HOME > よくあるご質問:学習システムについて

よくあるご質問

希学園に対して皆様から、よくよせられるご質問に関するお答えをまとめてあります。

学習システムについて

分からないところがある場合は質問はできますか?
もちろん、いつでもご質問いただけます。システムとしては、授業前の質問受け教室であったり、時間割に組み込 まれている(小4生より)自習時間(学習サポートルーム)および居残り自習時間(居残りサポートルーム)の実施時間に質問ができます。 自宅学習時において分からないことがある場合は、電話での質問もできます。 希学園は、「分からないところをそのままにしない」ことをモットーに可能な限り質問を受け付けるサポート体制を整えていますので、ご安心ください。 

ページトップへ

遅刻しても授業は受けられるのでしょうか?
もちろん、授業は遅刻しても受けられます。また、毎回、実施される復習テストについては、テストの制限時間の1/3未満の遅刻の場合、点数はそのまま成績処理され、それ以上の遅刻の場合、欠席者の扱いとし、著しく不利益を被らないように考慮しています。

ページトップへ

できない子は放っておかれないか心配です・・・
適正な競争原理はお子さまの学習に対するモチベーションを高める上では重要な要素であると考えていますが、それに伴って大切にしなければならないことが「個別のフォロー体制」だと考えています。つまづいたり、理解が不十分な塾生にこそ手厚い指導を心がけていくべきであるとの考えのもとに、授業後の自習時間(学習サポートルーム)をカリキュラム内に組み込み、その時間を利用した質問受けや個別のアドバイスをはじめとして、授業前質問受け、無料開放自習室での質問受け、電話質問受けなどの充実した質問受けの体制や、「WEB補講動画」の無料視聴サービスなど、さまざまな方法で学習上の個々の問題点の解消に向けたバックアップ・フォローアップ体制を充実させています。希学園では「一人一人の塾生を大切にする」という理念を必ず貫いてまいります。
→「学習サポート体制」詳細はこちら

ページトップへ

居残りサポートルームとはどのようなものですか?
各授業の終了後、そのまま残って自習していただける無料の「居残りサポートルーム」を設けています(くわしくは「時間割配分表」をご覧ください。居残りサポートルームを設けていない講座もあります)。
授業を担当した講師が入室して管理にあたりますので、わからない問題については講師に質問することができます。
復習方式を採用している希学園では、より勉強がはかどり、学習効果を高めることができます。

ページトップへ

指導時間が長くて大変そうなのですが・・・
特に小5・小6において、講義にあたる時間をしっかりと確保することで、中身の濃い授業をご提供できるだけではなく、宿題や復習に取り組む家庭学習にあたる時間を「自習時間(学習サポートルーム)」として塾での指導時間に組み込んでいます。
一般的な塾のように、宿題や復習はすべてご家庭で取り組むという学習環境では、どうしても受験勉強が他律的なものになりがちです。ご家庭よりも集中できる学習時間をカリキュラム内で設定することによって、塾にいる時間は長くなりますが、自主的に学習に取り組む姿勢を培い、学習を自分自身の問題としてとらえさせることは、小学生にとって精神的にも非常に大きな意味を持つと考えています。
また、指導時間を十分に設定していることにより、講師が塾生一人一人に対する個別の対応を行うことができるということも大きなメリットです。指導時間を通じた質問受けや個別のアドバイスなどを通じて、お子さまと一対一のコミュニケーションを十分に取ることによって、お子さまと保護者の方をサポートする第三者としてしっかりと役割を果たしていくことができます。ご負担をおかけすることもございますが、様々な面においてそれを上回るだけの成果をご提供できるシステムであると考えております。

ページトップへ

  • 学習システムについて
  • 授業・テスト・宿題について
  • 勉強方法について
  • 受験指導について
  • 授業料・テキスト代について
  • 入塾について
  • その他
  • 毎月第2日曜実施!入塾テストを兼ねる

    公開テストのお申し込みはこちら
  • 希学園の学習システムをまるごと体験

    2週間無料体験入塾のお申し込みはこちら
  • 希学園の詳しい資料をお送りします

    資料請求はこちら
  • 会社概要
  • 採用情報
  • 個人情報保護方針
  • このサイトについて
  • サイトマップ