HOME > 合格体験記 >No14

合格体験記

2018年春入試 第26期生 合格体験記

この合格体験記は第26期生ならびにその保護者の方の生の声をそのまま掲載しています。
定期的に内容を更新していきます。
「合格体験記集」(冊子)もございます。ご希望の方は、こちらよりお申し込みください。

タイトル一覧へ

2018年11月16日更新

 西大和学園中学校

みんなの支えで勝ち取った合格

 僕は、西大和学園中学校に合格し、西大和学園中学校に進学することになりました。いままでお世話になった希学園での生活をここに書きたいと思います。いま読んでいる受験生のお役に少しでも立てばと思います

 

<3年生>

 母が算数と国語の勉強を教えてくれていました。算数は得意だったけれど国語がだんだんと難しくなり、母が知り合いから丁寧に教えてくれる塾があると聞き、希学園に入ることにしました。最初はこの塾が中学入試対策の塾であることを知らずに、楽しく国語と算数を勉強していました。特に、栗原先生の国語が面白くて、いつも楽しみにしていました。また宿題プリントを3回目くらいまでは解き直しをして提出していました。公開テストの偏差値は、だいたい59、60くらいでした。この頃はまだ友だちと公園で遊んでいました。後半になり栗原先生から西大和学園中に行くことを勧められましたが、受験ということすら知らない僕にとっては意味がわかりませんでした。

 

<4年生>

 3年生と比べて宿題が一気に増え、おまけに理科と社会も加わり、4教科となりました。また、最高レベル演習算数も受講し始めました。僕のプレチューターは富田先生になりました。この頃にやっと受験とは何かということと希学園が中学入試対策の塾だということを知りました。富田先生が僕の成績を見て、灘中学校を勧められました。でも僕はあまりピンときていませんでした。僕は5月から7月までの2か月間、ニュージーランドに留学することになりました。そのことを知った富田先生がいい経験になると賛成してくれました。しかも富田先生のお姉さんが偶然にもニュージーランドにいて、話が盛り上がりました。ニュージーランドの学校では、中国人やアメリカ人、インド人をはじめいろいろな国の同級生と出会い、初めて世界は広いんだということをこの身で感じました。そしていつか国と国を結ぶような国際的な仕事に就きたいと強く思いました。帰国後、富田先生から西大和学園中を勧められました。そして西大和学園中の文化祭に行くと…僕の望み通りの学校でした!! 生徒さんたちは生き生きしていて、学校案内のパンフレットには僕の理想の国際的な、いわゆるグローバル活動が盛りだくさんで絶対にこの学校に行きたいと思いました。しかし、留学で成績がガクンと一気に下がりました。宿題プリントが回らないときもありました。例えば国語で学習欄を埋めていなかったり、算数の日々の計算が終わっていなかったりしました。日々の計算は毎日するのが大切です(僕はまとめてやっていた)。ベーシックは、ほとんどPC1で座席は前から2列目までには入っていましたが、後半からPC2に落ちてしまいました。しかし僕は社会が大好きでした。なので最初は3組だった社会が2か月で0組になり、6年生の中頃までの27か月間ずっと0組を維持し続け、社会だけは自分の信頼できる武器となっていて、ほとんど豊中教室の1番の座席で社会の授業を受けていました。

 

<5年生>

 5年生になり、さらに宿題が増えました。僕のプレチューターは北野先生になりました。理科の小谷先生の授業がいつも面白かったのを覚えています。この頃から、ますます西大和学園中に行きたくなっていきました。しかし4年生の留学後の成績ダウンで国語・算数・理科はすべて46、47くらいの偏差値になってしまいました。でもいつも社会だけが偏差値69、70くらいはとれていて、そのおかげで4科2型で偏差値58、59はとれていました。後半で宿題プリントが全く回せず、森下先生に叱られることもありました(後輩の皆さんはしっかり5年生で踏ん張りましょう。僕は、踏ん張らなかったせいで6年生になって大変困りました!)。そしてPC4に下がったまま6年生を迎えることになってしまったのです。

