HOME > 合格体験記 >No.22

合格体験記

2018年春入試 第26期生 合格体験記

この合格体験記は第26期生ならびにその保護者の方の生の声をそのまま掲載しています。
定期的に内容を更新していきます。
「合格体験記集」(冊子)もございます。ご希望の方は、こちらよりお申し込みください。

タイトル一覧へ

2018年12月25日更新

 甲陽学院中学校

さまよった僕を導いてくださった先生方【感謝】

<4年生>

 僕は3年生まで海外で生活しており、塾に通ったことはなく、サッカーばかりしていました。帰国後の4年生夏から他塾に入塾しましたが、式や図などを書いてなくても解けていたので、質を大切にしようという気持ちにはなれませんでした。

 

<5年生>

 他塾には自習室がなく、どうしても家で集中して勉強できないという理由で、夏に希学園に転塾しました。この時はまだまだ受験に興味がなく、「灘すごいから、灘コース?」のような生ぬるい気持ちでした。受験は遠いところにあり、自分には関係がないと思っていました。

 希学園では課題量が多く、それをこなそうと焦る気持ちが優先してしまい、丁寧に問題を読み、条件を整理して解こうとしなかったのですが、その勉強法を直そうとはしませんでした。また、全ての教科においてケアレスミスが異常に多かったです。

 

<6年生>

志望校別特訓[第T期]

 灘コースにしました。ただ、最初からN2のクラスで、灘中入試実戦テストでも不合格でした。僕自身この状態を危機的だと判断し、チューターだった西川先生にコース変更の話をされる前にコース変更すると決めました。これまで理科の授業のほとんどを担当してくださっていた三倉先生が甲陽学院コースを担当されていたこともあり、甲陽学院コースに変更しました。僕は以前から三倉先生の理科の授業が大好きで、いつも適切なアドバイスをしてくださる三倉先生のことをとても信頼していました。なぜか、「灘コースに残りたい」という気持ちよりも「甲陽学院コースがワクワクする」という気持ちの方が強かったです。

 

志望校別特訓[第U期]

 灘コースから甲陽学院コースに変わることになり、灘コースに戻るくらいの勢いでがんばろうと思いました。ところが、この時ベーシッククラスがPC3からPC5へ下がり絶望的状態+最後のプレ灘中入試もE判定と悪く、6月公開テストと合否判定テストの偏差値(3科1型)が55を切るなどダメダメ・・・・・・・・・・ダメ! でした。原因がわからず、そこから目をそむけてしまい、何も対策することができませんでした。

 

志望校別特訓[第V期]
 夏期合宿や夏期激励集会などがあり、成績低迷の原因を探すようになりました。算数のケアレスミスの多さに気づき、質より量を優先させて焦ることにより、丁寧に問題を解けなくなっていたことが原因だと思いました。なので夏休み中、丁寧に式・図などをかき、条件整理することに努めました。その成果か、甲陽学院中入試実戦テストで合格判定となりました。また、僕は公開テストタイプのテストがあまり得意ではなかったのですが、この頃から公開テストの偏差値(3科1型)が上がり始め、60を超える時もありました。三倉先生は「大切なのは自信をなくさないことだ」と、良い時も悪い時もすべて受けとめてくださいました。

 

志望校別特訓[第W期]
 森先生の甲陽学院コース呼び出し講座で算数をみがいてもらったこともあり、これまで悪かった算数の成績がどんどん良くなっていきました。しかし、甲陽学院中入試実戦テストで1位をとったことのある国語がそれと引き換えかのように失速していき、合否判定テストで偏差値が30台になるという事件に! そんな時、三倉先生はチューターノートに「この結果をもとに成長しようと思えるかどうかが大切です」と書いてくださり、精神的にも身体的にも負担がかかっていた僕は、自分をプラスにとらえる大切さを教えてもらい、大きなはげみとなりました。また、3教科全ての成績をそろえることの難しさを感じました。
 算数の呼び出し講座を卒業できたので、矢原先生の国語呼び出し講座へ。国語のケアレスミスはなかなか直りませんでしたが、成果として成績が全体的に上り調子になってきました。この時は、ベーシックのクラスもPC1に上がることができました。
 ところが、12月半ばには学校行事の疲れと気のゆるみから成績が下がってしまいました。甲陽学院中入試実戦テストで合格がもらえず、とても落ち込みました。

 

入試対策
 甲陽学院中入試実戦テストのショックがあったのですが、三倉先生に「まだ、心は折れていません」と言いました。三倉先生を裏切れないという気持ちがあったので、これまでにないくらい一生懸命がんばりました。復習テストや実力テストは安定していましたが、最後のテストのプレ甲陽学院中入試はC判定不合格でした。成績は伸び悩みましたが、最後まで諦めずに勉強しました。

 

前受け入試
VS 北嶺中学校
 初めての入試だったので少し緊張しました。全ての教科において大体手ごたえあり。
 結果 →合格!

