HOME > 合格体験記 >No.2

合格体験記

2018年春入試 第26期生 合格体験記

この合格体験記は第26期生ならびにその保護者の方の生の声をそのまま掲載しています。
定期的に内容を更新していきます。
「合格体験記集」(冊子)もございます。ご希望の方は、こちらよりお申し込みください。

タイトル一覧へ

2018年09月03日更新

 灘中学校

目の前のことに全力を!

 僕はこの度、第一志望校のV中学校をはじめ受験した3校全てに合格することができました。
 ここに感謝の気持ちを込めて、希学園での4年間を振り返ります。

〈3年生〉
 希学園入塾。NACを受講。
 授業は難しく、後ろの席で母にノートを取ってもらっていました。月に一度の授業だったので、宿題は楽しく取り組めました。ここではただ問題に答えるだけでなく、自分の考えの道筋を答案用紙にわかりやすく書き表すことの大切さを学びました。
 この頃の僕はスイミングスクールの選手コースに所属し、毎日泳いでいました。

〈4年生〉
 灘クラブ特訓を受講。
 確認テストでは算数が難しく、あまり良い点数を取ることができませんでした。

〈5年生〉
 中学受験をすることを決め、スイミングスクールをやめました。
 ベーシックを受講。豊中教室へ通う。最高レベル演習算数は夏から受講。
 ベーシック復習テストでは、ほぼ1番を取ることができ、在籍クラスも入塾時以外すべてPC0。ベーシックは6年生になる前の基礎固めとしても、とても重要です。5年生スタートの僕は、わからない単元はWEBを利用してわかるまで取り組みました。

〈6年生〜春〉
 志望校別特訓が始まりN0スタート(最後までN0でした)。チューターは黒田学園長に決まりました。宿題の量が増え、睡眠時間が短くなって体調を崩してしまい、体調管理の大切さがわかりました。志望校別特訓の宿題が終わらず、最高レベル演習算数を休んだ際、学園長は僕に『苦しい局面に正面から立ち向かうことの大切さ』を教えてくださいました。
 弱い自分と決別!!
 以後、運動会で休んだ以外は一度も休むことなく宿題は丁寧に、今できる最高の取り組みを心がけました。結果、復習テストはほぼベスト。
 6年生から最高レベル演習理科を受講。三倉先生の授業はわかりやすい上に、余談が面白く(話の内容はお楽しみに…)理科がどんどん好きになりました。復習テストや模試でも結果を残すことができ、(復習テストNo.36から6回連続100点という快挙達成!!)、公開テストではトップ10に入り、灘中トップ合格養成講座を受講。松田先生の授業はとても面白かったのですが、難度が高く≪算数強≫ではない僕にとっては授業についていくのが必死。優秀な他教室のメンバーは解くスピードがとても速くて正確! 刺激を受けました。ミスも多かった僕は『入り口と出口の確認』を意識するように言われました。
 今までの取り組みが試される、学園長杯争奪テスト大会では『入り口と出口』に気をつけた結果、総合2位でトロフィーを貰いました。学園長に褒められ、益々やる気になりました。

〈6年生〜夏〉
 夏期激励集会では「この夏に絶対的な集中力を身につけ、灘中学合格をつかみ取ります」と決意表明し、自分自身に気合いを入れました。
 算数オリンピックは、ファイナルへ。
 そして灘コース夏期合宿が始まりました。算数・理科のスピード強化練習では、スピードと精度の両立を意識し、語句は自習時間に集中して覚え、3教科そろってノルマを達成しました! 終わってみればまた参加したいなと思うほど僕を成長させてくれた灘コース夏期合宿でした。
 プレ灘中入試・プレ洛南高附属中入試合格。
 プレ洛南高附属中入試前に、何でもできるスーパー江見先生にテストの受け方を教えていただき、4位合格。しかし試験開始時刻を間違え、遅刻するという失態を演じてしまいました。みなさんは、試験開始時刻等、必ず事前に自分の目で確認するようにしましょう。

〈6年生〜秋〉
 志望校別特訓[第V期]に入り、宿題が倍になりました。優先順位を常に考えて計画的に取り組みました。ベーシック灘が始まり、僕は豊中教室のリーダーに指名されました。国語は富田先生が宿題プリントを細かく添削してくださったので、返却後見直すことで中身の濃い学習ができました。テストゼミの直しは重要です。理科のテストゼミでは時間配分をミスすると大失敗につながる僕は、江見先生にテストの受け方を何度も相談し、その都度修正していただきました。算数は難度が高くなり量も増えたため、質問が多くなりました。そこで自分の力で粘り強く考えることの大切さを算数科の先生から繰り返し指導を受けました。入試本番ではたった一人で戦わないといけないからです。粘り強く考えることを意識するようになり、算数の成績が安定してきました。その結果、公開テスト3科1型1位。合否判定テスト9位。
 11月の公開テスト後、灘中見学会に行きました。兄が通っていたので、灘中には何度も行く機会がありましたが、この日は僕にとって特別な日となりました。灘中の先生の話を伺い、この学校に入学したいと心から強く思ったからです。
宿題は質を高めつつ、居残りサポートルーム内に終わらせることを意識しました。帰宅後も好物のデザートを食べながら残りの課題に取り組みました。
 しかし、四谷大塚の灘中模試では灘模試で初めての不合格。11点足りませんでした(希学園の基準では合格)。悔しさを胸に、ここからまたそれまで以上に前向きに頑張りました。

