人間万事塞翁が馬

人間万事塞翁が馬

六甲学院中学校

タイトル一覧へ

 僕はこの春、念願の六甲学院中学校に入学します。
 僕の体験記が役に立つかどうかはわかりませんが、読んでもらえるとうれしいです。

 タイトルの「人間万事塞翁が馬」というのは、以前から家族でよく使っていた言葉で、特にこの1年はこの言葉がぴったりだったと思うのでつけました。言葉の意味は…是非調べてみてください!(笑)
 では、僕の第一志望校合格までの3年間の道のりを振り返ってみたいと思います。

【4年生】
 僕は、もともと通っていた塾から転塾して希学園に来ました。
 初めは最高レベル演習算数だけを受講していましたが、その後ベーシックを受講し始めました。前の塾では成績が常に真ん中より上だったけれど、希学園では真ん中より下のクラスを行き来していたので、レベルの高さを実感しました。
 プレチューターは算数科の小方先生でした。小方先生の算数は「こんなにわかりすい授業聞いたことない!」と思う授業で、先生の話も面白く、算数があまり好きではなかった僕でも授業がとても楽しみでした。
 ただ、この時は受験に対する意識はほとんどなく、習い事も野球とスイミングをやっていました。

【5年生】
 国語の木村先生の授業が特に面白く、授業のある日を心待ちにしていました。
 クラスはPC5からのスタートでしたが、だんだん勉強が面倒臭くなってきて、宿題をギリギリで終わらせていくような日々が続きました。その結果成績が下がり、クラスがPC7になったこともありました。最終クラスはPC6でした。
 5年生のプレチューターは算数科の森下先生でした。後で聞いた話ですが、僕はもうすぐPC4に上がってくる生徒だと期待されていたらしく、上のクラスを担当していた森下先生が僕のプレチューターになったそうです。でも結局、僕は森下先生の授業を受けることなく5年生を終えてしまいました…。

【6年生】
 志望校別特訓が始まり、今の自分の偏差値で行けそうな学校の中で「六甲がいいかも」と思うようになり、六甲学院・須磨学園コースのある三宮教室まで通い始めました。六甲学院中に決めたのは、パンフレットなどを見て、清潔感があって芝生のグランドがいいなと思ったことが理由です。六甲学院中を目指すなら必要と言われたので実戦レベル演習算数も受け始めました。

<春>
 クラスはPC6からのスタートでした。この頃から新型感染症が流行りだし、4月下旬から授業がオンラインになりました。オンラインの授業では、最初は画面が気になったり、友だちが映っているか探したりしていましたが、だんだん慣れてきて、希学園に行くよりもオンラインの方が集中して取り組めるようになりました。通塾する時間がなくなるので、その時間も有効活用できました。
 ただ、休校期間の自粛生活のせいで知らない間にストレスが溜まっていたようで、帯状疱疹になったり、腹痛が毎日続いたりして、勉強に集中できない日々が続きました。でも、やる気だけはあったので、病院に行った後にオンラインの学習サポートルームだけ参加しました。
 また、家での時間が増えたことで思いついたことなのですが、先生になりきってホワイトボードでお母さんに宿題を説明するということを始めました。このやり方は僕には合っていたようで、先生気分で説明するのがとても楽しかったです。このおかげで、問題をさらに理解することができるようになりました。また、宿題プリントを2回まわすことが当たり前になりました。
 その頃にあった、第1回目の漢字の征服では一発合格しました。でも、一発合格した後が大切で、そのあと何度も復習しなければすぐに忘れてしまうので、不合格が続いていた時の漢字の方がよく覚えていたりします(ただし、一発合格しなければ先生に叱られるとは思いますが(笑))。
 体調不良はなかなか良くならず、結局、秋頃まで良くなったり悪くなったりを繰り返しました。

