HOME > 合格体験記 >No4

合格体験記

2018年春入試 第26期生 合格体験記

この合格体験記は第26期生ならびにその保護者の方の生の声をそのまま掲載しています。
定期的に内容を更新していきます。
「合格体験記集」(冊子)もございます。ご希望の方は、こちらよりお申し込みください。

タイトル一覧へ

2018年09月03日更新

 洛南高等学校附属中学校

気負わずに

 この春、私は第一志望校の洛南高等学校附属中学校をはじめ、受験校全てに合格できました。洛南高附属中に受かることはもちろん、受験校全てに合格するというのは希学園の授業一つ一つのおかげだと思います。
 後輩の皆さんへの応援&アドバイス、自分の受験生活のまとめとして希学園での最高に充実した日々を振り返りたいと思います。

<4年生>
 友人が希学園に通っていたこともあり、入塾しました。土曜ベーシックからのスタートでした。読書が大好きだったので国語は良かったのですが、算数はあまりパッとしませんでした。受験は全く意識していませんでした。

<5年生>
 PC0でのスタートでした。ベーシックと最高レベル演習(最レ)算数を受けていました。夏を過ぎてから社会特訓も受け始めました。
 算数と最レ算数は毎回各種模試の直しを提出していました。この頃から寝る時間を確保するために必ず21時までで帰っていました。相変わらず算数はイマイチでしたが、他の科目で補い、4年生の頃よりは十傑に載ることができるようになりました。結局ずっとPC0で、たまに一番席になってよろこんでいました。友だちがたくさんできて毎日楽しかったです。
 また、亀村先生の授業を初めて受けて、あまりの面白さに衝撃を受けました。しかし、受験するという意識はほぼゼロでした。

<6年生>
 PC0のスタートで、チューターは入江先生でした。
〜志望校別特訓[第T期]・[第U期]〜
 ベーシック、社会特訓、最レ算数、志望校別特訓(洛南高附属・西大和学園(女子)コース)を受講しました。理科は江見先生でとても面白かったので毎週楽しみにしていました。
 志望校別特訓はとても楽しかったのですが、算数の復習テストがとても悪く、20点や30点、ひどい時には10点を取っていました。しかし、宿題プリント(宿プリ)を丁寧に、スピードを意識して取り組み、少しずつ上がりました。模試の直しは全て入江先生に提出し、アドバイスをもらっていました。もらったアドバイスの中の一つ、「気負わずに」は受験まで何度も思い出し、とても励まされました。
〜夏休み〜
 夏期激励集会で決意表明しました。口が止まらず、一人だけ洛南を長々とフルネームで「洛南高等学校附属中学」と言ってしまいました…。
 そして、初めての学園長杯争奪テスト大会に行き、結果はグループ賞で4位、盾をもらえました。学園長杯争奪テスト大会は行って損なしです。普段の公開テストとは全然違う雰囲気が味わえますし、たくさんのライバルたちの顔を見ながら戦えるので、すごくやる気が出るからです。
〜志望校別特訓[第V期]・[第W期] 〜
 気づけば秋。灘コースに通っていた女の子たちも洛南高附属・西大和学園(女子)コースに来て、すごく良いライバルになりました。
 ベーシックが分かれ、私はPで受講しました。恐怖の理科の暗記テストが始まりました。電車の中で覚えたり、みんなで覚え方を編み出したりしてがんばりました。とてもキツいですが、絶対にしっかり覚えるべきです。入試の時、自信になりますし、後々すごく楽になるので。
 相変わらず21時に帰っていた私は、増え続ける宿題に押しつぶされそうになりました。ベーシック算数・理科を優先していると、ベーシック国語、最レ算数がしっかりと仕上がらなくなってしまいました。国語に関しては齋藤先生に宿プリで役立つアドバイスをいただき、最レ算数は入江先生に「これは大切!」と言われた問題のみ解いていました。最レ算数は灘コースの人たちと一緒で、とても難しいので、点数が悪くてもあまり気にしなくて良いと思います。
 そして、秋のプレ洛南高附属中入試の日がやってきました。初めて洛南高附属中で受ける試験でしたが、いつも通り「なるべく平常心で」を心がけて受けました。国語の3つ目の星野源のエッセイは読んだことがあり、テンションが上りました。結果、女子で1位! とてもうれしく、自信になりました。しばらくして洛南高附属中(女子)入試実戦テストがありました。算数、理科で悲惨な点を取ってしまいました。悔しくて「次こそは!」と思いました。
〜入試対策(第T期)・(第U期) 〜
 「算数の総まとめ」が配られました。これは志望校別特訓[第V期]・[第W期]の算数のテキスト、テストがまとめられたものです。すごい量です。とにかく解けるようになるまでひたすら解き、わからないものは入江先生に質問しまくりました。このおかげで私の算数力はだいぶアップしたと思うし、「合格に最も役立ったものは?」と聞かれたら、「最後の総まとめと暗記テスト」と迷わずに答えると思います。
 最後の公開テストがありました。6年生の公開テストでは4科で十傑にたくさん入ることができて、うれしかったです。
 12月23日の洛南高附属中入試実戦テストでは本番のつもりで「取れるところは取ってやる!」とがんばりました。結果、男女総合1位!「力はどんどんついてきている!」と、とても良い状態で入試対策に突入できたと思います。
 入試対策中は、毎日朝9時から21時までと非常にハードでしたが、宿題は必ずその日の自習中に消化するようにしました。また、同じ洛南高附属中を目指す友だちと切磋琢磨するのはとても楽しかったです。ようやく入試が近づいて来ていることに気づきました(遅すぎ)。
 お正月のプレ四天王寺中入試では、算数は1問しか間違えていませんでしたが、社会は時事問題がチンプンカンプンだったので、ほとんどカンでした。医志コース合格、9位でした。
 2日後のプレ洛南高附属中入試では、国語の1つ目の物語は本屋で立ち読みしたことがあるもので、うれしくなりました。しかし、算数の途中から寒さと空腹と疲れで腹痛が…。とても苦しく、「もうダメだ…」と思いました。でも結果はA判定! しかも女子1位! 驚きました。

