希がくれた自信と誇り

希がくれた自信と誇り

灘中学校

タイトル一覧へ

 僕は念願の灘中学校をはじめ、受験校全てに合格することができました。
 僕の体験記が、少しでも後輩の皆さんの役に立てば幸いです。

〈入塾したきっかけ〉
 希学園(以下、希)の授業が面白そうだと思い、算数の授業を見に行きました。授業が終わり、廊下で木原先生と計算の競争をして負けてしまいました。今思えば当たり前なのですが、その時の僕はとても悔しくて、「勉強しないと!」と思ってしまいました(まんまと罠にはまったか???)。

〈2年生〉
 希に入塾し、飛び級で小3ベーシック国語、最高レベル演習算数を受講しました。
 栗原先生の字が綺麗で(今でもコメントをとってあります)、授業が面白かったのを覚えています。この頃に漢検で5級を取り、その後、漢検を4年生まで受け続けました。希では漢検でトロフィーが貰えるので、トロフィー欲しさに頑張りました。週に1回の通塾で、何よりも1つ上の先輩たちが、僕を仲間として快く受け入れてくれたおかげで、楽しく通塾することができました。
 また、面白い算数をしたくてキッズBEEを受けました。決勝に進むことができ、嬉しかったです。イベントは何でも利用した方が、楽しく勉強できると思います。

〈3年生〉
 小4ベーシック全て(補強含む)、最高レベル演習算数、灘クラブ特訓を受講しました。
 プレチューターの矢原先生に「灘中を目指しなさい」と言われ、灘という存在が大きくなりました。
 クラスはずっとPC0を維持できました。これは復習テストをとるために2回目まで取り組んだからだと思います。わからないことは質問したり、自宅で希学園のWEB動画を見たりして理解しました。特に、理科の暗記は3年生の僕にとって知らないことばかりだったのでインターネットで調べた画像と一緒に覚えました(暗記は基礎点になるのでおろそかにしない方が良い)。
 4年生で、希の宿題を回す、自分の勉強のスタイルを作ることは大事だと思います。

〈4年生〉
 小5ベーシック全て、最高レベル演習全て、灘中選抜特訓を受講しました。
 クラスはPC0でした。一度灘中選抜特訓でクラス落ちをし、悔しくて必死に授業を聞くと、元のクラスに戻ることができました。「やればできる」と思えた経験でした。
 また、夏の学園長杯争奪テスト大会で5年生3位になれたことも自信になりました。5年生が受験の基盤だと思い、わからない単元がでないようにいつも質問しまくりました。
 4年生で一番僕を変えた大きな出来事は、全国統一小学生テスト6月の決勝で、アイビーリーグ視察団に選ばれ、アメリカの大学を回り、すごい先生の話を聞けたことです。世界の広さを知ったことは大きな自信に繋がり、将来のことを考えるようになりました。また、この時の仲間は、受験までの長い道のりの中で僕をさぼらせない、一緒に頑張る仲間でした。
 4年生6月しかないこのチャンス。後輩たちにもぜひ挑戦し、体験してほしいです!!

〈5年生〉
 小6ベーシック全て、最高レベル演習理科、志望校別特訓東大寺学園コースを受講しました。
 クラスはPC0でした。相変わらず質問ばかりの僕に、どの授業の先生も熱心に答えてくれました。宿題も普通にこなせていたので、復習テストは安定していました。
 チューターは東野先生でした。受験できない僕にもチューターノートを渡してくれて、胸を張って灘コースに送り込むぞと、毎週コメントを書いてくれました。5年生のうちに東大寺学園中に合格できるまでの力を固めるつもりで取り組んでいました。
 また、全国統一小学生テストでは2回とも決勝に進み、友だちと東大に行くなど、楽しい思い出になりました。
 そして冬。授業が終わってしまった僕は、灘コースと洛南高附属・西大和学園(女子)コースにはさまれた自習室で、松田先生の怒鳴り声とみんなのシュプレヒコールを聞きながら、一人で自習していました。4年間一緒に勉強した友だちから取り残される寂しさと、合格を祈る気持ちと、来年の期待で複雑でした。

〈6年生~春〉
 小6飛び級生ベーシック全て、小6最高レベル演習算数、志望校別特訓灘コースを受講しました(最高レベル演習国語は4月でやめました)。
 クラスはPC0、灘はずっとN0でした。
 飛び級生ベーシック国語では山下(正)先生と二人だけの授業で、国語を鍛えてもらいました。一方、飛び級生ベーシック算数、理科では飛び級生の仲間3人と、併願校のテストゼミで競い合いました。アウトプットの力や時間配分を考える練習になり良かったです。どの講座でもポイントを整理しながら勉強しました。
 チューターは学園長の黒田先生になりました。黒田先生は僕の性格をよくわかってくれて、いつも僕がぎっしり書いたノートに、ぎっしりの返事で返してくれました。入試当日まで続いたチューターノートは僕の宝物になりました。先生との儀式として、テスト前にいつも握手してパワーをもらっていました。そのかいあってか、春の学園長杯争奪テスト大会では1位になることができました。

〈6年生~夏〉
 夏期講習は、昨年ほとんどの講座を受けていたので灘の名がつく講座のみをとり、残りの時間を語句や算数の強化にあてました。
 灘コースの夏期合宿のスピード強化練習は正直きつかったです。思うように進まない焦りがミスをよぶこと、常に冷静でいることの大切さを学びました。最高の集中を体感し、プレ入試に突入しました。プレ灘中入試2位、プレ東大寺学園中入試1位、プレ西大和学園中入試1位、夏の努力が報われほっとしました。
 算数オリンピックは、ファイナルでやりきれない計算ミスをし、メダルを逃しました。
 あと一問の重み、冷静に解くこと! が教訓になりました。