<夏>
 夏休みに入り、夏期講習が始まりました。僕は体調が悪かったこともあり、夏期早朝サポートルームにもほとんど行かず、朝から晩まで塾で勉強をした日は1日だけという形で、僕の夏は終わりました。
 「家の中ばかりだし何かワクワクできそうなことを」とお父さんが考えてくれて、一人用のテントを買ってくれたのはとてもうれしかったです。リビングの端っこにテントを張って、その中にいろいろ持ち込んで勉強をすると集中できました。これは気分転換にもなるし、周りも気にならなくなるので、家で集中できない人にはおすすめです。
 志望校別特訓では、僕はずっとコースの中で上位でした。でも、時間が長いこともあり、授業中やテスト中に集中力が切れて何度もトイレに行ったり、ノートも雑に書いたりして、今思えばとても無駄な時間を過ごしてしまったと思います。ただ、ホワイトボードでの学習が身についてきたのか、授業もよくわかるようになり、成績がだんだん上がってきました。中でも算数が一番得意になりました。特に図形は、北西先生のおかげで正確に作図ができるようになって、大好きな単元になりました。
 でも、理科はずっと成績が上がらず、能勢先生に苦手な単元をベーシックのテキストからピックアップしてもらった特別な課題を夏休みに出してもらいました。それでも理科に興味が持てなかったので、その課題を終わらせたのはずっとあとで、成績ももちろん上がらないままでした。

<秋から冬>
 9月に六甲学院中のオンラインでのオープンスクールがありました。そこで卒業生のお兄さんとお話をする機会があったのですが、すごく優しくて頭がよさそうなお兄さんだったので、ますます六甲学院中に行きたくなりました。
 9月の公開テストでは過去最高の結果となり、10月からのクラスで僕は初めてPC3に上がりました。ベーシックのクラスがコース別になり、PC0~PC5までが1つのクラスになったので、PC0の子と勝負できるのかとうれしく思いました。
 しかし!! それで調子に乗り、復習テストや宿題プリントのやり直しをいい加減にしてしまい、集中できない日が多くなりました。そうなると当然、復習テストでも点が取れず、公開テストでは理科で過去最低の偏差値を取ってしまいました。最終的にはクラスはPC6まで落ちました。9月にあった六甲学院中入試実戦テストでE判定を取って、その1週間後にあった合否判定テストでA判定を取るという不安定な状況でした。
 志望校別特訓は、9時から21時までになりとても憂鬱でしたが、11月ぐらいから大量に出される宿題プリントも予定通りこなせるようになり、だんだんとやる気も戻ってきました。
ベーシックの最後の授業は、どの科目もいつも以上に面白かったです。特に理科の三上先生の授業では、途中で息ができなくなるほど笑いました。ずっとお世話になってきた先生たちの授業をもう受けられないのだと思うと、寂しい気持ちでいっぱいになりました。

<入試対策期間>
 クリスマスのお祝いなどはできませんでしたが、僕はサンタさんに「勇気をください」とお願いしておきました。
 1月1日のプレ六甲学院中入試の算数は、コンパスを使う作図の問題が出ました。なかなかうまく円が書けずに焦りましたが、コンパスを回すのではなく、解答用紙を回す作戦に変えて何とか書き上げました。結果は、苦労して書いた作図も〇で、A判定をもらえました。
 しんどい時もありましたが、大晦日激励集会でもらった先生たちからのメッセージやハチマキに書かれたメッセージを見ながらやる気を出していました。
 算数の総合問題演習(100問)は、コース生の中で一番早く終わらせて、2周目にも取り組みました。理科もベーシックの第4分冊を最初からやり直していました。入試目前になって僕はようやくスイッチが入り、集中して勉強に取り組めたと思います。
 ずっと苦手だった理科が上がってきたのもこの頃で、入試にギリギリ間に合いました。基本の力は大きいです。特に暗記を面倒だと思わずに早めにやっておいた方がいいです。
 入試対策に入ると、5日連続12時間勉強という日もあり、「やりとげられるかな」と不安に感じましたが、だんだんと慣れてきて、家よりも塾に行くほうが集中できると思うようになりました。志望校別特訓や入試対策では12時間勉強をする日が多くなりますが、慣れてくるので安心してください。

<入試前日>
 入試前日は、あまり緊張せず「やってやるぞ!」という気持ちでいました。
 おやすみコールでは、角谷先生と能勢先生から「いい緊張感を持つことが大事だよ」と言われました。北西先生からの電話では、いきなり「モリモリ(もしもし)」と言われて、笑ってしまいました。あと、「思い込みが激しいところがあるから、問題をちゃんと読みなさい」と言われ、本番で気をつけようと思いました。枦込先生は、一瞬誰の声かわからなかったけれど(笑)、「君なら大丈夫だ。明日に向けてぐっすり寝てね」と言われてホッとしました。