 

入試本番
VS 甲陽学院中学校(前日のおやすみコール)
 森先生に「シュート、ゴーーール!」と言ってもらい、気持ちがやわらぎました。また、三倉先生が「甲陽理科をしっかり楽しんでこい!」と言ってくれたので、翌日へのワクワク感もふくらみ、心の余裕も持てました。

 

VS 甲陽学院中学校(1日目)
 寒い中、グランドでその寒さをふき飛ばすような熱いシュプレヒコール(甲陽オリジナル)を行いました。
 国語 まあまあの自信。
 算数 森先生に言われた6割を確実に取りにいけた。自信あり。
 理科 とても難。三倉先生に言われた「楽しむ」の意味がわかった気がした。ただ、楽しめたけど手ごたえがないという複雑な気持ちだった。自信なし。
 休憩時間に他塾の生徒が答え合わせなどをしていましたが、トイレに行って聞かないようにし、平常心を保つようにしました。

当日特訓
 僕は当日特訓に行くのが嫌でした。なぜなら、得意だった理科が予想以上に難しく、自信がなかったので、暗い雰囲気になるのが嫌だったからです。でも、結局授業を受けて気分転換できました。
 1日目と変わらない夜を過ごし、平常心に戻れました。おやすみコールでは笑いを交えながらも1日目のことを忘れて2日目に向けて切り換えができました。理科について三倉先生に聞いてみると、とても難しかったと言ってくださり(ちなみに、後でわかったことだが、中学生レベルの知識がないと解けないレベルの問題だった)、2日目に向けて励ましてくださいました。

VS 甲陽学院中学校(2日目)
 国語 まあまあの自信。
 算数 1日目と同じく自信あり。

 甲陽学院中入試終了後、そこから休む暇なく高槻中へ。会場に森先生がいてくださったので、安心し、とても励みになりました。

VS 高槻中学校(B日程)
 国語 自信あり。
 理科 自信あり。
 算数 疲れていたのか、テスト中に10個以上のケアレスミスをしてしまった。全て気づいて直したが、他にもないか心配。
 結果 →合格!

 おやすみコールでは甲陽式から洛南式へと気持ちを切り替えました。矢原先生から、「受けた学校は全て合格するという気持ちで臨め!!」と言われ、明日は精一杯がんばろうと思いました。おやすみコール後は安心してすぐに眠れました。

VS 洛南高附属中学校(併願)
 プレ洛南高附属中入試で校舎の中に入ったことがあったので、あまり緊張しませんでした。
 国語 少し自信あり。
 算数 自信あり。
 理解 最後以外は自信あり。
 結果 →不合格
 この洛南高附属中の入試は、僕が成長する材料になったと思います。結果は不合格だったけれども、ある程度自信を持って入試を受けられる状態まで成長できたことがうれしいです。

甲陽学院中合格発表会場へ!
 昼食を食べている間も甲陽学院中の合格発表が気になって、あまり食事がのどを通りませんでした。「人事をつくして天命を待つ」のように「ぼけ〜」とすごすしかありませんでした。
 会場の中に入るともう門は開いており、中で何ともいえない雰囲気で待っていました。ちょうど16時に合格発表の幕が開きました。開いた瞬間はよく見えませんでしたが、「297(ニクナ=合格し肉(ニク)食べにいこうな(ナ)!)」を見つけた時は信じられませんでした。その後、一気に安心し、友だちと喜び合いました。

 中学受験を通して学んだことのうち重要なことが1つあるので、紹介しておきます。それは、当たり前ですが「志望校に行きたい」と強く思うことです。僕自身、甲陽学院中の体験授業での大川先生の化学の授業を受けて、甲陽学院中志望の気持ちが強まりました。そこでもらった(というより了承を得て取った)実験用ゴム管のかけらをお守りにしていました。甲陽学院中に合格し、そのゴム管をまた甲陽学院中に持っていこうという願いをこめて…。

 僕は希学園で過ごした1年半で、勉強だけでなくいろいろなことを学びました。決して安定して順調ではなかった僕ですが、希学園を、その先生方を信じたからこそ、合格を勝ちとれたのだと思います。みなさんも希学園を信じてがんばってください。

 最後になりましたが、5年生の時から僕の授業を担当してくださり、チューターではなかった灘コースの時からどんな時も僕のことを信じ、支えてくださった三倉先生、甲陽学院コースの先生方、灘コースの先生方、5年生の時にお世話になった先生方、牧野さんをはじめとした事務の方々、あと、これまで僕をずっと周りで支え、励まし、協力してくれ一緒に泣いて笑ってくれた家族、本当にありがとうございました。

 中学生になっても、希学園で学んだことを活かして、目標に向かって諦めずにがんばっていきたいと思います。

ページトップへ

  • 毎月第2日曜実施!入塾テストを兼ねる

    公開テストのお申し込みはこちら
  • 希学園の学習システムをまるごと体験

    2週間無料体験入塾のお申し込みはこちら
  • 希学園の詳しい資料をお送りします

    資料請求はこちら
  • 会社概要
  • 採用情報
  • 個人情報保護方針
  • このサイトについて
  • サイトマップ