希学園 6つの指導力

合格指導力

教科指導力

「PLAN-DO-CHECKシステム」による復習型学習法や、「スパイラル方式」を中心とした万全の学習指導システムの確立

教科指導力
圧倒的な知識量、わかりやすく論理的な説明、解答に至るまでの思考過程の重視。知的好奇心いっぱいの子どもたちを、真正面から受け止める。常にそれを意識して行われる希学園の授業には楽しさと感動があります。また、希学園の全講座にそれぞれの学習計画表があり、オリジナルテキストを使い、復習テストと宿題プリントの反復学習指導を行うという「PLAN-DO-CHECKシステム」による復習型学習法を導入して、学習効率の高い「スパイラル(円らせん型)方式」をとっています。
さらに、希学園の特徴である充実した自習時間中はもちろんのこと、常に質問は大歓迎です。講師は子どもたちからの質問にいつでも的確に答えることのできる力量を備えています。「解らないことをそのままにさせない。」この思いを持って子どもたちを指導していきます。

生徒指導力

塾生一人ひとりを強い受験生へと育てるための万全のバックアップ体制

生徒指導力
塾生一人ひとりに対して、模試成績をはじめとした個々の学習データはもちろんのこと、授業時における反応や宿題への取り組み方を確かめながら、個々にわたる指導を実現しています。小6におけるチューター制をはじめとするフォロー体制は、子ども目線と保護者ニーズの両方の視点で適切なアドバイスをさせていただくための制度です。保護者の方との懇談や講演会・説明会等を通じて子どもたちを指導していく重要な視点を呈示していきます。
また、教室スタッフと講師の連係プレーで、入試当日まで子どもたちのメンタル面を中心に完全サポート。さらには自分の弱い心に打ち勝つ「克己心」と、支えてくれる人たちへの「感謝の気持ち」を受験勉強を通じて育てていきます。

企画力

目的を明確にしたさまざまな企画を立案することで、子どもたちの成長を促す機会を多数設定

企画力
学力をつけるためのさまざまな企画はもちろんのこと、それ以外にも「心を育てる」ための企画と「心を鍛える」ための企画があります。まずは、「文化祭見学」や先輩たちを招いてのイベントなどを通じて学校に対する知識を深め、その学校への憧れの気持ちを強く持ってもらいます。そして、より目標を確かにするための「学校見学会」や第一志望校合格を誓う「七夕祭り」では、中学受験にむかっていく心を育てていきます。さらに高学年では、本番で実力を十分に発揮するために、受験当日の雰囲気により近づけたテスト大会やプレ入試で1点の重みを体感して頂き、6年生では「夏期激励集会」で自分の決意を宣誓し、「大晦日激励集会」で入試本番にむかう覚悟を固めていく中で、子どもたちが受け身ではなく自ら心を鍛えていける機会を設けています。希学園では、中学受験を通じて人として大きく成長していいただけるように、様々な場面で、様々な企画をご用意しております。

入試分析力

徹底した入試問題の研究に基づく最適な学習指導カリキュラムの構築を行い、常にそれを進化させていくシステムを導入

入試分析力
入試問題の出題単元、問題ごとの難易度はもちろんのこと、配点、出題形式、計算用紙の有無などまで、細部にわたり、各校の分析をします。さらに問題から読み取れる出題意図、設定平均点、学校の望んでいる生徒像など、様々な角度から各中学校の入試傾向を予測していきます。
何十校にも及ぶ学校の過去何十年間もの入試問題を分析したうえで、合格に必要な要素を明確化し、傾向の変化にも十二分に対応しながら、各学年ごとのカリキュラムにフィードバックしていきます。
このように徹底的な入試分析をすることで、適切な傾向対策が実現するのです。

情報力

各学校との強いネットワークを通じて、塾生に対して多くの情報提供ができる体制の確立

情報力
学校を知り、学校を分析する。学校を選択する上で必要な情報は、単に進学実績や難易度にとどまりません。ご本人・ご家庭の希望や考え方と、学校の校風や教育理念とができる限り一致していなければなりません。希学園では塾生・保護者の方に対して、学校に関する詳細な情報を、塾生専用サイト(塾生マイページ)を通じて随時提供し続けています。また、実際に各学校の先生方をお招きして学校説明会や教育講演会等を実施し、受験するまでに準備しておくべきことや各学校の目指している方向性・将来性などを、直接保護者の方にお伝えする機会も多数用意しています。受験間近の6年生に対しては、実際に指導している各教科の講師が協議して、学力特性やご本人の適性を分析し、さらにご家庭の意向を反映した上で、どのような学校が適しているのか、どのような受験のスケジュールを組めばよいのかを塾生一人ひとりに対して提案していきます。

講師研修力

講師が「教科指導のスペシャリスト」であり、「最高の伴走者」であり続けるための、強固な研修および管理体制の確立

講師研修力
講師の役割。それは子どもたちにとっての最高の伴走者であることです。中学受験という1つのハードルを乗り越えた後にでも、ふと思い出してもらえる、そんな伴走者でありたいと希学園は考えます。自分が生徒や保護者の立場であれば、どのような指導をしてほしいのか。講師は常に考え続け、創意工夫をし続ければなりません。
希学園では、常に講師の指導力をさらに向上させるべく、様々な研修を実施しています。すべての学年・講座ごとに作成された、各単元におけるポイントや、前後の単元との関連などを示した「指導指針」をもとに、講師は十分な準備をした上で授業に臨みます。また、教科別に教科指導の勉強会を定期的に行い、各単元での指導内容について徹底的に分析し、最も効果的な授業のあり方を研修しています。刻々と変動する入試問題の傾向に即座に対応できるように、常に分析・研鑽を重ね、それを授業に反映する。それが希学園の講師です。
お問い合わせ

受付時間 10:30-18:30(GW・お盆・年末年始を除く)

各種お問い合わせ窓口はコチラ