希学園の学習システムをまるごと体験

    2週間無料体験入塾のお申し込みはこちら
  • 希学園の詳しい資料をお送りします

    資料請求はこちら
  • 会社概要
  • 採用情報
  • 個人情報保護方針
  • このサイトについて
  • サイトマップ