頑固に続けた希生活

頑固に続けた希生活

洛南高等学校附属中学校

タイトル一覧へ

 このたび、私は第一志望校の洛南高附属中学校に合格しました。この結果は希学園がなければ得ることのできなかったものです。
 これから受験をする皆さんの役に少しでも立てばと合格体験記を書こうと思います(私は母に「愛読書は合格体験記ね」と笑われるほど、何かにつけ体験記を読み、先輩方の体験、アドバイスに助けられたので……)

<3年生>
 最高レベル演習算数のみ受講していました。入江先生の授業がとてもわかりやすく、毎週楽しみにしていました。受験については全く意識していませんでした。

<4年生>
 最高レベル演習算数、ベーシック、社会特訓を受講しました。洛南高附属中を目指そうと決めたのは夏休みに見学会に行ったからです。そこで見た映像に映る生徒のみなさんが楽しそうで「ここに行きたい!」と思いました。
 ただ、宿題にダラダラ時間をかけすぎていて、プレチューターの川上先生から何度も注意を受けていました。4年生であそこまで注意されていた人はいないと思います。きちんと時間を決めて取り組む、てきぱきとする習慣をつけてください(言われなくてもきちんとできている人が多いかもしれませんが…)。

<5年生>
 4年生で都道府県を必死に覚えたことが吉と出て、社会が得意になりました。また、プレチューターでもあった北川先生の授業がわかりやすく、歴史も好きになりました。
 初めて受けたプレ洛南高附属中入試はA判定で少し自信になりました。

<6年生>
 チューターは国語の先生になりました。4、5年生で受けていた最高レベル演習算数、ベーシック、社会特訓に、最高レベル演習国語と志望校別特訓(洛南高附属・西大和学園(女子)コース)が加わりました。帰宅する時間が遅くなり、初めの頃は疲れてしまってすぐ寝てしまっていましたが、志望校別特訓の宿題が不十分な仕上がりになってしまい、反省。帰宅後にも取り組みましたが、朝、学校に行く前に少しでも終わらせるようにしました。
 公開テストなどの直しは、算数と国語は先生に提出して見てもらいました(本当は理科も社会も出すべき)。びっくりするくらいたくさんのコメントを問題ごとにつけてくださいます。宿題でいっぱいいっぱいになってくると思いますが、頑張って直しをして先生にみてもらいましょう!!
 6年生から国語が得意になってきました。
 第1回合否判定テストでは上位に入り、国語の先生からは「部分点をかき集められているのですばらしい!」と言われ、とても嬉しかったです。

 夏! 夏期激励集会がありました。絶対行った方がいいです。行けばやる気スイッチが入ります。学園長杯争奪テスト大会では盾をもらい、お盆のプレ洛南高附属中入試ではA判定、安心しました。ここから成績が下がるとは知らず……。
 第3回合否判定テストでは、得意の国語で大失敗。洛南高附属中D判定。悔しくて直しをして国語の先生に見てもらいました。私の直しと同じくらいの量のアドバイスと「最大の目標は10/28(洛南高附属中で行われるプレ洛南高附属中入試)です。おもいっきりやりかえそう!! ガンバレ」と書いてくださり、切り替えたつもりでしたが、11月まで洛南高附属中入試実戦テストやプレ入試でB判定が続きました。特に算数が悪く、見直しをすれば防げたようなミスもしていました。見直しを絶対する!! と思い、この時期から本番まで見直し時間は必ず取りました。それでも算数の成績が下がったので、東野先生に相談しました。そこで、先生に言われた通りのことをして、宿題やテストの質問に何度も行くようにしました。
 今度こそは! と臨んだ12月の洛南高附属中入試実戦テストでは、女子2位! 特に国語が良かったのと、算数も初のA判定!
 辛い秋でしたが、なんとか年内に自信を持つことができました。

○入試直前にすべきこと
 ・理科と社会の暗記もの、国語の語句に目を通す(繰り返される暗記テストのおかげでだいぶ頭に入っていると思います)。
 ・得意科目をして自信をつける。
 ・算数の最後の総まとめと理科の特別プリントは絶対にする。苦手な人ほど必ず。わからなければどんどん質問へ行く。私はこれをやって、成績が上がりました。

ついに入試本番!
~1月9日 愛光中~
 他の受験生が前の教科のことを話していましたが、聞かないようにしていました。休憩時間ごとに会場を出されるので、母のいる部屋に行き、フルーツを口に入れたりできました。
 結果:合格

~1月19日 高槻中~
 国語が簡単でしたが、実際の点数は平均点を少し下回っていました。できたと思っていただけに怖いと思いました。
 結果:合格
 ホームページで合格を確認して嬉しかったですが、洛南高附属中前日特訓に行ける! という安心の方が大きかったです。洛南高附属中に合格することしか考えられませんでした。

○おやすみコール
 緊張と不安の波がおそってきて、ため息ばかり出ていましたが、おやすみコールで先生方から「頑張ったのだから大丈夫!」「心配していない」「不安を一人で抱え込まないように」「少し緊張するのが一番良い」などのお言葉をもらい、不思議と緊張がスーッとなくなりました。電話を終えて部屋を出ると父と母が「さっきまでと全然顔が違うね。電話よかったね」と笑っていました。

~1月21日 洛南高附属中~
 朝はとても早いですが、ミニ講義ではそれまでで一番熱いシュプレヒコールをして気合いが入りました。
 国語:問題をめくるまで緊張していましたが、いつも通り解けました。100点は超えたかな。
 算数:大問2からわからない! でも1回とばして戻ったら解けました。後半にかなり難しい問題がありました。一応すべて解きました。
 理科:まさかの電気。驚いたけれど、竹内先生の「電気が出たらみんなも驚いているから」という声を思い出し、落ち着いて臨めました。
 社会:普通。
 できなかった訳ではなかったけれど、手ごたえもありませんでした。

~1月21日午後 京都女子中~
 かなり疲れていて、体力的にしんどかったです。
 結果:合格

~洛南高附属中 合格発表~
 とても不安だったし、唯一の学校掲示での発表で、家ではずっとため息をついていました。発表の15時より前に着きましたが、校門のずっと手前で無表情で歩いてくる人とすれ違いました。母が「もう発表されているみたいだね」と言うのでどんどん緊張が増しました。校門からは小走りで掲示板に向かいました。真正面にあると思ったら左側に貼り出されていました。おそるおそる見ると……合格でした!来てくださっていたたくさんの先生方に報告しました。本当にほっとして、とにかく嬉しかったです。

最後に
 私は6年生になっても相変わらずマイペースで、かつ頑固でした。特に国語は「評価はBで良い!」と何回も言われるほど、学習欄に時間をかけ、こだわって力を入れていました。私の宿題の仕方は『頑固おやじのこだわりラーメン』と国語の先生に呼ばれるほど。でも今でもそれが国語がのびるきっかけになったと思っているので、私は相当の頑固者です。
 それでもチューターの国語の先生をはじめとする先生方は一貫して私を「信じている」と言ってくださいました。チューターノートや宿題プリントに書かれる優しいコメントを読んで正直「叱られると思ったのに」と思う日もありました。先生との話やコメントから勉強だけでなく、大切なことをたくさん教わりました。ありがとうございました。
 そして、いろいろ迷惑をかけたけれど最後まで支えてくれた家族、本当にありがとうございました。

タイトル一覧へ
お問い合わせ

【受付時間】10:00~18:00
(GW・お盆・年末・年始を除く)

各種お問い合わせ窓口はコチラ