HOME > 合格体験記 >No.23

希学園講師コラム のぞみの広場

2017年春入試 第25期生 合格体験記

この合格体験記は第25期生ならびにその保護者の方の生の声をそのまま掲載しています。
定期的に内容を更新していきます。
「合格体験記集」(冊子)もございます。ご希望の方は、こちらよりお申し込みください。

タイトル一覧へ

2017年11月01日更新

 須磨学園中学校

努力は合格につながる!

 「合格していたよ!」という言葉をきいたとき、うれしくて泣きそうな気分になりました。岡山白陵中学校は、初めての合格だったからです。第一志望校をふくめて受験した4校すべてに合格できました。これは2年生から6年生まで希学園で勉強した成果だと思います。受験まで悔しい思いやいやな思いもしましたが、これを受験で巻き返すことができて満足のいく結果でした。

 

2年生 教科 算数

 友だちに勧められて入塾テストを受け、算数を受講することになりました。授業の内容はまだ簡単でした。

 

3年生 教科 算数・国語

 国語が苦手でなかなか伸びず、宿題も全部こなすことができませんでした。もっと真面目に授業をきいていればよかったなと反省しています。また漢字やひらがなをきれいに書くように言われていたけれど、なかなかきれいに書けませんでした。ベーシック算数と最高レベル演習算数はやや難しい程度でした。

 

4年生 教科 算数・国語・理科

 算数が得意教科だと思えるようになりました。理科が入ってきたので自由時間が減って宿題が回らなくなり、家で泣いたこともありました。でも日曜日には登山に行くなどして楽しんでいました。

 

5年生

 少しずつ授業の内容が濃くなり、頑張っている子は上のクラスへ、努力をあまりしていない子は下のクラスへとはっきり分かれていくようになりました。5年生からは頑張りどころだと思いますが、この時期は勉強ばかりでなくてもよいかと考え、5年生の12月までは週に1〜2回、道場に通っていました。宿題が多くなってきたので、途中から実戦レベル演習算数をやめてベーシックだけ受けることにしました。算数と理科はその時の単元によって難しく感じるときもありました。国語の文章は相変わらず読みにくかったです。

 

6年生

 一つクラスが上がってPC5からスタートしました。志望校別特訓というものがあり、自分の志望校のコースに所属します。僕は六甲学院・須磨学園コースに所属し、最後まで同じコースにいました。

 

春→2〜5月

 6年生になるとベーシック、志望校別特訓ともに宿題の量が増えるので、まずこれに慣れることが大切です。ペースをつかめないとどんどん宿題が追いつかなくなってあせってしまうからです。算数は好きだったので宿題をこなせましたが、国語と理科は宿題が終わらず、ひたすら早く終わらせたい気持ちでいっぱいでした。このあたりの公開テストや合否判定テストはまだよい結果もありました。6年生はいろいろ不安なことが出てくるので、チューターの先生に相談すればよいと思います。

 

夏・秋→6〜11月

 この時期になるとだんだん志望校別特訓のほうがメインになっていき、さらに宿題が増えました。夏期講習では6年生だけの夏期早朝サポートルームがあり、小テストの後、先生に質問ができます。自由参加なのですが、できれば行ったほうがよいです。僕は塾で勉強したほうがはかどるので、週に3〜4回行きました。公開テストや合否判定テストはあまりよい結果ではなく、くやしい気持ちでいっぱいでした。国語が苦手なのでこれらのテスト直しにはとても時間がかかりました。悪いテストの時は、だいたい字が汚いとか、設問の読み間違いなどの基本的なミスをします。それを入試までに直しておけば10点はあがっていたでしょう。

 

冬→12〜1月

 入試までに最低限やらないといけないことを復習していきます。寝る前に文法や理科の暗記をし、計算と苦手だった漢字も毎日しました。テストゼミは六甲学院中や須磨学園中の過去問を解いていき、合格者平均点をこえることができればよいのですが、僕は最後まで超えることができませんでした。この時、本当に第一志望校に通るのかと不安になったこともありましたが、先生たちに諦めるなと励まされ、落ち込まず過去問を解いていきました。算数と理科は得意なので合格者平均点を大きく超えることを目指し、苦手な国語は受験者平均点を超えることを目標にしました。早寝早起きの生活が大切ですが、僕は23時半に寝て8時に起きていました。

 

入試本番

岡山白陵中学校 1月5日

 初めての入試です。学校につくと旗をかかげた塾の先生がたくさんいて、まるで戦場のようで、それをみているとかなり緊張してしまいました。同じ小学校の友だちがたくさんきているのを見つけてからは緊張がなくなり普段通り問題を解けました。
 結果→合格

 

北嶺中学校 1月8日

 大阪会場で受験しました。岡山白陵中と違って、みなの緊張している様子が伝わってきて、僕も緊張してしまいました。テスト問題が去年の過去問よりも難しく『もうだめだ!』と思いましたが、なんとか最後まであきらめずに解ききりました。

 結果→合格

 

前日特訓 1月13日

 六甲学院中と須磨学園中に分かれて授業がありました。須磨学園中の過去問とよく似た問題を解き、最後に頭に詰め込むのがこの時ですが、塾から帰ってきたらリラックスして、早く寝るのが大切です。コースの先生全員が電話で話をしてくれて緊張をほぐしてくれる『おやすみコール』をもらいました。『おやすみコール』のおかげで僕も勇気をもらうことができ、試験を頑張れました。

 

須磨学園中学校 1月14日

 とうとう第一志望校の受験日がやってきました。合格したときの喜びをえたい、何としてでも合格したいという気持ちで入試にいどみました。冬休みまで合格するかどうかのぎりぎりのところにいましたが、最後の特訓で努力をしたので実力がついてきている感覚がありました。だから途中で諦めたりしてはいけません。
 結果 第1回→合格(Aコース)
     第2回・第3回→不合格

 

清風中学校(前期プレミアム・理V選抜) 1月14日午後

 須磨学園中の第1回の結果が気になり不安でしたが、北西先生に『今、目の前にある問題に集中するように』と言われていたので、それを守りました。
 結果→合格。

 

最後に

 先生によく『集中しなさい』や『もっと早く問題を解きなさい』と言われ、塾生との間で気になることもあって、あまり塾が好きでない時もありました。しかし、もし希学園を途中でやめてしまっていたら合格はなかったでしょう。希学園の先生たちは僕たちのことをずっと見守ってくれています。あとは自分のやる気次第です。最後まであきらめずに絶対に合格を勝ち取りましょう。チューターだった角谷先生や北西先生、竹内先生、本当にありがとうございました。

ページトップへ

  • 毎月第2日曜実施!入塾テストを兼ねる

    公開テストのお申し込みはこちら
  • 希学園の学習システムをまるごと体験

    2週間無料体験入塾のお申し込みはこちら
  • 希学園の詳しい資料をお送りします

    資料請求はこちら
  • 会社概要
  • 採用情報
  • 個人情報保護方針
  • このサイトについて
  • サイトマップ