HOME > 合格体験記 >No20

合格体験記

2018年春入試 第26期生 合格体験記

この合格体験記は第26期生ならびにその保護者の方の生の声をそのまま掲載しています。
定期的に内容を更新していきます。
「合格体験記集」(冊子)もございます。ご希望の方は、こちらよりお申し込みください。

タイトル一覧へ

2018年12月4日更新

 六甲学院中学校

前進あるのみ 僕の希ロード

 僕は第一志望校である六甲学院中への合格を勝ち取りました。国語が苦手な僕が合格体験記を書かせていただけるとは夢にも思っていませんでしたが、これから受験する皆さんの励み・参考に少しでもなればと思い、僕の希での3年間について書かせていただきます。

 

<4年生>

 それまで学校以外に勉強をしたことがなかった僕は、塾というものがとても楽しみだった。しかし、いざ入塾してみると大変だった。先生が黒板に書くスピードが速いので、ノートに書き写すだけで精一杯で帰ってから何度も解き直しをした。国語が苦手だったので、毎週授業前に特訓を受けていた。おかげで、トレーニングの基礎ができたと思う。

<5年生>

 希学園にいる時間が増え、それまで21時には寝ていた僕には新しい生活に慣れるのが大変だった。家に帰るとすぐに寝ていた記憶しかない。サポートルーム中に宿題プリントを1回は終わらせるように心がけた。わからないところは早めに教室に行き、先生に質問していた。「よく読め」と返されることもあったが、何も考えずに質問にいく回数は減ってきていたと思う。夏休みを過ぎたころから生活サイクルに慣れ、成績も少し上がってきた。国語は相変わらずだったが、前よりは積極的に授業に参加できるようになっていた。5年生までに計算・漢字は完璧に仕上げておくべきだったと反省している。

<6年生>

 志望校別特訓は甲陽学院コースからスタートした。チューターの矢原先生には、「コラム」「難問計算問題集」に毎日取り組むこと、「国語の復習テスト直し」をしっかり行うよう言われ、入試本番まで毎日続けた。最初は内容がひどかったので、毎回「しっかりやれ」と叱られていたが、秋の終わりには「よろしい」と褒められるようになりうれしかった。秋ごろやっと国語の成績があがってきた。甲陽学院コースでは宿題が多く内容も難しく、テストでもなかなか点数が取れなかった。5月のプレ甲陽学院中入試で合格点を取れず六甲学院・須磨学園コースに変更するよう言われ、悔しくて何度も塾で泣いた。夏までに戻って来ればいいと言われ、算数の基礎を固めるために、最高レベル演習算数から実戦レベル演習算数に切り替え(最前列をキープすることが目標)、最高レベル演習理科をやめ、その時間に算数の勉強をし、頑張った。しかし体力的に限界が来ていたのと、気持ちの整理がつかず5月後半から6月は志望校別特訓を休んだ。しかしその後も思うように成績は伸びず、第一志望校を六甲学院中に変え、夏休みに突入した。

(夏休み)

 夏期早朝サポートルームは毎日休まず行った。この頃気持ちの切り替えができ、気持ちが楽になったのと、基礎問題が多くなったので宿題をスムーズに回せるようになり、少し自信が戻ってきた。夏期早朝サポートルームでは、志望校別特訓・ベーシック/夏期講習のやり残し・暗記を自分で計画を立てすべて実行できるように心がけた(ベーシックの宿題は夏期早朝サポートルームではしてはいけません)。そして、わからない問題はその日のうちに質問し、わかるようにした。今考えると、この夏期早朝サポートルームの使い方は非常に重要だと思う。夏までに理科の暗記も仕上げておけばよかったと反省している。

 

(志望校別特訓[第V期][第W期])

 国語・理科に加え3科の宿題も加わり、勉強する時間が一層増え、この頃から入試が近いことを感じ始めた。とにかく宿題をこなすのが精一杯でひたすら宿題プリントと向き合っていた。何度も言われた「取れる問題をとれ」「ミスをしない」という言葉の意味も実感するようになってきた。この頃、授業中に頭痛がするようになり、途中で帰宅することが数回あった。頭痛で早退するのが嫌だったので、入試まで週に一回、針治療を続けることになった。おかげで本番までなんとか持ちこたえることができた。

(入試対策)

 初日の過去問で合格点を取ることができ、その後のテストゼミも安定してきていたので自信を持っていたところ、1月1日のプレ六甲学院中入試で最悪な結果を出してしまい、これまでになく落ち込んだ。すぐに矢原先生が飛んできて、声をかけてくれた。「結果があまりに悪すぎるので実力がそこまで下がったとは考えにくい、逆に言えばよい経験をした。あと10日間は切り替えて勉強しろ」と。希学園の廊下で泣きながら先生の言葉を受け止めた。確かに、プレ六甲学院中入試の国語が難しく、それに引きずられ得意な算数までできる問題を落としてしまっていた。それから10日間は無我夢中で、入試対策問題の全てのやり直し・暗記の完成・算数過去問・漢字の砦をした。新しい問題には取り組むなと言われていたので、それまでやった問題でできない問題がないようにと取り組んだ。こんな落ち込んでいる中、海陽中の受験をしないほうがいいのではないか、と思ったが、チャレンジあるのみと言われ、受験することを決めた。結果は合格。この合格が大きな自信になった。海陽中の合格発表から5日間は、もう、やるべきことはない、と自分で思えるくらい、過去に取り組んだ問題をもう一度しっかり取り組んだ。わからないところはすぐにその場で先生に確認し、全てに自信が持てるようになった。

