四天王寺を目指す君へ!四天王寺コースの万全の指導

四天王寺中学校とは

 大阪の中心部に位置する四天王寺中学校は、日本仏教の聖地である四天王寺の境内に校舎があります。教室の窓からは五重塔が望め、時折梵鐘の音を耳にします。交通の便が良く落ち着いた環境で学習できる学校です。
 90有余年の歴史と伝統を持つ四天王寺中学校は、聖徳太子の「和のご精神」を礎とし、豊かな人間性を備えた女性として様々な分野で世界に貢献できるリーダーを育てることを目指しています。仏教精神に基づいた人間教育を行いながら、互いに助け合い、周りのすべての人に感謝や思いやりの気持ちを持つことを大切にしています。10代という人生の中で最も多感な時期を共に過ごす先生方は、彼女たちの「心」に寄り添いながら、彼女たちの「将来」も見すえておられるといえるでしょう。希学園から進学された卒業生も元気ではつらつとした女の子が多く、後輩のためにと自ら定期的に激励しに来てくれます。その際、卒業生から手渡される自筆のお手紙と飴玉にこめられた優しさに後輩達は感動し、自然と次の世代へと受け継がれていく四天王寺コースの伝統行事になっています。

 全国屈指の女子進学校として、特に国公私立医学部医学科へは毎年多数の合格者を輩出しており、その合格者の数は全国でもトップクラスです。医志コース・英数Ⅱコース・英数Ⅰコースと多彩なコース制を導入することにより、生徒一人ひとりが個性や状況に応じて伸ばされています。女子教育について経験豊富な先生方が6カ年一貫という私立中学校の特徴を活かし、最難関である国公立・私立大学の医・歯・薬系各学部をはじめとする理系学部文系学部へ進学できるように、熱意に満ちた指導を行っているのも四天王寺中学校の良さでしょう。

希学園四天王寺コースの指導理念

 四天王寺中学校に合格することはもちろん、入学してから充実した中学校生活・高校生活を送ること、さらにその先の目標を達成することができるように、希学園四天王寺コースでは以下の理念のもと、指導をしています。

・ 講師は常に合格を達成するために最適な指導を提供し続ける

・ コース生は学習習慣と自立心を身につける

・ コース生は各自の弱点に正面から向き合い、自ら目標を設定する

・ コース生はお互いを高め合う仲間や家族に感謝する

 モチベーション高く学習し続けることは大人でも難しいことです。しかし、皆で共にあきらめずに挑戦し続けていくと、最後には揺るがない信念を持つ女の子に育っていきます。希学園四天王寺コースは個々の性格や特性に合った方法でアプローチし、女の子が受験勉強を通して人間的に大きく成長できる指導を追求します。

講師紹介

  • 算数科
    木原 嵩夫

    希学園四天王寺コース統括。
    生徒の小さなつまずきにも気づき、わかるまで丁寧な授業を行う。算数が得意な生徒から苦手な生徒まで、ひとりひとりの目線に合わせた適切な指導に定評あり。その指導力とともに算数力も非常に高い、希学園算数科次世代のエース。「算数で困ったらオレのところに来い!」

  • 国語科
    木村 基和

    長年に渡る女子コースの指導により、「女子中の国語」を知り尽くす。楽しく、かつ、わかりやすい授業はもちろんのこと、生徒ひとりひとりに寄り添い個々の弱点に対して的確にアプローチする姿は、他の講師からも一目置かれている。

  • 理科
    藤原 聡子

    女子生徒から絶大な支持を受けている理科のスペシャリスト。四天王寺中高卒。理科を苦手とする女子生徒を、独特の切り口で理解させる。
    四天王寺コースの指導歴も長く、明るく厳しくそして力強く生徒達を牽引する。

  • 社会科
    山田 和彦

    豊富な知識に裏付けられた緻密な授業は、まさに「情報の渦」で生徒を包みこむよう。その渦に乗り切れない生徒を決してそのままにはしない優しさと面倒見の良さが生徒の心をとらえて離さない。

6年生になる前に

6年生になる前に

6年生になると、ベーシック・社会特訓・レベル演習・志望校別特訓と、多くの講座が実施されます。今の内から正しい学習習慣を身につけることが大切になります。

1週間の計画を立てる

学年が変わるごとに、時間割が変わります。自分に合った学習計画を曜日ごとに早めに立て、1年を通じて計画通り進めていくことが大切です。

授業中の理解を深める

自分の授業中の様子を想像してみてください。先生の説明をしっかり聞けていますか?ノートをとることに必死になっていませんか?意外と出来ていない人は多いはずです。ノートをとることも大切ですが、一番大切なのは先生の説明をしっかりと聞いてその場で理解することです。

「分からない」を「分かる」にかえる

「分からない」を放置することは悪循環の始まりです。最終的に、「分からない」→「宿題が進まない」→「嫌いな科目になる」となります。予防策としては、自分の分からない所を積極的に質問に持っていき、疑問を解消していくことです。今からでも間に合いますよ。「分からない」を「分かる」にかえてみませんか?

四天王寺中合格への指標

医志コース

全教科で高い水準での点数が要求される。その中でも、理系科目(算・理)では、点数差がつきやすい。「難問への柔軟な対応力」が必要になる。

英数Ⅱコース

全教科で基礎点を逃さず得点した上で、理系科目(算・理)の応用問題で得点できる部分をどこまで伸ばしていけるかが重要になる。四天王寺中の入試問題に取り組んだ練習量で決まる。「問題の取捨選択」が必要になる。

英数Ⅰコース

例年、四天王寺中入試で受験者平均点をとれば、英数Ⅰコースに合格することが出来るので、全教科で点数差をつけられないようにしなくてはいけない。そのためにも、全教科の基礎点になるであろう問題をしっかりと見極めて合わせきることが大切。また、制限時間内での押し引きと見直しの時間の使い方も重要になってくる。「冷静な判断力」が必要になる。

小6志望校別特訓四天王寺コース

2018年度のカリキュラムより、本格的な3科受験者用カリキュラムを整備。

四天王寺中に特化したテストの実施

小6プレ四天王寺中入試・四天王寺中入試実戦テスト・四天王寺中過去問テスト
1回のテストで力を出し切れるようにアウトプットの演習を積み、現状の成績を知る機会を設け、本番さながらの合格発表で入試の雰囲気に飲まれない女の子に育てます。

小5対象イベント

「小5から始める四天王寺特訓」では、小6志望校別特訓四天王寺コース担当者が講義をします。また、その中で普段の学習方法や四天王寺中入試への対策もレクチャーします。 
「学校を知ろう」では、卒業生に来てもらい、在塾時のエピソードや四天王寺中の魅力を語っていただきます。

保護者対象説明会

「四天王寺中入試で合格を勝ち取るために必要なこと」「女の子の学力を最大限引き上げるには」など、お子様のみならず保護者の方へもご家庭で取り組んでいただきたい学習法をお話します。
家庭での学習と希学園での学習の相乗効果でお子様の学力向上を後押しします。

お問い合わせ

受付時間 10:30-18:30(GW・お盆・年末年始を除く)

各種お問い合わせ窓口はコチラ