目標に向かって

目標に向かって

東大寺学園中学校

タイトル一覧へ

 僕は希学園のおかげで第一志望校の東大寺学園中学校に合格することができました。希学園で過ごした3年間を振り返ってみようと思います。これから入試を迎えるみなさんのお役に立てば幸いです。

<4年生>
 兄が希学園に通っていたので、公文をやめて入塾することになりました。宿題はそれほど多くなく、楽しく通っていました。公開テストや習熟度確認テストで良い成績がとれたことが何度かあり、自信になりました。受験についてはぼんやりとしかとらえていませんでした。

<5年生>
 プレチューターは沖先生になりました。ベーシック・最高レベル演習算数・社会特訓に加え、最高レベル演習国語と灘中選抜特訓を受講しました。国語の成績は伸び悩んでいましたが、算数は先生の授業がわかりやすくてだんだん成績は上がっていきました。プレ灘中入試も受けましたが、体調不良になってしまい、合格をもらうことができませんでした。「灘中は難しすぎる」という考えがあったからかもしれません。社会が好きだったこともあり、僕は東大寺学園中に4科で挑もうと決意しました。

<6年生>
 チューターは入江先生になりました。

【志望校別特訓[第Ⅰ期]】
 志望校別特訓の内容はそれほど難しくなく、宿題もまだ楽でした。でも「簡単だからこそ、なぜそうなるのかを意識して取り組むことが大切」と森下先生にコメントをいただきました。国語では要約の宿題が出され、先生の丁寧な添削もあってか苦手だった国語の成績も落ち着いていきました。
 第1回学園長杯争奪テスト大会がありました。学園長が「このテストは入試と全く同じ状況」と言っていました。僅か数点で盾の大きさ、トロフィーの大きさが変わってくるという、厳しいものだとよくわかりました。皆さんもぜひ受けてみてください!(僕は盾をもらうことができませんでしたが…)

【志望校別特訓[第Ⅱ期]】
 夏期激励集会が開催されました。「受験の天王山」と呼ばれる夏に向けて、気持ちを高めるためにある集会です。一人一人が決意表明をするので、とても緊張しました。でも、卒塾生の映像や先生たちの熱い熱いシュプレヒコールで「絶対合格する」という強い気持ちを作ることができたと思います。
 夏期早朝サポートルームには毎日行くわけではなく、曜日を決めて行くようにしてメリハリをつけました。あと、夏期早朝サポートルームではベーシックの宿題をしないでください。夏休みが終わった後宿題が回らなくなってしまいます。
 この頃はまあまあ調子がよく、公開テストや合否判定テストでは納得のいく成績をとることができました。塾にいる時間が長くなったからかもしれませんが、母から「集中力がついたね」と言われました。夏の勉強の成果が表れたのだと感じて、うれしくなりました。

【志望校別特訓[第Ⅲ期]】
 第2回学園長杯争奪テスト大会が開催されました。グループで3位になりました。念願の盾がもらえてうれしかったです。その後、東大寺学園/甲陽学院/大阪星光学院・西大和学園(男子)コース合同の夏期合宿がありました。前からこの合宿はとてつもなく厳しいものだと思っていました。バスの中でも心臓はバクバクしていて、2泊もするのか…と思うと悲しくなってしまいました。すぐ会場についてしまいました。勉強のことだけではなく、自分でスケジュールを管理したり、自力で起床したりするなど、人間としての力をつけることも求められる、とても厳しいものでした。でも合宿に参加したことで集中力は格段にアップし、特別授業では普段しないこと(国語…文章の大事なところを覚えて問題を解くなど)をして、僕にとってはとても効果のあるものでした。ただ、合宿明けのプレ入試では全て合格したものの、計算ミスをしたり、時間配分をミスしたりして、悔いの残る結果となってしまいました。
 夏休みが終わり、宿題を回すのがしんどくなってきました。志望校別特訓の宿題を前日の最高レベル演習の自習時間に仕上げることが多くなり、自転車操業の状態でした。テキストの問題も過去問が多くなり、入試までの残り時間が減ってきていることを感じさせられました。でも頑張って宿題ではB判定以上をもらえるようにしました(再提出になると宿題が増えて、また再提出をもらってしまいさらに宿題が増え…という悪循環に陥ってしまいます)。10月からはベーシックPも始まり、毎日テストゼミに取り組むようになりました。テストゼミや復習テストの分析は忙しくても欠かさずするようにしてください(一つ一つのテストを大事にして、自分の力にするためです)。22時30分まで自習するさらなるサポートルームというものも始まりましたが、就寝時間が遅くなるので行きませんでした。塾が自宅から遠い人はよく考えて行くか行かないか決めましょう。

【志望校別特訓[第Ⅳ期]】
 11月中旬に風邪をひいてしまいました。志望校別特訓やベーシックPの宿題は終わらず、がっかりしました。体調不良になってしまったときは無理して宿題を終わらせようとするのではなく、ゆっくり休むことが大切です。宿題はますます難しくなり、うんざりしました。でも志望校別特訓もあと少しだと思って頑張りました。

【入試対策(第Ⅰ期)】
 ベーシックPが終わり、入試対策が始まりました。毎日谷九教室に通うことになり、大変でした。実際の過去問を使用したテストゼミを行い、入試に通用する力がだんだんとついてきたのではないかと思うようになってきました。宿題は頑張ってその日のうちに終わらせるようにしました(次の日がまた同じ教科、という時もあるので)。また、風邪やインフルエンザにかからないようにするため、手洗い、うがいをしっかりとして、R-1も毎晩飲むようにしました。
 12月31日、大晦日激励集会が開催されました。最後まで諦めずに頑張りぬこうと思いました。

