HOME > 合格体験記 >No24

合格体験記

2018年春入試 第26期生 合格体験記

この合格体験記は第26期生ならびにその保護者の方の生の声をそのまま掲載しています。
定期的に内容を更新していきます。
「合格体験記集」(冊子)もございます。ご希望の方は、こちらよりお申し込みください。

タイトル一覧へ

2018年12月25日更新

 四天王寺中学校

目標を達成した喜び

 私はこの春、目標にしていた四天王寺中学校に合格しました。何か少しでも皆さんの役に立てたらいいなと思い、体験記を書かせていただきます。

〈4年生〉
 他の塾から希学園に移りました。兄が通っていたことで入塾しましたが、塾のレベルについていけるか不安でした。私はこの頃学校のバスケットボール部に所属していたので、受験の意識がなく、部活の後の授業はしんどくて宿題もあまりこなすことはできませんでした。

〈5年生〉
 兄の受験が終わり、自分もいよいよ頑張ろうと思い始めました。私は実戦レベル演習算数か最高レベル演習算数か迷いました。でも他の教科の宿題とのバランスを考え、実戦レベル演習算数を選択しました。軽い気持ちで授業を受けていましたが、今では少し後悔しています。また私は先生に質問をするのが苦手で、みんなが質問待ちをしていると余計に質問ができませんでした。そこでお母さんが塾に相談をしたうえで、個別指導のポリックを受けることにしました。算数の質問はそこで解決し、実戦レベル演習算数とベーシックの算数を落ち着いて取り組むようになりました。ところが冬にはマイコプラズマ肺炎で約一週間入院し、体力には不安を抱えていました。

〈6年生〉
-春-
 志望校別特訓を四天王寺コースに決めました。初めてのベーシッククラスはPC5でした。公開テストでは全体的に偏差値が50前後からスタートしました。

-夏-
 夏期激励集会では、みんなの前で「苦手な社会を克服し、四天王寺中学校に絶対合格します」と壇上で決意表明をしました。
 学園長のお話やみんなでのシュプレコールで本当に受験に向き合おうと思いました。夏休みには夏期早朝サポートルームに参加し、長時間の勉強もなぜか苦痛にならず、そこでの自習はとても力になったと感じました。1組をキープし続けたいと思い頑張れました。そのおかげで国語の偏差値が65まで上がりましたが、算数は思ったほど上がらず少し焦りました。ポリックの先生には「ポカミスが多すぎる」と注意され「しっかり気をつけなければ!」と思いました。

-秋-
 夏休みの勢いのまま集中することができていましたが、学校行事や夏の疲れが重なり、またもや肺炎になってしまいました。一週間以上熱が下がらず、全く勉強もできず気持ちばかりが焦っていました。やはり受験をあきらめ、内部進学にしようかと思うほどでした。しかしチューターの小谷先生に「焦らずとにかく今は体を戻すことに専念したら良いよ」と言ってもらえたので、それまでのプリントや問題集を整理し気持ちを落ち着かせていました。2回も志望校別特訓を休んでしまったことはとても怖かったです。

-冬-
 入試対策(第T期)がいよいよ始まりました。入試実戦テストがあり、得意の国語は安定していましたが算数は思うように上がりませんでした。さらに社会はボロボロでしたが、理科が良かったのは救いでした。
 入試対策の席順は算数のテストだけで決まっていたので席は前でしたが、社会は相変わらず思うように点数は取れませんでした。算数のテストゼミは頑張れたので最前列になりました。
 年末年始のプレ入試では英数Tコースだけの合格で、頑張っていたけれど結果が伴わず不安になりました。得意な国語では抜き出しミスが5つあり20点も落としていました。「こんな間違いするやつがおる!!」と先生が言っていたのですが、まさかの自分でびっくりしました。この直前でのミスをきっかけにテストで慎重に素早く解くという意識がますます上がりました。

-入試直前-
 家での勉強時間は少ししかありませんでしたが、寝る前にお父さんと社会の年代や時事問題の覚え直しの反復練習をしていました。この頃より朝型に変えるため可能な限り早く就寝し睡眠時間をしっかりとることにしました。
 受験前日のおやすみコールでは多くの先生方の応援を受けました。算数の木原先生や関先生は「お前はポッカリミスがなければ絶対大丈夫だから!」と言われとても安心して眠れました。

-入試1日目-
 四天王寺中学校(4科)、帝恷R中学校(2科)入試
 (国語)
 全体を見てから説明文の短いものから解きました。ところが最後の問題が難しく、時間が足りず適当になってしまいました。それが少し不安でした。
 (算数)
 全体的にすごく難しいという問題はなく落ち着いて取り組めました。見直し時間も十分に取れ少し安心しました。
 (理科)
 最初の問題は以前に解いたことのある問題だったのでスラスラ解答できました。しかしBからとても難しくなりとても焦りました。わかる問題を先に解き、わからない問題を後で解き直しましたが、この教科が一番難しかったです。
 (社会)
 歴史や地理は大体解けましたが、時事問題が難解でかなり動揺しました。全体的には実力は出せたと思い、午後の帝恷R中学校を受験しました。


-入試2日目-
 帝恷R中学校(4科)、大谷中学校(2科)入試
 前日の算数は難しかったですが、私は2科が得意なので比較的手ごたえはありました。午後の大谷中学校の受験が終わった後に1日目の帝恷R中学校の合格発表があり、「スーパー選抜コースに合格」と結果を知ったときはうれしさのあまり飛び跳ねて喜びました。

-入試3日目-
 四天王寺中学校の合格発表
 合格発表会場にはとてもドキドキしながら会場入りしました。多くの人が会場にあふれ、スクリーンに映し出された番号が見えず、目を凝らしていると自分の番号を見つけました! 何度も何度も見返しました! やったー!! 「夢じゃないよね?」自問自答をしましたが合格でした。
 受験を迎えるにあたって振り返ると、暗記科目を覚え自信をつけた気持ちのまま試験に臨むことが重要でした。また終わった試験のことは考えず、新鮮な気持ちで試験に挑むことも必要だと思います。お父さんには受験に臨むにあたって言葉は言霊なので絶対にマイナスを連想するようなことは口に出さない! と何度もアドバイスを受けました。

〈最後に〉
 この一年は、私の人生においてとても大切な思い出となりました。6年生のほとんどは希学園で過ごしましたが、たくさんの仲間がいたからこそ乗り越えられました。チューターの小谷先生は本当に小さな変化や顔色を読み取り精神的に支えてくださいました。また学園前教室では事務の大垣さん、岩ノ上さんはいつも心配してくれ優しい声掛けをいただきました。その他多くの方に支えていただいたおかげで目標が達成できたと感謝しております。

 希学園の皆さま、本当にありがとうございました!!

ページトップへ

  • 毎月第2日曜実施!入塾テストを兼ねる

    公開テストのお申し込みはこちら
  • 希学園の学習システムをまるごと体験

    2週間無料体験入塾のお申し込みはこちら
  • 希学園の詳しい資料をお送りします

    資料請求はこちら
  • 会社概要
  • 採用情報
  • 個人情報保護方針
  • このサイトについて
  • サイトマップ