洛南女子・西大和女子合格に向けた万全の指導!

希学園では「洛南女子・西大和女子合格」に向けた講座やイベントをたくさんご用意し、
洛南女子・西大和女子合格を勝ち取っていただくための万全の対策をご用意しております。
希学園の洛南女子・西大和女子合格に向けた指導体制におまかせください!
スタッフ一同、全力で頑張って参ります。

充実した講師陣

洛南高附属中・西大和学園中は女子にとって難度の突出した学校です。40~60名という実質的な定員はあまりに狭く、一つのミスで涙を呑むケースも多々あります。しかし、だからこそ最高峰なのです。
受験生として、処理力、知識、演習経験、すべての完成度において一流の域に達するには渾身の努力が必要です。
そして我々スタッフ一同もまた渾身の指導で引っ張ります。

  • 理科

    コース統括

    小谷 宙子

    圧倒的な求心力のもと、生徒を叱咤激励しながら力強く牽引する。多くの女子が不得意とする理科を得意に変える、本質を鋭くとらえたその授業を受けた生徒が口をそろえて言う、「まるで魔法のよう」。男子生徒からも女子生徒からも高い支持率を誇る、超人気講師。

  • 国語科
    西川 和人

    20年以上に渡り難関中の入試指導を手がけている。現在、希学園国語科責任者として手腕を発揮し、国語のエキスパートとして「特進クラスの国語」の執筆も手がける。歯切れのいい語り口調と卓越した論理的な指導は生徒だけでなく講師陣からも目標とされる存在である。

  • 国語科
    山下 正明

    講師歴40年の国語指導のレジェンド。
    国語が嫌いな生徒も好きな生徒も、国語をおもしろく感じさせる授業は圧巻。
    豊富な知識に裏づけされた的確な説明は聞いているものをとりこにする。

  • 算数科
    東野 正治

    生徒が理解するまで粘り強く、「熱く」指導する。
    希学園の講師全体を支える、まさに責任感の塊。

  • 社会科
    北川 恵理

    キメ細やかな対応と厳しくも明るい授業で人気です。
    入試で勝つ実践的な得点力の習得もバッチリ!

なぜ希学園は洛南女子・西大和女子に強いのか?

1
小6志望校別特訓「洛南高付属・西大和学園(女子)コース」の強み

他塾に先駆けて共学化の発表後すぐに洛南女子コースを設置しました。
女子トップ層が洛南・西大和を目指す流れが定着し、切磋琢磨できる環境も整っています。

希学園強さの秘訣 詳細はコチラ

2
洛南・西大和にフィットした定常講座設定

洛南・西大和に強い理由は、定常講座設定がそもそも洛南・西大和の入試スタイルにフィットしていることも大きな要素です。
これに最適化された「志望校別特訓」が加わる形になるのです。
洛南の配点は4科生の場合、国語150点、算数150点、理科50点、社会50点の400点満点です。
西大和の配点は4科生の場合、国語150点、算数150点、理科100点、社会100点の500点満点です。
つまり、国語・算数の配点が大きい傾斜です。したがって、4科バランスよく勉強することも大切ですが、特に国語・算数については大いに強化しておく必要があります。

希学園での対策 詳細はコチラ

3
豊富な洛南・西大和スタイルの模擬テスト経験

希学園の強みはインプット(授業)の充実だけでなく、アウトプット(テスト)の機会を多数設けているところにもあります。特に洛南・西大和の入試は質・量いずれも非常に高い水準ですので、単なる模擬試験ではなく洛南・西大和スタイルの練習機会がないと本来の力量を発揮しにくくなります。

希学園のテストとは 詳細はコチラ

洛南女子・西大和女子なら希学園!!

