楽しかった希学園!

楽しかった希学園!

神戸女学院中学部

タイトル一覧へ

 私はこの春、神戸女学院中学部に入学します。
 希学園に感謝の気持ちを込めて、第一志望校合格までの道のりを振り返りたいと思います。

〈4年生〉
 まだ受験についてぼんやりとしか考えておらず、習い事も続けていました。
 クラスはベーシックがPC3、社会特訓が1組からのスタートでした。授業は毎回楽しく受けていましたが、この時の宿題プリントの完成度は低いものでした。国語では学習欄に何を書いてよいのかわからず空欄のまま提出、日々の計算は毎日コツコツすることで計算力が上がると聞いていましたが、塾の前に慌ててまとめて取り組むことが多く、間違った問題もそのままにしていました。努力しなかったので、ベーシックの成績はほぼ横ばいでした。そして公開テストや習熟度確認テストになると、算数の計算ミスが目立つようになり、1問目から計算ミスで点数を落とすことも多く、自分ではできた感覚があっても結果はミスを連発していて点数が思うように取れませんでした。自分の弱点に気づき始め、何とかしなければ! と4年生の最後の頃に思いました。

〈5年生〉
 4科の中で特に算数が足を引っ張っていたので、母がプレチューターの先生に相談し、実戦レベル演習算数を土曜日に受講することにしました。ピアノと習字は続けましたが、他の習い事は終わりにしました。実戦レベル演習算数は繰り返し習った単元を復習するため、1年間続けることで忘れていた単元を思い出し、基礎を固めることができたように思います。解ける問題が増えてきたので、だんだん算数が好きになっていきました。
 授業は算数と理科が特に楽しかったのですが、国語と社会は苦戦し始めました。国語は学習欄に向き合ってこなかった分、ここに来て成績が伸び悩み、特に公開テストでは説明的文章が苦手で、点数が取れなくなりました。文学的文章は、物語を読むのが好きだったので、好きな文章問題が出題された時は点数が取れ、偏差値は上がったり下がったりで良い時と悪い時の差がとても大きかったです。社会は歴史分野が始まり、現代とかけ離れた時代を学習するためか、それまでのように勉強が捗らなくなりました。その結果、算数と理科は安定して点数を取れるようになりましたが、国語と社会は低迷していました。
 神戸女学院中の入試問題は4科バランス型で、特に国語が苦手な子は不利だと聞いていたので、時間がある5年生までの間に、いろんなジャンルの本を読んでおけば良かったと後悔しました。
 クラスはベーシックがPC4からPC6で、社会特訓が5組くらいでした。

〈6年生〉
 いよいよ受験の年、第一志望校の神戸女学院コースの志望校別特訓が始まりました。それまでは岡本教室での授業でしたが、志望校別特訓は西宮北口教室にいろんな教室から生徒があつまるため、慣れるまで緊張しました。
 更に苦手な国語を少しでも克服できるように最高レベル演習国語の受講も決め、宿題の量が一気に増え戸惑いました。最初の頃は計画を立てずに宿題をしていたため、志望校別特訓前日に終わっていない宿題に気づき、超特急で取り組み深夜3時までかかったことがありました。さすがにこんなことは二度としたくないので、次からは宿題の計画を立てて、その通りに終わらせるため学習サポートルームでできる限りのところまで集中して取り組み、塾のない日は自習室も利用するなど、時間の使い方に気をつけました。私の場合、塾の自習時間が一番集中して宿題に取り組める時間でしたので、できるところまで塾で終わらせて帰るようにしていました。

(春)
 チューターの三上先生から「国語は学習の成果がすぐに表れない教科なので、国語と向き合う姿勢・気持ちを絶やさないことが大事だ」と教えていただきました。国語はベーシック・志望校別特訓・最高レベル演習と受講していたので、文章題を演習する頻度が増え、学習欄を隙間なく埋め、テスト直しは絶対するよう意識しました。6年生になってから国語に向き合う時間が一気に増えました。最初は神戸女学院コースの国語の問題は難度が高くて、テストでは最後まで解答欄を埋めることができず、読解力の他、読むスピードも求められ、大苦戦のスタートでした。
 また緊急事態宣言の影響で対面授業からZoom授業へ切り替わり、気が緩む瞬間がややありましたが、希学園の塾生みんなが画面を通して黙々と頑張っていたので、私も本気で頑張らないと! と思った瞬間でもありました。
 6年生に突入してから神戸女学院中合格への意識が高まり、同じ目標を持って切磋琢磨する仲間が周りにいる環境は、私にとってとてもいい刺激になり、学習意欲も自然に上がってきたように思います。その気持ちが表れたのか、6月頃から国語の偏差値が上がり始め、一番いい時には60までいきました。ずっと伸び悩んでいた国語、ようやく偏差値40台から抜け出せました。2月から意識して頑張ってきたので、少しずつ結果を出せるようになってとても嬉しかったです。