<入試本番>
〜1月13日 四天王寺中学校〜
 前日はホテルに泊まりました。ホテルの部屋でひたすら時事問題を覚え、夜ご飯にはおいしい鍋焼きうどんを食べ、とても幸せな気持ちになりました。そこにおやすみコールがかかってきました。入江先生に「うどんがおいしかったです」と言うと、笑われてしまいました…。しかし、とてもリラックスできて良かったと思います。ぐっすり眠れました。
 そして本番。ミニ講義の場所に行く途中、入江先生が私を見つけて、引っ張っていってくださいました。満腹と寒さでボーッとしてしまいました。座布団カイロに感動しました。
 国語 これまでで最も簡単。
 理科 最後の地学がわかりませんでした。見直しはできず…。
 算数 簡単! たぶん1問まちがい。見直しで3つほどミスを見つけ、ヒヤッとしました。
 社会 前日つめこんだ時事問題が大量に出て、ニヤニヤしてしまいました。
 プレ入試のような感覚で、全く緊張しませんでした。
〜1月15日午前 洛南高等学校附属中学校?
 前日は社会の資料集をざっと見直しました。そして、またうどんを食べました。うどんは私の勝負ごはんです。また、おやすみコールがかかってきました。北川先生に「大場さんは見直しが素晴らしい!」と言われ、とてもうれしくなりました。
 本命受験がやってきました。六孫王神社に行く途中、北川先生と竹内先生に「がんばれ!」と激励され、元気に入っていきました。六孫王神社では亀村先生&入江先生の熱い激励の後、これまでで最も大きく、まとまり、心のこもった熱い、熱いシュプレヒコールをして気合いが入りました。「これまでの洛南系の試験は全て合格だったのだから大丈夫!」と信じ、洛南高附属中に入っていきました。緊張は全くしませんでした。
 国語 超簡単。2つ目の文章は希学園で一度やったもので、「希学園で良かった…」と思いました。ページ数が多かったです。
 算数 計算から訳がわかりませんでした。とても難しかったです。1問、答えが9.98秒になり(洛南出身の桐生選手のタイムです)、思わずガッツポーズしてしまいましたが、実は0.4秒引き忘れていました。場合の数はわからなかったので捨て、見直しました。
 理科 なんと! 例年通りの重心ではなく浮力が出て、驚きました。
 社会 すごく簡単で、これだと差がつかないなと思いました。
 すべきことはしたと思いました。
〜1月15日午後 京都女子中学校〜
 学校に向かう途中、四天王寺中医志コースに受かっていたと知り、安心しました。竹内先生が走ってきて、激励してくださいました。
 国語 普通。
 算数 難しくて少し焦りましたが、結局解けて良かったです。
 試験中、疲れてひどく眠かったです。
〜1月17日 洛南高等学校附属中学校合格発表〜
 洛南高附属中に向かう途中、雨がしとしと降っていました。向こうからは泣きじゃくる女の子が歩いてきて、ドキリとしました。校門から私は走り出しました。上を見た瞬間、「124」という番号が目に飛び込みました。取りあえず父のもとへ走っていって、「あった、あった! 番号あった!」と伝え、友だちに会い、「受かったね、受かったね!」と叫び合いました。他の友だちとも会い、みんなでいろいろな先生のところへ行って、「受かりました!」と報告しました。最も幸せな瞬間でした。受かったという喜びと、この人たちと同級生になれるという喜びが混ざって最高の気分でした。

 こうして「受験だ!」という意識のあまりないまま、私の希学園生活、受験生活は終わり、晴れて第一志望校の洛南高等学校附属中学校に入学できることになりました。これは父と母の支え、しっかりとサポートしてくださった先生方、事務の方、そして一緒に競えた友だちのおかげです。
 チューターの入江先生をはじめとした先生方、原田教室長、坂田さん、安田さん、送り迎えをしてくれたパパ、お弁当を毎日欠かさず作ってくれたママ、本当にありがとうございました。
後輩の皆さんも合格まで走り抜けていってください!!

ページトップへ

  • 毎月第2日曜実施!入塾テストを兼ねる

    公開テストのお申し込みはこちら
  • 希学園の学習システムをまるごと体験

    2週間無料体験入塾のお申し込みはこちら
  • 希学園の詳しい資料をお送りします

    資料請求はこちら
  • 会社概要
  • 採用情報
  • 個人情報保護方針
  • このサイトについて
  • サイトマップ