 

<6年生>

 6年生になって志望校別特訓が始まりました。僕のチューターは礒辺先生になりました。礒辺先生と両親と相談し、第一志望校は西大和学園中だけれど、あえてハードルの高い東大寺学園コースで最後まで走ることに決めました。先生たちがとても熱心で自分も頑張ろうと思いましたが、5月にはPC5まで落ちてしまい不安で焦りました。しかし頑張って1か月後にはPC3に復活することができました。

 

<6年生夏>

 いよいよ待ちに待った受験の天王山の夏になり、気合いが入りました。僕は夏期早朝サポートルームに行っていました。夏期早朝サポートルームでは、15分間行われる小テストの直しや、夏期講習の宿題、志望校別特訓の課題などに取り組んでいました。夏期早朝サポートルームでは小テストで自分の今の状況を理解でき、質問もできるので、できるだけ行った方がいいと思います。また、西大和学園中だけでなく、他の学校の見学に行くうちに西大和学園中しか行きたくないと思うようになり、西大和学園中がもしダメだったら、公立の中学校に行こうと思うようになりました。だから、僕にとって受験は命がけのものだったのです。

 

<東大寺学園/甲陽学院/大阪星光学院・西大和学園(男子)コース合同夏期合宿>

 夏期合宿はおもにスパルタでした。スパルタとは、プリント1枚を全問正解するまで次のプリントに進めないという特訓です。僕は理科でなかなか進めずよく質問をしていました。算数は一通り終わり、α問題に取り組んでいました。国語はおまけ問題まで進みましたが、おまけ問題を終わらせることはできませんでした。また特別授業では、僕の知らないことをたくさん教えてくださり、僕にとってたくさんの収穫がある夏期合宿でした。

 

<6年生秋>

 3年生の時からお世話になった豊中教室で9月からベーシックが受けられなくなりました(社会特訓はまだ豊中教室でした)。僕は東大寺学園コースだったので、ベーシックPで受けることになり、十三教室にお世話になることになったからです。夏休みで気合いは入ったものの、秋からまた宿題プリントが回せなくなり、森(匠)先生に大変叱られることもありました。先ほども言いましたが、日々の計算は必ず毎日取り組まないといけません。しかし、模試の結果はだんだん良くなっていき、西大和学園中の型である、4科3型で偏差値67、68までになりました。

 

<入試対策(第I期)>

 通常のベーシックが終わり、入試が近づいてきました。入試対策はほとんどがテストゼミでその後にテストゼミの解説をするといった内容でした。座席はいつも真ん中くらいでした。

 

<大晦日特訓&大晦日激励集会>

 大晦日激励集会では、入試ハイライトを見ました。先輩たちの頑張りや合格した時の喜びがうつっていました。僕も頑張ろうと思いました。

 

<お正月プレ入試>

 プレ大阪星光学院中入試  合格
 プレ西大和学園中入試    合格
 プレ東大寺学園中入試    合格

 

《入試本番》
<愛光中学校>

 国語:普通。
 算数:よくできた。
 理科:まあまあ。
 社会:シリコンバレーとコーランが書けなかった以外は、よくできた♪

 結果:合格。

 

<おやすみコール1日目>

 晩ご飯の後にかかってきたのでびっくりしました。チューターの礒辺先生だけかと思えば、西内先生と高橋先生を除くコースの先生方全員とお話でき、リラックスできました(先生方は、晩ご飯の統計をとっているみたいなので、晩ご飯を聞かれたら正直に答えるようにしましょう)。

 

<大阪星光学院中学校>

 国語:少し難しい。
 算数:よくできた。
 理科:普通。
 社会:よくできた♪
 結果:合格(西大和学園中入試の後、駐車場に向かう途中で親から知りスキップしてしまった)。
 ※この後そのまま西大和学園中21世紀型特色入試に向かうのであった。

 

<西大和学園中学校21世紀型特色入試> ついに本命!!!

