たゆまぬ努力

たゆまぬ努力

灘中学校

タイトル一覧へ

 この度、僕は第一志望校であった灘中学校に合格しました。少しでも後輩の皆さんの役に立てればと思い、合格体験記を書くことにしました。

〈3年生〉
 夏休みに算数の体験授業を受けに行きました。そのとき教わった算数の先生の授業が面白かったので、ベーシック算数のみで希学園に通うことにしました。
 11月に入塾してからは通うのが楽しく、宿題も2回目まで取り組んでいました。受験はあまり意識していませんでした。

〈4年生〉
 ベーシック(補強除く)と、灘クラブ特訓を受講。プレチューターは東野先生でした。はじめの頃は国語の学習欄の書き方がわかりませんでした。しかし、どうしてその答えになるのか筋道を立てて考えることで、No.5ぐらいから書けるようになりました。習熟度確認テスト直前には計画を立てて復習し、十傑に入ることができました。計画は大切です。僕は一週間の予定を立てて勉強していました。
 東野先生には、公開テストが悪かったときでも励ましていただき、塾に楽しく通うことができました。また、藤原先生の授業が面白く、理科が好きになりました。この時期は、楽しく通えることが大事だと思います。
 4年生の最後の頃に、習っていたそろばん教室で珠算1級を取りました。計算力、集中力が鍛えられ、これが計算大王に役立ちました。

〈5年生〉
 ベーシック、最高レベル演習理科(東野先生が理科を優先しろとおっしゃったので)、灘中選抜特訓を受講。プレチューターは入江先生になりました。サポートルームのときに灘プリントの解説をしていただいたことで、算数が好きになりました。宿題の量は少し多くなりましたが、サポートルームで進めることができました。
 7月にプレ灘中入試を受けました。結果はC判定。特によかった教科がなかったのが残念でした。そして矢原先生に新聞コラム読みを勧められました。これは5年生の最後まで続けました。
 夏休みに出る毎日の課題は、予定を立ててコツコツこなしました。また、「中学への算数ステップアップ演習」を買って取り組みました。
 9月、最高レベル演習算数を受け始めました。相似の単元になると急にわかりにくくなったからです。第一講義で平面図形の復習をしました。
 また、この月の公開テストで初の1位を取ることができました。入江先生にもほめていただきました。
 11月、最後の習熟度確認テスト。学校行事の後に行ってかなり疲れていました。が、国語と理科が100点で、1位を取ることができました。5年生でも復習を続けていたので、結果につながったと思います。この1年で、理科は4回とも1位を取れました。これはとてもうれしかったです。
 冬休みは6年生に向けて課題を片づけました。長期休みは計画性が大切です。しっかり予定を立てましょう。
 1月のプレ灘中入試はA判定13位で、少し安心しました。

〈6年生春〉
 ベーシック、最高レベル演習算数・理科、志望校別特訓灘コース、灘中トップ合格養成講座を受講。チューターは富田先生になりました。授業はいつも面白かったです。
 志望校別特訓の宿題はとても多く感じました([第Ⅲ期]に比べるとそうでもなかったのですが)。灘コースの語句テキストが後々役に立ちました。この頃は基本をしっかり固めましょう。
 2月27日18時57分。僕の耳に全国一斉休校の知らせが入ってきました。当然希学園の授業もストップ。暫くはウェブでの授業となりました(休校期間中での勉強法は今はあまり役に立たないのですが、長期休みの勉強法として書かせていただきます)。予定表を使って勉強しました。
 3月中旬。希学園での授業が再開。学校は休みなので、時間はありました。そこで志望校別特訓の宿題も終わらせていました。春期講習では、灘中に大切な考え方を学ぶことができました。
 4月7日。兵庫県にも緊急事態宣言発出。また希学園での授業がストップ。今度はZoomでの授業が始まり、新鮮な授業を受けることができました。松田先生の早口言葉が面白かったです。

〈6年生夏〉
 ゴールデンウィークのプレ入試はなくなり、引き続き授業が行われました。
 5月21日に緊急事態宣言が解除され、24日にプレ灘中入試が1日に圧縮されて行われました。結果はおそらく1年間で最もいいA判定4位でした。が、学園長とZoom上でカウンセリングをしたときは、算数Ⅱが悪いと言われてしまいました(実際悪かったです)。
 志望校別特訓[第Ⅱ期]では、「灘中テスト集」という算数の教材への取り組みが始まりました。一発で合格することがなかなかできず、苦しみました。また、時間があるという環境に慣れてしまったのか、宿題を回すことが少し苦しくなりました。それでも、授業を休みたいなどと思うことはありませんでした。
 夏期激励集会では、学園長と卒業生の話があり、夏期講習に向けて気を引き締めました。卒業生のハイライトDVDでは、合格した人の笑顔を見て、自分もそうなりたいと思いました。
 その日の午後は、希学園の本社のある梅田センタービルでスピード強化演習をしました。最初の算数ではなかなか思うように進まず苦しみましたが、松田先生に励ましていただき、理科を猛烈な勢いで進めて、最初にノルマを達成しました。その後も進めていき(三倉先生に「また来たか、早すぎるぞ」と笑顔で文句を言われました)、完全終了を達成しました。富田先生にほめていただきました。このときは1時間がとても短く感じました。