(前日特訓)

 いよいよ前日特訓。激励があり、気持ちが高ぶってきたが、緊張からか頭痛がし、帰宅後すぐ寝てしまい、矢原先生からのおやすみコールはとることができなかった。あとから聞いたら、おやすみコールのときに寝ていた受験生で落ちた子は今までにいない!と言われていたようで、僕だけ不合格にならなくてよかったと思った。その後、起きたのでコースの先生とは話すことができた。北西先生から「合格する人は算数で6割くらい取っている。しかし君の実力では7割取れる」と言われ、安心してまたすぐ寝た。

(試験)

1/13(AM) 六甲学院中(A日程)入試

 いつも通り計算とコラムをしてから集合場所へ向かった。電車の中で大勢の他塾生に会い緊張したが、希学園のバスのあたりに先生がいてすぐに声をかけてもらい、バスの中で先生・友だちと会い少しリラックスできたと思った。とにかく「できるところを取る」「計算ミスをしない」「前の科目のことを引きずらない」「目の前にある試験問題をしっかり解く」を心がけ立ち向かった。休み時間ごとに角谷先生・北西先生と話ができたので心強く毎回切り替えて試験に臨むことができた。寒い中ありがとうございました。
 国語:漢字以外は自信あり。
 算数:解いたことのある問題ばかりで自信あり。
 理科:自信なし(理科開始前の休み時間に藤原先生がきて、「力の矢印、ちゃんとかくように!」とアドバイスしてもらい試験に出たが、自信はなかった)。

 

1/13(PM) 清風中(前期理V・プレミアム選抜試験)入試

 六甲学院中入試の後そのまま谷九教室へ移動した。電車で北西先生に会い、ほっとした。途中の地下鉄では友だちと会い、いつもの塾へいくような感じだった。併願校ということもあり、高得点を取らなければという思いから緊張とプレッシャーがあった。試験会場が暑くて、眠気もあった。試験は簡単だった。

1/14(AM) 須磨学園中(第2回)入試

 朝早くて眠かったが、学校のあの階段で目が覚めた。コースの先生が全員いたので塾みたいだった。ミニ講義で、前日の第1回が非常に難しかった話を聞き、どんな問題が出てもあわてず、取れる問題を取ろうと思った。理科以外は簡単だった。

(合格発表)

 須磨学園中の試験中にwebで六甲学院中の合格発表があったようで、試験終了後待合室に戻ってきたら廊下で母から「六甲合格してたよ」と小声で言われた。うれしくなり「よっしゃー!!」とガッツポーズをしてしまい叱られた。うれしく、その後須磨学園中の第3回の試験を受ける気にならなかったので、お弁当を静かに食べてそのまま試験を受けず帰った。うれしくてうれしくて仕方なかった。webで何度も何度も確認し、実感がよくわかないまま僕の受験は終了した。簡単だと思った清風中は残念な結果だった。翌日、須磨学園中の合格発表もwebで確認したが、合格だった。本当は掲示を見に行きたかった。

 

 僕は西宮北口教室で何度も悔しくて泣きました。でも、最後は泣かずに笑って終わることができました。本当に希学園の先生のおかげだと思っています。成績が下がるとすぐに飛んできて叱咤激励してくれた矢原先生(「よし」と書かれたときには本当にうれしかったです)、最後にスランプになった時に一生懸命アドバイスをくれ、常に試験会場にいてくださった北西先生・角谷先生・三上先生(最後の授業に僕を岡本教室に呼び戻してくれてありがとうございました)、岡本教室でお世話になった小方先生、藤原先生、花崎先生、本当にありがとうございました。一緒に勉強したコースのみんなもありがとう!
 これから受験する皆さんは、塾の課題をしっかりこなし、先生を信じてついていけば合格の道に通じます!! つらいこと・不安なことはたくさんあると思いますが、進むのみです。最後笑顔で終われるように頑張ってください。

 

 希学園で学んだ「あきらめないこと」「希望を持つこと」を忘れずに僕もここからまた頑張りたいと思います。


ページトップへ

  • 毎月第2日曜実施!入塾テストを兼ねる

    公開テストのお申し込みはこちら
  • 希学園の学習システムをまるごと体験

    2週間無料体験入塾のお申し込みはこちら
  • 希学園の詳しい資料をお送りします

    資料請求はこちら
  • 会社概要
  • 採用情報
  • 個人情報保護方針
  • このサイトについて
  • サイトマップ