学園長挨拶

希学園の社員として求められることは、
「常に子供の目線で考え、行動すること」です。

少子化の中で、将来、今の子供たちにかかる負担も期待も大きくなっています。教育産業は、そういった子供たちの成長に大きく影響を及ぼす存在として、非常に大きな責任のある立場であります。講師として勉強を教える中でも、職員として子供たちに接する中でも、多くの子供たちとの関わりがあります。塾の教職員は学校や家庭とは違った学校外教育機関の人間として、ときには大きな影響力を持つ存在となります。その対応一つが後々に大きな意味を持つ可能性があるのです。

「どのように接すれば、今目の前にいる子供たちの成長につながるのか」、それを常に考えて業務に携わる、その責任感がなければなりません。子供は環境に大きく影響されます。先入観なしに物事を見て、そして感じます。そんな感受性の強い7才~12才の子供たちに対して我々がしてあげられることは何なのか、それを常に追求し続ける姿勢を求めています。

また、”「企業」として成長していくためにも、「塾」としての本道を歩み続けること”が希学園のコンセプトでありたいと思っています。

進学塾に求められている第一義的な命題は「お預かりした塾生の第一志望校合格のサポートに全力を尽くすこと」でしょう。その達成のために必要なことは何かを考え、たとえ労力がかかることであったとしてもその労を惜しまずに施策を講じていくこと、これが塾としての本道だと思います。どの塾でも当然そういう目標を持っているはずです。ただ、希学園は何よりもこの第一義的な命題が優先される、その部分に揺るぎのない信念を持って運営していく、そういう企業でありたいと思います。

「克己」

希学園のスローガンです。受験を通じて、他人を蹴落とすのではなく「己に打ち克つ」ことの大切さを伝えていきます。それは子供たちに対して伝えていくためだけのものではなく、希学園の社員一人一人にとっても企業全体にとっても、企業の理念として常に胸を張って子供たちにその大切さを伝えていけるよう心がけた姿勢で一つ一つの業務にあたっていきたいと思います。

希学園の社員として求められることは、
「常に子供の目線で考え、行動すること」です。

少子化の中で、将来、今の子供たちにかかる負担も期待も大きくなっています。教育産業は、そういった子供たちの成長に大きく影響を及ぼす存在として、非常に大きな責任のある立場であります。講師として勉強を教える中でも、職員として子供たちに接する中でも、多くの子供たちとの関わりがあります。塾の教職員は学校や家庭とは違った学校外教育機関の人間として、ときには大きな影響力を持つ存在となります。その対応一つが後々に大きな意味を持つ可能性があるのです。

「どのように接すれば、今目の前にいる子供たちの成長につながるのか」、それを常に考えて業務に携わる、その責任感がなければなりません。子供は環境に大きく影響されます。先入観なしに物事を見て、そして感じます。そんな感受性の強い7才~12才の子供たちに対して我々がしてあげられることは何なのか、それを常に追求し続ける姿勢を求めています。

また、”「企業」として成長していくためにも、「塾」としての本道を歩み続けること”が希学園のコンセプトでありたいと思っています。

進学塾に求められている第一義的な命題は「お預かりした塾生の第一志望校合格のサポートに全力を尽くすこと」でしょう。その達成のために必要なことは何かを考え、たとえ労力がかかることであったとしてもその労を惜しまずに施策を講じていくこと、これが塾としての本道だと思います。どの塾でも当然そういう目標を持っているはずです。ただ、希学園は何よりもこの第一義的な命題が優先される、その部分に揺るぎのない信念を持って運営していく、そういう企業でありたいと思います。

「克己」

希学園のスローガンです。受験を通じて、他人を蹴落とすのではなく「己に打ち克つ」ことの大切さを伝えていきます。それは子供たちに対して伝えていくためだけのものではなく、希学園の社員一人一人にとっても企業全体にとっても、企業の理念として常に胸を張って子供たちにその大切さを伝えていけるよう心がけた姿勢で一つ一つの業務にあたっていきたいと思います。

お問い合わせ

受付時間 10:30-18:30(GW・お盆・年末年始を除く)

各種お問い合わせ窓口はコチラ