〈6年生〜冬〉
 入試対策(第T期)が始まりました。
 算数のテストゼミで思うように点数が取れず、学園長から時間配分、攻めと守りのバランス、解いた直後の振り返り等、テストの受け方について指導を受けました。そして、このことを常に意識するように心がけました。
 最後のプレ灘中入試では得意の国語で大失敗しましたが、算数で耐え、何とか合格。これまでのプレ灘中入試の中で最も悪い結果でした。学園長には「バランス型だから一つ失敗しても大丈夫だ」と励ましてもらいました。もう一度テストの受け方のプリントを読み直しました。この時期に配られる各教科のテストの受け方プリントはとても重要です。僕は何度も読み返しました。また、自習時間内に個別に呼び出して指導してくださるので、不安があれば相談するようにしてください。不安を残さないことが大切です。宿題はサポートルーム内に終わらせることを意識し、帰宅後は何もせず早めに寝ました。十分な睡眠時間を確保することは、この時期とても大切です。

 いよいよ入試スタート
〈函館ラ・サール中〉
 国語:簡単。
 算数:簡単。最後の問題空欄。
 理科:簡単。
 結果・・・6位合格。

 最後のチューターノート提出の日、ノートには僕のこれまでの努力を誉める言葉が並んでいました。そして、「最後の最後、入試を受け終えるまで、その前を向いて努力し続ける姿勢を貫いてこい! そうすれば結果は必ずついてきます! 頑張ってこい!」と書いてありました。学園長には、最後まで励ましてもらい嬉しかったです。

〈前日特訓〉
 灘コース生が全員集合する十三教室での最後の授業。帰宅後、前日特訓でもらった算数Tのプリントを兄と勝負しました。
 おやすみコールでは学園長をはじめ、いろんな先生と話すことができ、リラックスして眠りにつきました。

〈灘中1日目〉
 5時起床。ミニ講義の会場に早めに着きました。渡された問題を、心を落ち着かせて静かに解きました。シュプレヒコールでは心を込めて大きな声を出し、先生方や保護者らに見送られながら、灘中の門をくぐりました。
 国語:難しい。パズル問題は試験終了後、頭に浮かび残念。
 算数:普通。『入り口と出口の確認』『テストの受け方』を思い出し、取れる問題をミスなく取りきることに専念した。
 理科:とても難しい。自信なし。
 終わったことは忘れ去り、母と兄と焼肉を食べて力をつけ、当日特訓へ。終わるまで兄が待っていてくれ、一緒に帰りました。

〈灘中2日目〉
 学園長のお話と最後のシュプレヒコールに感動しました。
 灘中の校門前では、灘コースの先生方にたくさん声を掛けていただきました。佐生先生には「君のような人を灘が求めている」と、学園長からは「落ち着いてすれば大丈夫・・・」といつも通りの固い握手をして2日目に臨みました。
 国語:普通。落ち着いて解きました。
 算数:普通。まさかの大問4つ。しかし、配られた際に4題しかないことに気づいたので焦らず落ち着いて解きました。
 前日特訓は受けずにお昼ご飯をゆっくり食べ、夕方帰宅しました。本気でやりきった灘中の入試が終わり、ほっとしました。
 翌日の洛南高附属中に向け気持ちを切り替え、兄とプレ洛南高附属中入試の勝負をしました。テストの受け方を褒められ、安心して眠りにつきました。

〈洛南高附属中〉
 国語:普通。2つ目の文章はベーシックで習ったことのあるものでした。
 算数:普通。
 理科:暗記が難しかったですが、それ以外は自信あり。
 結果:合格。

〈灘中合格発表〉
 洛南高附属中入試後、灘中の合格発表を見に行くため母と兄と3人で電車に飛び乗りました。住吉駅で降り、速足で灘中に向かいました。テニスコートの横の道を歩いていると急に緊張しだし、ドキドキしながら体育館に入りました。
 兄と一緒に「384」を見つけた時は、思わずガッツポーズがでました。本当に嬉しかった!! 振り返って母を見ると目がうるんでいました。
 松田先生や民野先生、江見先生、佐生先生・・・灘コースの先生方が最高の笑顔で迎えてくださり、これまでの努力が報われた瞬間でした。
 そして、良い時も悪い時もずっと僕を応援してくださった学園長とはガッチリ握手を交わしました。合格。

〈最後に〉
後輩へ
 自分を信じ、先生方を信じ、合格するための努力をしてください。
 授業はその場で100%身につけるように心がけ、宿題は丁寧に理解するまで取り組んでください。
 目の前のことに全力を尽くしてください。そうすれば、努力は必ず報われます! 応援しています!
お世話になった方々へ
 僕を灘中合格に導いてくださった、学園長をはじめとする灘コースの先生方、厳しく接してくださったプレチューターの矢原先生、お世話になった豊中教室・十三教室・西宮北口教室の事務員のみなさん、共に頑張ったみんな、本当に有難うございました。
 そして、どんな時も僕を支えてくれた家族にも心から感謝しています。
 灘中に入っても、希学園で培った人間力と感謝の気持ちを忘れずに頑張っていきます。

 楽しかった希学園での日々 ありがとう!!

ページトップへ

  • 毎月第2日曜実施!入塾テストを兼ねる

    公開テストのお申し込みはこちら
  • 希学園の学習システムをまるごと体験

    2週間無料体験入塾のお申し込みはこちら
  • 希学園の詳しい資料をお送りします

    資料請求はこちら
  • 会社概要
  • 採用情報
  • 個人情報保護方針
  • このサイトについて
  • サイトマップ