〈6年生夏期講習~秋〉
 志望校別特訓[第Ⅲ期]は宿題が多いだろうと思い、やや警戒をして臨みました。時間はとても短く感じました。が、宿題の量が2倍になっており、途方に暮れました(ただし、夏期早朝サポートルーム開室時はやや余裕を持って回すことができました)。
 第2回プレ灘中入試。富田先生に「楽しんでおいで」と言われて臨んだその結果はまさかの5点差合格のC判定。特に算数がひどいものでした。その翌日に松田先生に直しを提出しました。先生には、「100点を取るテストじゃない」「序盤は飛ばし飛ばしやる」とアドバイスをいただきました。また、国語と理科の直しも同じ週に提出し、次の灘中入試実戦テストで頑張ろうと思いました。そのテストではB判定10位で少し安心しました。
 シルバーウィークには夏にできなかった合宿にかわるイベントが圧縮して行われました。学園長の「学力を伸ばすためのきっかけにしてほしい」というお話に感銘し、それを意識して2日間臨もうと思いました。
 難問耐久力演習では、人に伝わるように説明するのが難しく、自分は今まであいまいに理解していたんだなあと感じました。その後の確認テストでは、グループ総合で1位を取ることができ、驚きました。
 口頭暗記テストでは、問題文を一字一句逃さずに聞くことが難しかったです。皆さん、人の話や問題文はゆっくり聞いたり読んだりしましょう。

〈6年生ベーシック灘後〉
 ベーシック灘が始まり、僕は岡本教室のリーダーに指名していただきました。しかしリーダーとしてどうすればいいのか悩みました。富田先生に相談すると「時間の使い方、テストへの臨み方の姿勢を実際に見せること」と言われ、どれだけ苦しくても逃げずに取り組もうと思いました。
 ベーシック灘では毎回テストゼミが行われ、僕は語句テストと理科はほぼ教室トップ3でしたが、算数は低空飛行でした。しかし、サポートルームでのカウンセリングで、ミスの防ぎ方が少しずつわかりました。国語Ⅱの調子は上がっていきました(僕は灘中の国語が一番得意です)。
 一方、この頃から宿題を回すのが少しきつくなりました。国語は富田先生と相談して、少し軽めにしてもらい、志望校別特訓の算数の2回目や、理科の考察に力を入れました。
 しかし、11月の志望校別特訓の算数の復習テストで、2回続けてひどい点を取ってしまいました。松田先生には「力はあるから」と励ましていただきました。問題文をこれでもかというほどゆっくり読んで、線引きも徹底しました。そうすると、少しずつミスが減っていきました。しかし、当然ながらこの失敗が響き、12月の志望校別特訓のクラスは初めてN1に・・・・・・・・。富田先生には「気にしなくていい。今できることを積み上げるだけ」と励ましていただきました。このとき、必ず元の成績に戻ると心に決めました。
 12月には毎日塾に通うことになり、かなり大変になりました。松田先生、黒田学園長の分析は自分の弱みを知るきっかけになりました。志望校別特訓の算数も持ち直していき、1月最終クラスはN0に上がり、総合成績3位で終えることができました。白いハチマキに印字されていた「絶対合格」の文字を見て、入試は近いんだなあと思いました。

〈入試対策~年末〉
 入試対策では、より一つ一つのテストゼミの重みが増してきました。問題の難度は上がり、しかしその分、力がついたことが実感できました。朝に1日の目標を立てて、それを意識しました。
 算数では、またもやミスが増えてきました。学園長には、「問題を読むスピードがまだ速い。一つ一つかみ砕いて読むようにしろ」と言ってもらいました。国語、理科は安定していました。この時期は「いいときの成績を安定させること」を大切にしていました。敗因だけでなく、勝因も分析することが大切です。
 大晦日激励集会では、入試の実際のデータを見ることができました。そこで、合格最低点の近くにたくさんの人が集まっていることがわかりました。一発勝負でどれだけ点数を積み上げられるかが重要であることがわかりました。この日の夜は入試前日と同じように過ごしました。先生からも言われますが大晦日にテレビを見てはいけません。

〈年が明けて〉
 正月三が日はプレ入試が立て続けに行われました。プレ灘中入試は、それほど失敗しなかったという感覚でした。結果はB判定12位合格。十傑に入れなかったのが悔しかったです。プレ西大和学園中入試は1位、プレ洛南高校附属中入試は4位でした。
 入試直前には、Zoomでの自習が始まりました。佐生先生にもらった理科の追加教材や、国語のラケダイモンをやりました。理科の追加教材は、三倉先生の若いときの画像の表紙が面白かったです。自習室で、最後の追い上げをすることができました。

〈函館ラ・サール中〉
 朝は早かったです。希学園の先生に激励してもらってから臨みました。希学園の子が多かったので安心できました。
 国語     語句の大問がない! 普通。
 算数・理科  簡単。自信あり。
 郵送で来た入試結果を見ると、1位で合格していました。とても驚き、入試本番でこの結果は自信につながりました。