(夏)
 春のピアノ発表会を最後に全ての習い事を終わりにして勉強に専念する予定でしたが、緊急事態宣言の影響でピアノ発表会が夏に延期になってしまいました。夏休みは夏期早朝サポートルームから丸1日授業がありましたが、発表会に出たい気持ちもあり、塾もあり、どうしようか少し悩みました。でもせっかく練習してきたので、ピアノの発表会は思いっきり楽しんで、その後勉強を頑張ろう! と決めました。発表会に向けて練習時間も限られましたが、当日は充実した時間を送ることができ、終演後そのまま塾へ直行し、夕方から授業を受けることができました。今思えば、この経験が思い残すことなく受験に気持ちを向けるきっかけになりました。
 発表会前に行われたプレ神戸女学院中入試では、算数が100点で1位になり、4科では80人中13位でB判定合格でした。この時期でも問題の読み間違いや計算ミスをしていたので、プレ入試で満点を取れたことはとても自信になり、この調子で頑張ろうと前向きになれました。夏休み期間、夏期早朝サポートルームで集中して宿題に取り組むように意識しました。

(秋・冬)
 入試が近づいていることを意識し始めました。
 夏休みの勉強の甲斐があって10月の公開テストでは算数でBEST10に入ることができ、ベーシックのクラスでは初めてPC2へ上がることができました。先生からは算数と理科の得意科目は更に伸ばし、国語と社会の底上げを頑張るようにアドバイスをいただきました。
 ところが、「順調に成績が上がってきている!」と手ごたえを感じていた頃、11月の合否判定テストでなんと4科全て冴えない点数を取ってしまい、志望校に登録していた全ての学校がD判定以下の結果で、これをどう受け止めていいのかわからず落ち込んだことを今も覚えています。
 この後の理科の授業の時に、三上先生から「この結果は全く気にしなくていいです!この結果を受け止め、自分の弱点を直前に気づけて逆に良かった! と考えて」と声をかけていただき、素直にそう思うようにして、上手く自分の気持ちをすっきり切り替えられたのは良かったと思います。これをきっかけに「前を向いて気を引き締めなければ!」と改めて思いました。
 この頃、国語はテストで解答欄に空欄を作らない、宿題プリントやテスト直しの学習欄を完璧に埋め尽くすようにしました。竹見先生の授業は一言一句聞き逃さないように集中して聞いていたので、いつの間にか国語が好きと思えるようになっていました。算数は志望校別特訓の復習問題「最後の総まとめ」に毎日コツコツ取り組み、神戸女学院中と名のつくテストをさかのぼって取り組んでいきました。理科は「暗記の完成」が始まり、それまでコツコツ覚えてこなかった分、苦手単元の復習に苦戦しましたが、何度も繰り返し読み込むようにしました。社会は12月頃に歴史の年号を大量に覚えなければなりませんでした。全く頭に入っていなかったので、母にコピーしたプリントを単語帳に切り貼りしてもらい、移動時間や学校の休み時間に単語帳を持ち歩き覚えました。年号を覚えると全体の流れがわかるようになり、ようやく歴史が好きになりました。

(入試直前期)
 冬休みに入り、いよいよ入試対策の授業が始まりました。この時期はこれから塾でもらう宿題をしっかりするように言われ、これまでのまとめや総仕上げをしました。
 また、そろそろ夜型から朝型に切り替えていかないと、入試時間に頭がボーっとして特に1科目目の国語の文章が読み込めなくなってしまうと聞き、遅くとも23時半には寝るように気をつけました。冬休みには、少し時間があれば併願校の1、2年前の過去問を自習時間を利用して解くようにしました。冬休みは西宮北口教室にほぼ毎日通塾していたので、帰りの電車で同じ方向に帰る友だちと話したり問題を出し合ったりして帰るのがとても楽しい時間でした。「みんなと一緒に神戸女学院中に合格したい!」と思う気持ちは日に日に増してきました。
 前日特訓では先生方から熱いメッセージを送っていただき、「希学園で最後まであきらめずに頑張ってきて良かった、全員で絶対合格したい!」と思いました。

(入試本番)
◆12月19日 岡山中(4科受験)
 新型感染症感染者が増加傾向だったため、前入試は早めに受けることにしました。集合時間に間に合えばいいと思っていましたが、受験会場に到着するまで何があるかわからないため、余裕を持って会場に着くよう家を出ました。30分位早く着いたら、受験会場の半分近い受験生が着席していました。気持ちを落ち着かせるためにも、時間に余裕を持つことは大事だと感じました。
 全く緊張せず、全ての教科が簡単で時間が余りました。
 ⇒結果 東大・国立医学部コース合格。