<入試当日>
 朝はとても緊張していました。六甲学院・須磨学園コースの先生方の激励動画を見て、家族みんなで「合格するぞー!」とシュプレヒコールをしました。
 六甲学院中に着いても緊張はおさまりませんでしたが、いよいよ試験会場に移動する時になって「やるしかない!」と緊張が吹っ飛び、無事入試を終えることができました。最後の理科の試験終了のチャイムが鳴った時、自分のすべての力を出し切れた、と思えました。

<vs岡山中学校>
 国語:普通。
 算数:満点かも。
 理科:簡単。
 結果、難関大コースで合格。
 「東大・国立医学部コースで受かっていると思ったのに…」とかなりショックでした。算数は1問落としていて悔しかったです。国語でかなり失点していました。前受けは入試本番のイメージトレーニングになるので、受けることをおすすめします。

<vs六甲学院中学校>
 国語:大問1でいきなり図が出てビックリ! 大問2はいつも通りの形式だった。大問3の漢字で2、3問落としたと思ったけれど、後から確認すると1問しか落としていなかったので安心した。大問3の漢字は漢字の征服で取り組んだ問題から何問も出た。記述はとりあえず全部埋めたので、それなりに自信があった。
 算数:大問1から大問6まではいつも通りの形式。大問7で記述の問題が出て北西先生の予想的中!!大問8と大問9は意味不明で全く自信なし。
 理科:大問1は知識問題だったので普通。大問2と大問3は、とても見慣れている問題だったので、焦らずに解くことができた。大問4は、得意な振り子の問題が出て安心した。能勢先生に言われた通り、テキストの解き直しをしたことが役に立った。
 結果、合格!!!
 須磨学園中の試験の後、お父さんの手が〇になっていて、言葉では言い表せないほどうれしかったです。

<vs清風中学校(前期プレミアム・理Ⅲ選抜)>
 国語:簡単。
 算数:満点かも。
 結果、理Ⅲプレミアムクラスで合格。
 プレミアムクラスで合格している自信はありました。

<vs須磨学園中学校(第2回)>
 国語:普通。
 算数:簡単。
 理科:難しい。
 結果、不合格。
 このテスト中に六甲学院中の合格発表があったので、試験中にそわそわしていました。

<vs高槻中学校(B日程)>
 国語:普通。
 算数:簡単。
 理科:普通。
 結果、不合格。
 六甲学院中に合格していたということでホッとしていたし、国語の試験中に訂正が入って、集中力が切れてしまったことが敗因だと思います。

<終わりに…>
 僕は新型感染症感染拡大のせいでしんどい思いもしたけれど、辛い時期があったからこそ強くなれて入試を乗り越えられたと思います。体調不良になった時は、受験は無理じゃないかと本当に辛かったです。でも、家にいる時間が増えたことで、ホワイトボードで人に説明するという勉強法も見つけられたし、計画的に勉強する習慣も身につきました。このことがなかったら、六甲学院中に合格していなかったかもしれません。
 人間万事塞翁が馬、本当にその通りだと思います。

 国語の楽しさを教えてくれた木村先生、入試の厳しさを教えてくれた矢原先生、帯状疱疹の時に心配して声をかけてくれたり、僕の宿題プリントの学習欄の書き方を劇的に変えてくれたりした竹見先生、入試対策のしんどい時期に駅のホームで会った僕の頭をなでてくれた小方先生、ベーシック、志望校別特訓、実戦レベル演習など僕の算数をずっと見てくれた北西先生(僕がなりきる先生は北西先生か小方先生でした)、何度質問に行ってもいつも優しく接してくれた枦込先生、いつも面白い授業で教室の雰囲気を和ませてくれた三上先生、苦手だった理科を伸ばそうと最後の最後まで支えてくれた能勢先生、そして、僕のことをいつも考えてくれて、「君ならいける!」と励まし笑わせてくれたチューターの角谷先生、本当にありがとうございました!
 そして何より3年間僕のメンタルを支え続けてくれた両親、その他僕に関わってくれたすべての方々、今までありがとうございました!!! 希学園に入れて本当によかったです。
 これから受験を迎える皆さん、第一志望校合格をお祈りしています。

祈☆第一志望校合格!!!!!!

タイトル一覧へ
お問い合わせ

【受付時間】10:00~18:00
(GW・お盆・年末・年始を除く)

各種お問い合わせ窓口はコチラ