HOME > 合格体験記 >No11

合格体験記

2018年春入試 第26期生 合格体験記

この合格体験記は第26期生ならびにその保護者の方の生の声をそのまま掲載しています。
定期的に内容を更新していきます。
「合格体験記集」(冊子)もございます。ご希望の方は、こちらよりお申し込みください。

タイトル一覧へ

2018年11月16日更新

 大阪星光学院中学校

おやすみコールでもらった勇気

 4年生の時に希学園に入りました。

 4年生の時は、中学受験のことなんて全く気にかけていませんでした。ただ、楽しく勉強していました。

 

 5年生になって少しずつ受験というものを意識し始めましたが、中学受験がどういうものかは全然わからず勉強していました。この頃に学校見学をして、なんとなく第一志望校を大阪星光学院中に決めました。そして、5年生の終わりごろにやっと受験というものを考え始めました。

 

 6年生になり、中学受験を真剣に考え始め、あとどれぐらい自分に足りないのかを考えました。国語が苦手で、算数は計算のミスがあり、理科は得意でしたが、社会はふつうでした。でも自分のペースで勉強していました。夏休みは課題がものすごく大量だったのでとても苦戦しました。秋は夏の大量の課題が終わり、春と同じぐらいの感じで勉強していたので、少し成績が落ちました。冬休みになり秋に足りていなかった勉強量を取り返すために頑張ろうと思いましたが、夏休みよりも課題だらけでした。だから秋の分を取り返そうではなく、とりあえず目の前のこの課題を終わらせように考えが変わっていました。

 入試前日はおやすみコールでは30分以上、大阪星光学院・西大和学園(男子)コースのほとんど全員の先生に励ましてもらい、早く寝ました。
 大阪星光学院中の入試当日は緊張しました。最初の国語で大失敗、算数ふつう、理科すごくできた、社会ふつう。こんな感じだったので全く自信がありませんでした。
 西大和学園中の入試の後、迎えに来ていたお父さんにすぐさま大阪星光学院中の結果を聞きました。結果合格。聞いた瞬間信じられませんでした。「やったー」としか言いようがありませんでした。

 

 僕がこうやって合格を勝ち取ることができたのは、希学園の先生方のおかげです。前日のおやすみコールでは先生たちの思いを聞くことで、緊張もしましたがやる気が出てきて実力を発揮できたと思います。本当にありがとうございました。

ページトップへ

  • 毎月第2日曜実施!入塾テストを兼ねる

    公開テストのお申し込みはこちら
  • 希学園の学習システムをまるごと体験

    2週間無料体験入塾のお申し込みはこちら
  • 希学園の詳しい資料をお送りします

    資料請求はこちら
  • 会社概要
  • 採用情報
  • 個人情報保護方針
  • このサイトについて
  • サイトマップ