HOME > 合格体験記 >No.27

希学園講師コラム のぞみの広場

2017年春入試 第25期生 合格体験記

この合格体験記は第25期生ならびにその保護者の方の生の声をそのまま掲載しています。
定期的に内容を更新していきます。
「合格体験記集」(冊子)もございます。ご希望の方は、こちらよりお申し込みください。

タイトル一覧へ

2017年12月01日更新

 灘中学校

夢は叶えるためにある

 この春、僕は第一志望校の灘中学校に合格することができた。楽しく学ぶが何よりのモットー!! 長くて短い受験勉強生活を自分で反省する意も込めて皆さんにお伝えしようと思う。

 

<2年生>

 NACに通い始める。学園長や副学園長の授業は毎回とても楽しみだった。

 

<3年生>

 学園前教室で4年生の最高レベル演習算数を受講していた。ただのやんちゃ坊主だった(今もだが)。算数オリンピックキッズBEEではファイナリストになり有頂天に…。
 僕はサッカーのクラブチームに所属し週に5〜6回の練習があった(サッカーは5年生の夏まで続行)。4年生からのスケジュールでは練習時間と希学園の授業が大幅に被ってしまい、他塾に移った。

 

<6年生>

 希学園出身の姉の勧めで谷九教室へ。僕の希学園の復帰戦=1/16、1/17のプレ灘中入試。

[1月]

 プレ灘中入試は4位だった・・・合格。
 チューターは松田先生に決まった。

[2月]

 最高レベル演習と飛び級ベーシック算数を受講。飛び級ベーシック算数では算数の鬼・網盛先生にみっちり鍛えてもらった。谷九教室のメンバーは馴染みやすく、すぐに一員となれた(つもり)。灘中トップ合格養成講座では他教室の秀才と算数の問題を解く競争をした。みんな解くのが速く、全然勝てなかったので悔しかった。そして松田先生の授業がとても面白かった。志望校別特訓[第I期]では希学園の6年生はレベルが高いと感じた。

[5月] (第一次スランプの始まり)

 灘中文化祭見学会があった。そこで灘校生となった先輩と会い、グラウンドの芝生で寝転んで語り合う時を持った。先輩と共に、この学校に通いたいと切に思った。

[7月]

 ここ3回公開テストの結果が伸びず落ち込んだ。分析すると理科で順位を下げていた。公開テストの理科は暗記が多いので暗記をやろうと思った。スランプに陥った人は自分が良い成績を取れた時のことをイメージするべし。
 算数オリンピックではファイナル大会に希学園塾生で固まって向かった。とても楽しい雰囲気であり、この仲間と灘中に行きたいと思った(話が盛り上がりすぎて変な目で見られた)。
 夏期激励集会では言いたかったことが言えなかった。⇒「松田先生を克服して灘中に絶対合格」 (笑)
 灘中入試実戦テスト・・・9位。

[8月](第一次スランプ脱出)

 『灘コース夏期合宿』
 いろいろな力が試され、中でも特に集中力が高められて勉強が速くできた。でも、質は低いし、質問に頼っていた。自分の弱さが見えた(ここを頑張った人は伸びますよ!)内容についてはお楽しみに!
 プレ灘中入試・・・このプレ灘中入試はVコース夏期合宿の成果を発揮する場だった。肉体的にも精神的にも限界がくる中でのテストはきつかった。6位。

いい感じだと思っていた。が僕の試練はここからだった。(第二次スランプ)の始まり

[9月]

 灘ベーシックが始まり、谷九教室リーダーに…。なのに、だらけていたので学園長に叱責され、半泣きになった。そこから、態度を改めたが、テストゼミで点数が取れず、とても悩んだ。得意のはずの算数のテストゼミで友だちに沢山負けてとってもとっても悔しかった。公開テストは2位と良かったが、テストゼミだけどうしても取れなかった。

 〜この時期特に気をつけたこと〜

  国語…設問全てに線を引く。
  算数…「入口」と「出口」の確認。
  理科…解き方を裏に書く、問題文中からヒント探し。

[10月]

 テストで理科の点数が伸びず、頑張っているのになぜだろうと思った。
 〜暗記について〜   

 僕のように暗記で困っている人は安心してください! 恐怖の暗記テストで解決できる。また暗記は覚え方が重要。中身を理解した上での語呂合わせは有効だと思う(語呂合わせは佐生先生に頼むのが良い)。

[11月](見かけ上第二次スランプ脱出)

 合否判定テスト・・・1位。            
 テストゼミで納得のいく結果が取れるようになってきた。四谷大塚の灘模試は精神的な戦い。四谷大塚の出した厳しい合格判定で合格し、嬉しかった(といっても合格最低点!)。

[12月]

 入試対策に入り、席順がテストゼミの合計で決まるようになった。僕は谷九教室で1番をとっていたが、一度2番になり、悔しかった。テストゼミ後の分析では学園長と高い目標を作った。⇒目標は高く持つべし。そちらの方がうまく流れに乗れる。理科のテストゼミで点が取れない。