◆1月16日午前 神戸女学院中 1日目(4科受験)
 早朝に塾生マイページでミニ講義を見た後、家を出ました。門戸厄神駅前で先生にエールを送っていただき、とても緊張がほぐれました。途中、希学園で一緒に勉強してきた友だちに会い、皆で話しながら会場へ向かいました。思いのほか緊張せずリラックスして入試に臨めました。
 国語・・・思ったより簡単。
 算数・・・思ったより簡単だったが、時間がぎりぎりで焦った。
 理科・・・難しかった。計算問題で手こずった。
 社会・・・わからない問題があり、難しかった。
 国語・算数で手ごたえがあり「いける!」と思いました。理科・社会でわからない問題が多く焦ったけれど、「焦っている場合ではない!」と思い、空欄を埋めようと必死に解きました。

◆1月16日午後 帝塚山中(2科受験)
 神戸女学院中の理科・社会で解けなかった問題を引きずって気分が下がってしまい、帝塚山中まで行く気力がなくなりかけました。何とか終わったことを振り返らないように気持ちを切り替えようとしましたが、少し時間がかかりました。電車移動中に希学園で一緒に勉強してきた友だちに会い、話すうちに気持ちが前向きになり、無事受験会場へたどり着くことができました。そこには小方先生が寒い中待っていてくださり、更にパワーをいただいて大分元気を取り戻せました! 希学園生と一緒に受験会場へ入ることができ、何とか午後入試を乗り切ることができましたが、終わったのが20時を過ぎていたのでとても疲れました。帰宅したのは22時頃だったと思いますが、三上先生が遅くなっても電話をくださり、1日の話を聞いて励ましてくださったことは本当に嬉しかったですし、翌日への励みになりました。
 国語・・・あまり覚えていない。
 算数・・・普通。
 ⇒結果 英数クラス合格。

◆1月17日午前 甲南女子中(2科受験)
 国語・・・簡単。
 算数・・・簡単。
 ⇒結果 Sアドバンストコース合格。

◆1月17日午後 高槻中(3科受験)
 国語・・・普通。記号選択問題が難しかった。
 算数・・・思ったより簡単だった。
 理科・・・簡単。直前に三上先生に質問した問題が出題されラッキーでした。
 ⇒結果 合格。

◆1月18日午前 神戸女学院中 2日目
 門戸厄神駅で先生にエールを送っていただき、希学園の友だちと一緒にリラックスして会場へ向かいました。「体育実技も点数があるので1点でも多く取れるよう頑張るように!」と竹見先生からアドバイスをいただいていたので、実技以外にも返事や待つときの姿勢等、集中して臨みました。
 マット運動(後転)・・・できた。
 ハンドボール投げ・・・よく覚えていない。
 縄跳び(二重跳び)・・・結構できた。
 バスケットボールのシュート・・・一度も入らなかった。
 ⇒結果 合格。

◆1月19日午前 関西学院中(2科受験)
 国語・・・普通。
 算数・・・簡単。
 ⇒結果 合格。

 関西学院中の入試が終わり、全日程終了しました。全力投球した4日間が終わって直ぐに高槻中の合格発表を見たかったのですが、合格発表のページが混雑していて開くことができず、この時の合否の確認はおあずけになりました。久しぶりにゆっくりお昼ご飯を食べて帰宅しましたが、この時ちょうど神戸女学院中の合格発表の時間になり一気に緊張が走りました。神戸女学院中のホームページを開き、最後のボタンを押すのに勇気がいりましたが、最後のページを開いて「合格です」と確認した瞬間、私も母も驚きと嬉しさが込み上げてきて胸がいっぱいになりました。直ぐに塾へ合格の連絡をしました。竹見先生に良い報告ができて、とても嬉しかったです。

(最後に)
 私が真剣に勉強に向き合ったのは志望校別特訓が始まる頃で、第一志望校合格に向けて本気で頑張ろうと思ったのは本当に遅かったと思います。そんな私でも受験校全てに合格できたのは、最後まであきらめずに頑張り続けるよう指導してくださった先生方、いつも優しく接してくださった事務スタッフの皆さま、そして家族のサポートのおかげです。心から感謝しています。
 希学園の先生から勉強のことだけでなく、生活面でもご指導いただきました。ここまで熱心に一人ひとりに向き合ってくださる塾は希学園しかないと思いました。希学園に通塾した3年間の経験は、これからの人生の自信に繋がると思っています。本当にありがとうございました。
 これから受験される皆さん、つらい時期もあると思いますが最後まであきらめずに頑張ってください。応援しています!!

タイトル一覧へ
お問い合わせ

【受付時間】10:00~18:00
(GW・お盆・年末・年始を除く)

各種お問い合わせ窓口はコチラ