<三が日のプレテスト> → 直しはしっかり取り組みましょう!
 1月1日 大阪星光学院中 A判定 合格
 1月2日 西大和学園中  A判定 合格
 1月3日 東大寺学園中  B判定 合格
 プレ東大寺学園中入試の算数は手ごたえがなく、偏差値39をマークしてしまいました…。算数でこんなに悪い点数を取ってしまったので、とても不安になってしまいました。最初の計算問題でミスをしていたので、本番では絶対にミスをしないと肝に銘じました。

【入試対策(第Ⅱ期)】
 この時期から、十三教室での受講も可能になりました。入試に向かうためのラストスパートをかけるため、大量の課題をもらっていました。過去のテストの直しもしていました。先生に「残りの日数は少ないけれど、すごく伸びる」と言われました。この言葉を胸に、最後まで頑張りました。

《入試本番》
〈1月9日 愛光中〉
 会場が暑かったです。初めての入試で緊張していました。
 国語…普通。時間がギリギリ!
 算数…最後の大問が難しかった。他は簡単。
 理科…とても簡単!
 社会…簡単。
 結果…合格。この調子で全部合格しよう、と思いました。

〈1月19日 大阪星光学院中〉
 谷九教室から歩いていきました。入江先生の熱いシュプレヒコールで気合いが入りました。
 会場では、友だちが同じ教室にいたので心強かったです。
 国語…入試対策で取り扱った文章が出た! 記述も全て書くことができた。
 算数…簡単! でも、場合の数の問題の答えが5ケタになったので不安だった。
 理科…普通。昨年よりは難しくなっていた気がする。
 社会…簡単! 用語解答問題も書くことができた。
 結果…合格。進学先が見つかって、ほっとした。

〈1月20日 西大和学園中〉
 当日特訓で平野先生から段落整序問題のコツを教えていただきました。学校へ向かう電車の中で大阪星光学院中の合格を知りました。おかげで落ち着いて受験することができました。
 国語…難しい。文章が読みにくく、段落整序問題もあっている気がしない…
 算数…簡単! 基本的な問題が多く、最後の大問にたっぷり時間をかけることができた。
 理科…普通。文章が長い、面倒な生物の思考問題がなかった。過去問では時間が余ることはなかったのに、珍しく時間が余った!
 社会…ページ数が多くなっていたような気がした。簡単!
 結果…合格。あと、問題の訂正が多かったです。慌てず、落ち着いて対応しましょう。
 会場を出ると、暗い中人でごった返していました。母を見つけられず、10分ぐらいうろうろしていました。受験する人は待ち合わせ場所を決めておいた方がいいと思います。
 ホテルに着いたのは21時頃でした。おやすみコールではたくさんの先生とお話ししましたが、夜はなかなか眠れませんでした。蒸気でほっとアイマスクをして、やっと眠ることができました。

〈1月21日 東大寺学園中〉
 友だちと同じホテルに泊っていたので、朝食を一緒に食べました。緊張していたけれど、おしゃべりしながら会場に向かったので、だんだんとほぐれていきました。
 バスを降りると、青い服を着た希学園の先生が出迎えてくれました。座布団カイロ(タオルみたいなものにカイロをくるんだもの)がありましたが、全然温かくなりませんでした。
 ミニ講義が終わり、最後のシュプレヒコールが始まりました。先生たちが一生懸命応援してくれている姿を今でも思い出すことができます。気合いが入り、いざ決戦!!
 国語…簡単! 大晦日特訓で配られた漢字のプリントから何個か当たった!
 算数…少し難しい。お正月のプレ東大寺学園中入試よりは簡単だった。60点くらい?
 ~昼食~
 ミニ講義を聴きながら食べました。あと半分残っているので、気を抜かずに頑張ろうと思いました。
 理科…普通。電気の難しい問題がなかった。なんとなくお腹が痛かった。
 社会…簡単! 用語解答問題が増えていた。
 やっと終わった。長かった…。

〈1月23日 東大寺学園中 合格発表〉
 発表の20分前くらいに東大寺学園中についてしまいました。20分はとても長く感じました。
 午前11時、番号が掲示されました。僕の番号(1089)はそこに…あったー!!!!!!
 灘中選抜特訓でお世話になった松田先生とビデオに映りました! 今までの努力の甲斐がありました。本当にうれしかったです。共に頑張ってきた友だちとも喜び合いました。最高の時間でした。

<最後に>
 僕が合格を勝ち取ることができたのは、応援し続けてくれた先生たちのおかげです。僕を最後まで支えてくださったチューターの入江先生、厳しい時もあったけれど、わかりやすく面白い授業で僕を成長させてくれた森下先生、平野先生、浅田先生、その他東大寺学園コースの先生方、宿題プリントのコメント欄に毎回励ましの言葉を書いてくださった優しい民野先生、ベーシック算数の授業を2年間担当してくださり、僕の悩みを解決してくださった飛松先生、わかりやすい授業で入試本番も励ましてくださった学園長、楽しい授業の沖先生、富田先生、今まで本当に本当にありがとうございました。また、十三教室、谷九教室、西宮北口教室の事務員さん、お世話になりました。

<これから入試を迎えるみなさんへ>
 先生を信じて、宿題をきちんと理解できるまで取り組めば大丈夫です。また、「○○中学校に絶対合格する」という気持ちを持つことも重要です。僕はベッドの脇に「東大寺学園中 絶対合格!」と書いた紙を貼っていました。
 最後まであきらめずに頑張ってください! 東大寺学園中で待っています。

タイトル一覧へ
お問い合わせ

【受付時間】10:00~18:00
(GW・お盆・年末・年始を除く)

各種お問い合わせ窓口はコチラ