[1月]

 初っ端のプレ入試3連続に気が滅入ったが、本番ではこんなことは言えないと思い、やり切った。理科は未だに点が取れずとても不安定な状態。佐生先生にアドバイスをいただき、立ち直った。
 プレ灘中入試・・・3位 プレ東大寺学園中入試・・・1位 プレ西大和学園中入試・・・9位

 

VS函館ラ・サール中

 あまり緊張しなかったが、時計を忘れて貸してもらい、松田先生に「絶好調やな」と言われた。

 国語…とても簡単。自信あり。
 算数…とても簡単。自信あり。
 理科…暗記で終了。自信なし。

 結果 5位で合格 

 

(ここから灘中入試までの一週間)

 入試対策では「最後の〜」が増えてきて、改めて一回一回のテストの大切さを感じた。ここでやり残すと不安につながるため、すべて理解し尽くすのだという気持ちでやった。

(灘中入試前日・灘中入試朝)

 僕は家から灘中までが遠いのでホテルに泊まった。おやすみコールでは灘コースの先生ほとんどと話し、緊張が解けた。20時30分に寝て、5時15分に起きた。とても健康的で頭が爽やかな感じだった。起きてから前日特訓でもらった算数のテストゼミをして、ご飯を食べ、ミニ講義会場に向かった。ミニ講義の会場へは六甲ライナーで行った。僕は一番前の席に座っていたので運転している気分になった(幼稚と思われるかもしれないが、意外に楽しい。まあとりあえずリラックス)。カイロは出すタイミングを失い、出せなかった。⇒灘中は暖かいのでカイロはいらない(外は寒かった)。

 

 VS灘中1日目

  ミニ講義で先生方が用意してくださった講義資料と学園長のシュプレヒコールに感動した。
  国語…漢字パズルがなくて驚いた。文章はある程度読め、語句は一つわからなかったが意味から逆算してうめた。まあまあ自信あり。⇒国語Iは諦めなかったらできるものが多数ある。
  理科…このごろうまくいっていなかったのでテスト前から緊張していたが、神のご加護か、最初の方は難しくなかった。最後の問題はとても難しかった(チーン)。ちょっと自信なし。
  算数…いつものテストゼミと同じペースで取り組んだ。わからないものは攻めていい時間帯(中盤)にじっくり考えた。まあまあ自信あり。
  アドバイス…答案回収の際廊下に出されるが、終わったテストの話はしないように。自信をなくすケースが多々あります。
  2日目のおやすみコールではいろいろな先生の「富田先生のモノマネ」に大爆笑! 〜安眠へ

 VS灘中2日目

  ミニ講義会場では気が抜けていると思われる人がいたので、反面教師にして気を引き締めた。
  アドバイス…2日目は慣れて気が抜けやすいが、気が抜けると負けです
  算数…序盤はわからないものが多く焦ったが、何とか処理した。ちょっと自信なし。
  国語…例年通り。読めた気がした。まあまあ自信あり。

 VS西大和学園中

  国語…まあまあ簡単。自信あり。
  算数…とても簡単。自信あり。
  理科…プレ東大寺学園中入試と全く同じ図が出た。やり方を覚えていなかったのでプレ東大寺学園中入試の答えを書いた(暗記も役に立つ?)。自信なし。

 VS東大寺学園中

  国語…短文がなく、驚いた。自信あり。
  算数…得意の速さができず少しショック。自信なし。   

  理科…暗記がほとんどだったが、できた。自信あり。

 

(西大和学園中合格発表)

  灘中に向かうときに父のスマホで確認。 合格 

(灘中合格発表)

  自信はあったがドキドキしていた。番号を見つけた時はヤッターではなく、ホッだった。 合格 

(東大寺学園中合格発表)

  母に見に行ってもらった。 合格

 

 

<入試についてのアドバイス>

 入試の際は自分ができないものはみんなもできないと自分に自信を持つことが大切です。自信をなくすと一気にペースが崩れます。また、逆に自分が簡単にできるものはみんなにとっても簡単なのだと思い慎重に問題を解きましょう。

 

<最後に>

 僕が合格できたのはいろいろな人の支えがあったからです。チューターの松田先生をはじめ、算数科の学園長、網盛先生、民野先生、国語科の西川先生、齋藤先生、富田先生、理科の佐生先生、江見先生、事務の木村さん、原田さん、森井さん、切磋琢磨してきた灘コースのみんな、ありがとうございました。父母姉にもお礼を言いたいです。これからもたくさんの出会い、人の支えに感謝して自分の道を貫き通そうと思います。
 後輩へ 夢は叶えるためにある 我灘中にて待つ

ページトップへ

  • 毎月第2日曜実施!入塾テストを兼ねる

    公開テストのお申し込みはこちら
  • 希学園の学習システムをまるごと体験

    2週間無料体験入塾のお申し込みはこちら
  • 希学園の詳しい資料をお送りします

    資料請求はこちら
  • 会社概要
  • 採用情報
  • 個人情報保護方針
  • このサイトについて
  • サイトマップ