HOME > 合格体験記 >No16

合格体験記

2018年春入試 第26期生 合格体験記

この合格体験記は第26期生ならびにその保護者の方の生の声をそのまま掲載しています。
定期的に内容を更新していきます。
「合格体験記集」(冊子)もございます。ご希望の方は、こちらよりお申し込みください。

タイトル一覧へ

2018年12月4日更新

 灘中学校

余裕を持つ

 僕は新4年生から希学園に入塾し、何とか灘中に合格することができました。その合格までの道を書きたいと思います。

2年生

 僕は2年生の時にアメリカから帰国しました。そして公文に行き始めました。学校でのテストはあまりよくありませんでした。

3年生

 日本の学校に慣れてきた時期でした。学校の友だちが塾に行っていたので、僕も行きたくなって、また公文が嫌になってきて3年生の終わり(新4年生)に希学園に通い始めました。じつは他塾の入塾テストに落ちて、兄も通っていた希学園に行くことになりました。その結果、逆恨みのような感情が僕の中に生まれました。それは、いつかどこかいいところに受かってやろうというものでした。

4年生

 プレチューターは竹内先生でした。理科の先生だったので理科が安定して取れない僕にとって良かったと思います。
 勉強が嫌いだった僕が賢くなるはずがありませんでした。しかし、公開テスト(特に算数)で偏差値30というやばい成績をたたき出してから、悔しくて勉強を頑張ろうと決意しました。そして、夏の習熟度確認テストで良い成績が取れたので、念願のPC0になりました。「そこからは維持することができた」だったらよかったのだけれども、なかなか現実は甘くない。不安定な4年生でした。

5年生

 プレチューターは前年に引き続き竹内先生でした。4年生の時と同じ竹内先生だったので良かったです。とにかくPC0を目指していた僕にとって、「受験、なんじゃそら?」というような状態でした。そんな時に平野先生が「灘中を目指してみては」と提案してくださったことがきっかけで、受験を意識し始めました。

6年生

 チューターは松田先生でした。憧れの先生だったのですごくうれしかったです。

 志望校別特訓が始まりました。僕は新しいことが好きで楽しみにしていました。しかし思ったよりも宿題が多く、終わらせることがすごく大変でした。しかしこの後もっと大変になるとは夢にも思いませんでした。第1回灘中入試実戦テストは合格最低点ちょうどで受かりました。国語Uの6位が助けたという形でした。次は余裕で受かると決心していましたが、第1回プレ灘中入試は3点オーバーでした。次こそは・・・。

 第2回灘中入試実戦テストは28点オーバーでした。余裕とは言えないけれどもうれしい結果になりました。この調子でと思い、夏を過ごしました。
 受験の天王山と言われている夏。朝早くから夜遅くまで勉強の毎日でした。夏期早朝サポートルームではたくさんの時間があるので、僕はたまりにたまった公開テストの直しや他にもやり残しのある教材をすすめました。是非活用してください。
 灘コース夏期合宿はまさに己の限界を体感するようなものでした。スピード強化演習は長時間与えられた課題を黙々とこなしていくものです。一つのミスも許されない中で、素早くまた確実に正解することが求められ、そして鍛えられるものでした。異常なほど疲れ、早く眠りにつけます。

 合宿の成長が結果に現れる第2回プレ灘中入試は57点オーバーというすごくうれしい結果になりました。

 受験が間近に迫り仕上げが求められていく。志望校別特訓も[第V期]に入り、宿題がえげつない量となります。9月末から谷九教室で授業を受けるようになりました。最高レベル演習理科を教えてもらっていた浅田先生と別れるのは悲しかったけれど、はちまきに最後の最後でコメントを書いてもらったことがとても印象深かったです。堺東教室生は4人しかいないけれど谷九教室生に負けないぞと思い、授業を受けていました。結果がいよいよ重くなってくる第3回灘中入試実戦テストは17点オーバーでした。そして四谷大塚の学校別判定テストは12点オーバーでした。難しかったようなのでとてもうれしく誇りに思い自信になりました。

 最後の灘中入試実戦テストは36点オーバーという何とも言えない点数でした。入試対策が始まり谷九教室にも慣れ、教室の境なしでともに同じ仲間として頑張りたいと思いました。リーダーのH君はみんなを同じように扱ってくれてすごく頼りになりました。そんな忙しい毎日でも必ずしていたことが、23時には寝るということです。これは翌日の授業の内容を理解するために、寝不足によって集中力が欠けてはいけないので大事だと思います。
 僕は算数が得意で1位のK君を一度抜いた時はすごくうれしかったです(総合ではまるでかなわない)。お正月のプレ灘中入試では総合10位という念願のトップ10入りをし、すごく自信になりました。しかしプレ東大寺学園中入試がE判定という衝撃的な結果だったのでうれしさはすぐに引きました。むしろ驚きと悲しさがずっと続きました。テストを見直してみたところミスがたくさんありました。松田先生からはあらゆるミスの集合体と言われて悲しかったけれどホッとしました。こんなミスは二度と起こさないと固く誓いました。失敗は成功のもととはまさにこのことだと思います。失敗して悔やんでいる暇があったらさっさと原因を見つけ、次に活かすということです。
 そして、いよいよ受験前日という日に僕は全く緊張していませんでした。おかしいと思うぐらいです。しかしおやすみコールの後に緊張し始め、寝られなくなる前に寝ようと寝ました。
 当日は緊張がなくなっていて逆にかかってこいという状態でした。1日目はいつも通り取り組みました。当日特訓ではリュックの中からはちまきが見つからず焦りましたが何とか見つかってよかったです。物を入れる時、気をつけてください。
 2日目もいつも通り取り組みました。算数2が大問4つで驚きました。ただ難しさはさほど変わらず普通に解きました。
 結果は、全て平均点より少し上で普通の合格でした。

 

 このように僕みたいに「平凡な、特にこれといった才能がない人」「他塾の入塾テストに落ちた人」でも希学園のカリキュラムに沿って努力すれば合格を手にできます。
 ただ忘れてはいけないのはいつも丁寧に指導してくださった先生方、いつもやさしくサポートしてくださった事務員さんへの感謝です。3年間本当に有難うございました。

ページトップへ

  • 毎月第2日曜実施!入塾テストを兼ねる

    公開テストのお申し込みはこちら
  • 希学園の学習システムをまるごと体験

    2週間無料体験入塾のお申し込みはこちら
  • 希学園の詳しい資料をお送りします

    資料請求はこちら
  • 会社概要
  • 採用情報
  • 個人情報保護方針
  • このサイトについて
  • サイトマップ