〈6年生~秋〉
 ベーシック灘が始まり、僕は豊中教室のリーダーになりました。
 豊中教室のメンバーはみんな算数がよくできたので、テストゼミで負けないように頑張ろうと刺激を受けました。国語でも全員90点を超え、豊中ラーメンおごりを達成し、みんなで盛り上がりました。
 灘中入試実戦テストも順調。四谷大塚の灘模試も400点を超え、このまま順調に本番を迎えられるとこの時は思っていました。

〈6年生~冬〉
 ずっとやめられなかったゲームをやめました(良い子は真似しないように!)。
 順調だった算数の50分のテストゼミで、2回続けてひどい点を取ってしまいました。自分で何が起こったのかわかりませんでした。ミスを気にしすぎると時間が足りなくなり、焦るとミスが出る。テンポが悪くなり、自分の答案ができなくなりました。これがスランプ? 松田先生には、「今年は19日だし、間に合うから気にするな」と励まされました。

〈入試対策〉
 テストゼミでは、自分で納得のいく点数が取れず、何度も先生に相談しました。
 黒田先生には自分のテストの受け方が本当に正しいのかを細部まで見てもらいました。

〈函館ラ・サール中入試〉
 実はこの前日、算数のテストゼミで3回目の悪い点を取ってしまい、とてつもない不安に襲われました。大丈夫といくら言われても、結果が出ない不安。心配して黒田先生が予定にないおやすみコールをしてきてくれて、遅くまで話をしました。「もしも算数で失敗しても、バランス型でやってきたやろ、誰よりも努力したやろ、ごちゃごちゃ考えずに普通に君らしく受けたらいい、点はあとから必ずついてくる、心配するな…」と。
 この言葉ですべてが吹っ切れました。合格。

〈灘中入試前日〉
 算数の調子が上がってきて、不安がなくなり、ぐっすりと眠ることができました。
 本番の入試で、どんな面白い問題がでるのか楽しみで、わくわくしました。

〈灘中入試1日目〉
 国語…漢字パズルに時間をかけすぎた。まあまあ自信あり。
 算数…過去問に似た問題があった。まあまあ自信あり。
 理科…立体視以外とても簡単。自信あり。
 1日目が終わった後、焼肉を食べてパワーup! 元気に当日特訓に行くことができました。
 算数が例年にないくらい難しかったことがわかり、安心しました。

〈灘中入試2日目〉
 灘コース名物おやすみコールは、みんなの富田先生の物まねで始まります。真面目に一言と佐生先生が、「わからないことをわからないままにしない、そんな子は灘の先生も大好きだから、絶対に灘に行け」と。松田先生には、「今までやってきたことに自信をもって戦ってこい」と。黒田先生には、「君を指導できたことは、先生の誇りです」と言ってもらいました。先生たちの言葉に感動し、絶対に期待に応えようと思いました。
 国語…記述は書ききりました。まあまあ自信あり。
 算数…時間が足りなかったけれど、手は動かし続けました。まあまあ自信あり。

〈結果〉
 感触が良かった理科が悪く、ショックでした。でも、2日目で取り返せました。合格。

〈東大寺学園中入試〉
 国語、理科…簡単でした。
 算数…一問だけ難しかった?
 浅田先生に言われた、東大寺学園コース在籍者としての責任は果たせたと思う。合格。

〈後輩の皆さんへ〉
 「え、これだけ!?」僕が2日間を通して感じた印象です。こんなに何年も勉強してきたのに、たった2日で勝負が決まってしまう。一発勝負のテストで自分の力を出し切ることの難しさを実感しました。この借りは入学してから返したいと思います。これから受験する皆さんは、何が起きても左右されない力をつけるために、頑張ってほしいです。
 僕が自分を振り返って良かったと思うのは、早い時期に灘中を目標と決め、灘中らしい問題を意識して取り組んだことだと思います。
 灘中への道は180人、人それぞれだと思います。飛び級による心の余裕もあれば、前を走り続ける辛さや焦りもありました。自分の選んだやり方を貫いて、頑張ってください。
 灘中で待っています!!

〈最後に〉
 僕を励まし続けてくれたチューターの黒田先生、いつも僕を期待し続けてくれた松田先生、民野先生、いつもわかりやすい授業をしてくれた西川先生、僕のことをよく理解してくれた齋藤先生、三倉先生、いつも面白く僕を笑わせてくれた富田先生、佐生先生、ありがとうございました。
 飛び級生ベーシックの山下(正)先生、留川先生、六波羅先生。東大寺学園コースの平野先生、森下先生、東野先生、浅田先生。栗原先生、矢原先生、坂東先生。書ききれないほどいろんな先生にお世話になりました。ありがとうございました。
 十三教室の枦山さん、川本さん、西宮北口教室の尾高さん、いつも温かく見守ってくれて、ありがとうございました。
 そして本当に最後に、これを読むことのないだろう26期生へ。
 僕の希生活の大半は26期生とともにありました。一緒に勉強してくれてありがとう。
 僕の受験を応援してくれて本当にありがとう。感謝しています。

タイトル一覧へ
お問い合わせ

【受付時間】10:00~18:00
(GW・お盆・年末・年始を除く)

各種お問い合わせ窓口はコチラ