HOME > 合格体験記 >No.26

希学園講師コラム のぞみの広場

2017年春入試 第25期生 合格体験記

この合格体験記は第25期生ならびにその保護者の方の生の声をそのまま掲載しています。
定期的に内容を更新していきます。
「合格体験記集」(冊子)もございます。ご希望の方は、こちらよりお申し込みください。

タイトル一覧へ

2017年12月01日更新

 灘中学校

谷あり谷あり時々丘あり

 

 僕は今年様々な学校の入試を受けて全勝することができました。そうなったのは希学園のおかげです。なので、希学園に入ってからこれまでの、3年強を振り返ることにしたいと思います。

 

<3年生> 

 受験の始まりは学校の友人からのお誘いでした。誘われたのはM教室でしたが、家の近くにある希学園も気になりました。両方見学しましたが最終的に決めたのは希学園でした。なぜなら雰囲気が良かったからです。この頃は受験のことなど考えていませんでした。  

 

<4年生> 

 いとこが東大寺学園の卒業生だったことからなんとなく東大寺学園に憧れはありましたが、この頃も、まだまだ「お遊び」でした。授業は遅刻が当然、宿題はやらないのが日常と、この上なく手を抜いていました。今、これに近い(さすがに同じ状態の人はいないだろう)状態の人はすぐに直しましょう。
 

<5年生> 

 この頃からようやく本気になり始め、宿題も「いちおう」やりました。が、成績はあまり良くなく、8月にはPC2に…。しかし、そんな僕にも転機が。算数の原先生に宿題のやり方が甘いと言われ、宿題に真剣に取り組むようになりました。そのおかげか、5年生最後の2か月は、PC0に上がれました。公開テストの4科で十傑に入ることもできました。

 

<6年生 春〜夏>

 5年生から6年生に上がるとき、志望校別特訓のコース選択がありました。その頃の僕の志望校は東大寺学園中一本だったのでとても悩みましたが、山下(高)先生のすすめもあり、灘コースに行くことに決めました。そして決まったチューターは松田先生。クラスはN1からのスタートでした。
 灘コースについていけるかどうかとても不安がありました。でも、頑張ったおかげか、いろんなテストでまあまあ好成績が取れました。この頃初めて公開テストの3科で十傑入りという目標を果たし、さらにゴールデンウィークの第1回プレ灘中入試で3位になりました。また、この頃N0に上がれました。しかし、宿題は回すのが精一杯…なぜなら、宿題をするスケジュールをたてずに、片っ端からやっていこうという感じだったからです。そこで立てたスケジュールは、優先順位をつけず、期限が近いものからするという、最悪のものでした。なので、志望校別特訓の宿題が遅くなる羽目になりました。そして、3、4、5月のテストがちょっと良かったからと調子に乗ってしまったのかもしれませんが、僕は、前に立てていた宿題スケジュールを完璧に無視して、どんどん調子を崩していきました。実は、この時いろいろな授業をサボるという、してはならない事態を多発しました(絶対に真似しないでください!)。
 その時に助けてくださったのが浅田先生でした。公開テストの後、時間をかけて話をしていただき、今の灘コースで頑張っていこうと思えるようになりました。そして、灘中と東大寺学園中の両方に合格してやろうと思い、夏期激励集会でもそのことを宣言しました。みんなの前で決意表明をしたからにはやるしかない、と思いました。

 

<夏休み>

 いよいよ受験の天王山、夏休みが始まりました。宿題プリントが大幅に増えるといっても夏は自習時間が長いため比較的楽です。夏休みから僕は学園前教室から谷九教室に移りました。浅田先生や学園前教室の友だちが谷九教室でも頑張れと言ってくれて嬉しかったです。
 さらに、灘コース夏期合宿。スピード強化演習で馬鹿なミスをしてとてもあせった時、松田先生に励ましていただきました。灘コース夏期合宿ではとても頑張りましたが、その直後の第2回プレ灘中入試では合格をもらったものの、算数TがD判定。8月にはクラスもN1に落ち、泣き面に蜂…。


<6年生 秋> 

 夏休みのようなのんびりとした雰囲気で過ごしていると、秋は時間がないので宿題を回すことが難しくなります。なので、夏休みと秋は大きく区別するべきだと思います。また、宿題を回すために、僕は合宿の集中力を上回ることを目標にして宿題に取り組もうと思いました。
 9月の灘中入試実戦テストでは4位になり、志望校別特訓でもN0に復帰できました。しかし、9、10月の公開テストでは僕の得意な社会のある4科ですら十傑にのれず、さらに11月の四谷大塚の灘中模試で希学園の基準では合格でしたが、四谷大塚の判定では不合格でした。やはり、精神的にも苦しい季節だったと思います。しかし、この時期からまわりの友だちの影響もあり、灘中に絶対合格したいという気持ちが強くなってきました。

 

<6年生 冬> 

 入試対策が始まり、自習時間が増えたので負担は減りました。僕は灘コースにいながらも東大寺学園中対策として社会を取り続けていました。そしていろいろな不安をかかえながらも初めての入試を迎えました。

 

