講師紹介

国語科

阿部あべ 大毅だいき

授業で心がけていること

受けてくれている生徒の皆さん数十人分の人生を背負っているという緊張感をもって授業しています。また、ネット社会に生きる我々にとって、書き詰められた表現を正しく使う重要性はより増してきています。そのような表現を、正しく受け取り、そして正しく発信することができる力を育てていきたいと思っております。さらに、子供ではなかなか見えないもの、たとえば、問題文を読んでいるときの頭の動かし方や、他教科や生活とのつながりを伝えることで客観的に物事をとらえることの大切さを伝えていきたいと考えております。

講師として忘れられないエピソード

はじめて教壇に立たせていただいた時の生徒が成長して入試を受けた時のことです。実力以上の学校を受けたこともあり非常に気にかかっておりました。入試会場から出てきたその生徒の顔は晴れやかでした。そして私を見つけて駆け寄ってきたそのとき、一瞬くしゃっと顔がゆがみ、そして一言、「やっぱりあかんかったわ!」。 私は駆け出していく彼の後ろ姿をただ見送るしかできませんでした。

希学園の魅力とは

勉強というものは感情と論理で前に進めていくものだ、と講師陣が理解していることです。一見論理の世界に見える研究の世界でも、「この問題を解き明かしたい」という感情が動いてはじめて解き明かされるものです。そして、希学園自体も生徒の皆さんの前進を実現するような、練られたテキスト、宿題プリント、チューター制度等のシステムによって動いていることです。それにより講師の人間的魅力が生徒の皆さんに伝わり、そして生徒の皆さんの感情が動き、学力も上がる、という流れができていることを実感しています。

中学受験を目指す皆さんへのメッセージ

これからの社会の中でものを考えていくための自分の中での基準、すなわち思想を持って生きていくための準備期間にして欲しいな、と思います。絶対的に正しい考えの人などいない、という考えに至れば、ほかの人に対して優しくなれたり寛容になれたりするのではないでしょうか。またそのような客観的かつ論理的な視点を得ることで学力面への効果も期待できますね。たとえばもっとスマートな別解を思いついたり、全く異なる分野の話が結局同じであることに気づいたり、といったところでしょう。長い人生の中では中学受験で頑張ったことなどほとんど忘れてしまいますが、勉強を通じて得た強さは一生ものになることでしょう。

お問い合わせ

受付時間 10:30-18:30(GW・お盆・年末年始を除く)

各種お問い合わせ窓口はコチラ