 会場に着くと東野先生がアドバイスをしてくださり、落ち着きました。グループディスカッションの途中に西大和学園副校長の岡田先生に3回も僕のアップの写真をスマホでとられたので、びっくりしました。問題は2問あり、2問目をグループディスカッションして意見をまとめ、プレゼンテーションしました。あまりうまくいかなくて自信がなかったのですが、学校はそういうところだけを見ているわけではなく、どれだけ積極的でどれだけ西大和学園中に行きたいのかも見ているであろうから、プレゼンテーションでうまくいかなくても大丈夫だと思います。それよりも自信をもって、自分らしさを出すことが合格するのに大事なことだと思います。
 結果:合格!

 ※なんとこの後、頭が痛くなり熱が出ました。うどんを食べに行ったのですが、少ししか食べることができず、帰りに頭痛薬を飲み、熱さまシート(冷えピタ)を頭に貼り、おやすみコールでは礒辺先生としか話さず、すぐに寝ました。すると翌朝には完全に治り、頭もさえていました。

 

<西大和学園中学校入試>

 頭がさえていたのでよくできました。
 国語:自信あり♪ 最後の段落並び替え問題も、当日特訓で平野先生が言われたコツを使うとできました! さらにそのうえ、段落並び替え問題の文章にベーシックPの10月頃に齋藤先生が言われたものが出てきたので完璧に解ききることができました!!
 算数:少し難しい。
 理科:結構難しい。
 社会:よくできた♪
 結果:合格!(東大寺学園中入試の帰り、親から聞き、涙が出ました)

 

<東大寺学園中学校入試>

 国語:まあまあ。ミニ講義プリントから漢字の問題が一問出たので解けました!
 算数:自信あり♪
 理科:結構難しい。
 社会:よくできた♪

 結果:合格!

 

<清風南海中学校入試(B日程)>

 国語:自信あり。
 算数:よくできた。
 理科:自信あり。
 社会:よくできた♪
 結果:スーパー特進コース合格!

 

<最後に>

 最後まで心配し続けてくださったチューターの礒辺先生、僕の気持ちを高めてくれたコース統括の平野先生、僕の夢のために応援し支え続けてもらった富田先生(トミカ)、僕の雑な宿題プリントを毎週毎週評価し指導してくださった黒田学園長、日々の計算をしない僕に注意をしてくださった森(匠)先生、森下先生、東野先生、川上(遥)先生、僕を最後まで信じてくれた浅田先生、小谷先生、江見先生、上田先生、三倉先生、土居先生、矢原先生、坂東先生、齋藤先生、山下(正)先生、山下(高)先生、松谷先生、北野先生、西内先生、湯川先生、井口先生、松井先生、関先生、藤原(修)先生、六波羅先生、丸山先生、飛松先生、水川先生、民野先生、小方先生、本当にありがとうございました。他にもたくさんの先生、豊中教室山口さん、大熊さん、村上さん、植田さん、SGさん、十三教室の事務員さん、SGさん、谷九教室の事務員さん、SGさん、受験を知らないながら応援してくれた妹、最後の最後までお弁当を作り続けてくれたお母さん、希学園に行くお金を払い続けてくれたお父さん、本当にありがとうございました。これからは希学園卒業生として西大和学園で夢に向かって頑張っていきたいと思います。

ページトップへ

  • 毎月第2日曜実施!入塾テストを兼ねる

    公開テストのお申し込みはこちら
  • 希学園の学習システムをまるごと体験

    2週間無料体験入塾のお申し込みはこちら
  • 希学園の詳しい資料をお送りします

    資料請求はこちら
  • 会社概要
  • 採用情報
  • 個人情報保護方針
  • このサイトについて
  • サイトマップ