<海陽中特別給費生入試> 

 国語‥文章が長い。でも小問数は少ない。やや難。
 算数‥ルーローの三角形がでた。やや難。
 理科‥意味不明な記述。やや難。
 社会‥これも記述が終了。難。
 →結果:合格。 発表のウェブを開いたとき合格者は376人中27人だったと書いてあったので合格の文字をみたとき信じられなかった。嬉しかった。

 

 そして大晦日激励集会、正月の第3回プレ灘中入試をむかえることになりました。プレ灘中入試では合格をもらい、目標としていた十傑に入れたものの算数TがE判定。プレ東大寺学園中入試、プレ西大和学園中入試でも合格はもらいましたが、どちらも1教科が足を引っ張り気味でした。

 

<入試直前期> 

 入試対策(第U期)が始まりました。プレ灘中入試で算数Tが悪かったことが尾を引いたのか、算数のテストゼミで点数がどんどん悪くなっていきました。函館ラ・サール中(26位)、そして愛光中のどちらも合格をもらったものの、灘中の入試に対する不安が消えることはなく、算数の点は上下を繰り返しました。これはヤバいと思い改善しようとしましたが、もう時間もなく手遅れ。あせった僕は塾の帰りの車の中で母と大げんかをしてしまいました。しかし、そんな時に松田先生が、夜なのに長い時間電話で僕と話してくださり、気持ちが落ち着いてきました。その翌日、学園長がそのことを松田先生から聞いたらしく、僕をはげましてくださいました。また、民野先生から返ってきた宿題プリントに、「実力十分、あとはそれを灘の先生に伝えよう」と書いてありました。これらのおかげでなんとか気持ちが立ち直り、本番を迎えることになりました。

 

<灘中入試1日目> 

 国語T‥簡単。パズル問題がなかった。
 理科‥最終題がかなり難。一つ意味不明な生物問題があった。
 算数T‥難しかったが、そこそこの点数はとれていそう。

 

 当日特訓は出るかもしれないので真面目にやりましょう。おやすみコールで松田先生が富田先生のものまねをしてリラックスさせてくれました。

 

<灘中入試2日目>

 算数U‥激難。大問3はみんなとれてそう。大問4が意味不明。
 国語U‥とくに難しい問題があったわけではないがあまり自信はなかった。

 灘中入試のあと大急ぎで西大和学園中に向かいました。雪でダイヤが乱れていましたが間に合いました。

 

<西大和学園中入試>

 社会‥一つ書けなかった。他の問題は簡単。
 国語‥段落並べ替えが出たが比較的簡単。
 算数‥あまり記憶にない。
 理科‥プレ東大寺学園中の問題が的中した。

 

<東大寺学園中入試>

 国語‥漢字がよくわからなかった。時間不足。難。
 算数‥ものすごくてこずった。大問4で苦労した。難。
 理科‥ミニ講義が的中した。比較的簡単。

 社会‥いつもどおり時間が余った。


<いよいよ合格発表>

 東大寺学園中の試験が終わった後、灘中の合格発表を見に行きました。4科なのでかなり他の人より出発が遅れていました。
 西大和学園中の合格発表は灘中に行く途中の電車の中、ウェブでみました。合格していました。でも車内でしたし、灘中の合格発表がひかえていたのではしゃげませんでした。
 灘中に着くと先生たちが体育館で待っていてくださいました。体育館に入る前にとても緊張しましたが富田先生と松田先生が一緒に入ってくださいました。
 そして‥‥

 

 あった〜〜!!! 

 

 僕は心の中で叫びました。今までの苦しさが報われて言葉にできないほど嬉しかったです。その場で先生たちにお礼を言いました。帰りの電車内でも興奮は続いていましたがほかの乗客の目もあったので抑えました。でも嬉しさは隠せませんでした。

 

 そして2日後の東大寺学園中の合格発表。掲示板の番号が小さく、最初はよく見えませんでした(視力の悪い人は眼鏡を持っていきましょう)。でも、自分の番号をみつけたときは本当に嬉しかったです。
 やっと終わったのだと思いました。


<最後に>  

 面白い授業をしてくださり、精神的なサポートもしてくださったチューターの松田先生、メリハリのある授業をしてくださった西川先生、齋藤先生、冗談を言ったりして僕たちをリラックスさせてくださった富田先生、佐生先生、優しい民野先生、網盛先生、クールな江見先生、最後までみんなを応援し続けてくださった学園長、いつも僕をはげまし支えてくださった浅田先生、社会を教えてくださった礒辺先生、北川先生、根本先生、算数の原先生、国語の山下(正)先生、山下(高)先生、そのほかの先生方、それから、いつも温かく迎えてくださった森井教室長や大垣さんをはじめとする学園前教室や谷九教室の方々、書ききれないくらいのたくさんの方にお世話になりました。

 

 本当にありがとうございました。

ページトップへ

  • 毎月第2日曜実施!入塾テストを兼ねる

    公開テストのお申し込みはこちら
  • 希学園の学習システムをまるごと体験

    2週間無料体験入塾のお申し込みはこちら
  • 希学園の詳しい資料をお送りします

    資料請求はこちら
  • 会社概要
  • 採用情報
  • 個人情報保護方針
  • このサイトについて
  • サイトマップ