〈入試前日〉
 平日だったので、特別な緊張はありませんでした。国語では、もう一度1日目の取り組み方を確認することができました。理科は「予言」と書いてあったので、集中して授業を聞きました。算数は学園長に灘中の予想問題を授業していただきました。
 そして集会。いろんな先生にお話をしていただきました。マスクを二重にして、「合格するぞ!」とシュプレヒコールをしました。富田先生には、また「楽しんでおいで」と言われました(実は夏のプレ灘中入試のことがあり少し心配…)。算数の1日目の練習用テストでは80点台を取れ、やや自信につながりました。
 おやすみコールは富田先生からかかってきました。国語の注意点を確認し、早めに寝ました。

〈いざ出陣! 灘中入試〉
 ミニ講義の動画を見てから行きました。激励場所に寄って、いろんな先生から激励を受けました。校門前はたくさんの人がいてかなり騒がしかったですが、落ち着こうと心がけました。教室に入ってから、学園長からのメッセージを読みました。

(1日目)
 国語Ⅰ やや自信あり。
 理 科 簡単になるといわれていたが、簡単すぎた。暗記も多く、灘中っぽくなかった。自信はある。
 算数Ⅰ 昨年は簡単だったので、警戒して臨んだら簡単だった。やや自信あり。

 昼食を食べてから、当日特訓に向かいました。富田先生が出迎えて検温をしてくださいました。集会では、「今日は差はついていない」と松田先生がおっしゃり、2日目勝負だと気を引き締めました。おやすみコールでは富田先生と学園長と話しました。

(2日目)
 この日もミニ講義の動画を見てから激励場所に行きました。民野先生には「絶対に灘中に行け!」と言われました。
 算数Ⅱ やはり難しかった。普通。
 国語Ⅱ 5行の記述が見えてびっくり! 割ととけた? やや自信あり。

 午後から西大和学園中に移動。それほど疲れなかったです。

〈西大和学園中入試〉
 国語 簡単。自信あり。
 算数 難問が少しあった。普通。
 理科 割とすらすらとけた。自信あり。
 結果 合格

 洛南高附属中入試のために、京都へ移動。おやすみコールで、富田先生は「気を抜かずに頑張れ」と言ってくださいました。

〈洛南高附属中入試(併願)〉
 国語 いつも通り。普通。
 算数 壊滅的。自信のある問題がほとんどない…。
 理科 最後の力学が激ムズ。やや自信なし。
 これまでで最も手ごたえが悪かったです。
 結果 不合格

〈灘中入試合格発表〉
 住吉には雪が舞っていました。今年は発表が1日遅く、自分の目で確かめたくて出願していた学校を受けずに、母と見に行きました。早く並びたくて45分前に着くと、列の所で学園長と偶然会ったので、学園長と一緒に並びました。後ろには長い列ができていました。富田先生が一番前に並んでいたので安心しました。
 5分ほど遅れて体育館の扉が開きました。走って見に行くと、僕の番号314番が目に飛び込んできました。学園長と一緒に喜びました。結果を民野先生と見ると、国語はしっかりとれていました。算数は2日目が受験者平均点を下回っていました…。理科は合格者平均点と同じぐらいでした。仲間と合格を確認し合い、先生に報告しに行ったときは純粋に嬉しかったです。

〈おすすめの勉強法〉
 ・入試は最高でも70分程度。こまめに時間を区切り、その時間枠では全集中してやる。
 ・暗記物は関連づけて覚え、語呂合わせや丸暗記に頼らない。
 ・机を整理して勉強する。
 これは早いうちから習慣づけることをお勧めします。

〈最後に〉
 いつも面白おかしく授業を進めてくださり、チューターとして最後まで見守ってくれた富田先生(トミー)、テストをしっかりと分析してくださり最終的には算数で負けないようにしてくださった松田先生、ミスに対して熱心に対応してくださり入試は甘くないということを教えてくださった学園長、理科をさらに伸ばしてくださり面白い表紙になってくれた三倉先生、その教材を作ってくれた佐生先生。 優しく教えてくださった民野先生、いろんなテストをしっかりと分析してくださった飛松先生、理科をほめてくださった西尾先生、国語の問題の解き方を教えてくれ、点数が取れるようにしてくださった齋藤先生、中川先生、いろんな雑学を教えてくださった山下(正)先生、4・5年生で教えてくださった入江先生、東野先生、矢原先生、坂東先生、藤原先生、小方先生、三上先生、本郷先生、角谷先生、中西先生、そして僕をサポートしてくれた家族、共に走った29期生の仲間、岡本教室、西宮北口教室、十三教室の皆さま、本当にありがとうございました。希学園は最高の塾です。この思い出は一生忘れません。後輩たちの健闘を祈ります。

 絶  対  合  格 !

タイトル一覧へ
お問い合わせ

【受付時間】10:00~18:00
(GW・お盆・年末・年始を除く)

各種お問い合わせ窓口はコチラ