卒業生の声

  • 2016年度 希学園 卒塾生 H・Mさん

    私は洛南高付属(女子)コースにいたので、第一志望校も初めはもちろん洛南高附属中でした。しかし、学校説明や学校見学などでいろいろなことがわかってきて、通学時間が1時間半以上かかり、洛南高附属中の通学規定をオーバーすることなどから、西大和学園中または四天王寺中医志コースを第一志望校とすることを考え、学校説明会や学校見学に参加しました。最終的には両親とも相談し、男女共学で英語教育が充実している西大和学園中を第一志望に、四天王寺中医志コースを第二志望に、洛南高附属中は第三志望にすることにしました。

    しかし成績の方は早々にPC2に下がり、一時はPC3まで落ちました。この頃からやっと塾の通学時の電車の中で参考書を見るようになりましたが、これが面白くて熱中するようになりました。また、わからないことがあると積極的に質問するようになり、このお陰か秋ごろにはPC2に、秋の終わりにはPC1に戻れました。この後、年末には「さらなるサポートルーム」に残り、課題を最後まで済ませて帰る日を続けました。
    帰宅は23時20分過ぎになるので、睡眠不足にならないよう体調管理に注意しました。
    私が合格できたのは、希学園のおかげです。今までずっと支えてきてくれたお母さんお父さんはもちろんですが、見た目は厳しくても本当は優しいチューターの北川先生、面白おかしくてわかりやすい授業をしてくださった〇〇先生、成績が悪くても叱ったりせずきちんと対応してくださった入江先生、私の苦手なところを直そうとしてくれた能勢先生、おやすみコールで私の基本的で長い質問を全てきちんと聞いて正確な答えをくれた礒辺先生、ベーシックや最高レベル演習で教えてくださったたくさんの先生方、事務の方々、SGのみなさん、今まで本当にありがとうございました。私は今、4月から「西大和学園中学校の女子」として頑張っていこうと思っています!

  • 2015年度 希学園 卒塾生 H・Sさん

    受講していた授業はベーシック、社会特訓、最高レベル演習算数、最高レベル演習国語、志望校別特訓(洛南高附属(女子)コース)でした。私は算数よりも国語が苦手で、何度も最高レベル演習国語をやめたいと〇〇先生に言っていたのですが、結局最後まで続けていました。国語の成績が上がったらやめられるかなと思い、宿題プリントの学習らんは自分なりに頑張っていました。すると、偏差値が60~65ぐらいとれるようになっていました。
    9月ぐらいから目立ち始めたのがケアレスミスです。先生からはケアレスミス大魔王とまで言われてしまいました。〇〇先生には「一瞬の再読が大事」と言われ、入江先生には「答えが出そうになってきたときからが重要だ」と何度も言われていたけれど、結局ゼロにはなりませんでした。

    10月になると大文字駅伝の練習があり、志望校別特訓の宿題も増え、私はとてもハードな日々を過ごしていました。宿題はサボることなくしていました。
    冬休みになると入試対策が始まり、宿題はますます増えたけれど、総まとめや冬物語、理科の特別プリントなど全てやりきりました。過去問は家ではするなと先生に言われていたこともあり、あまりしていませんでした。

    1月1・2・3日のプレ入試はほとんど全部不合格で「これはヤバい」と思い、入試に対する意識がやっと変わりました(遅すぎるけれど・・・)。ここで不合格になったことが逆に本番の合格につながったのかもしれません。いつも私を支え、はげましてくれた〇〇先生をはじめとする先生方、本当にありがとうございました。
    後輩の皆さん、お正月のプレ入試で不合格でもあきらめずにがんばってください。きっと合格できます!!

  • 2014年度 希学園 卒塾生 Y・Nさん

    6年生になり受験を意識するようになってくると、本当にこのままでよいのだろうかと自問することが多くなり、思い切って希学園に転塾することにしました。授業でつまづいたり、宿題がまわらなかったりしたときは、先生の的確なアドバイスやフォローにいつも助けられました。また、夏休み中には夏期早朝サポートルームがあったり、クラス全体が質問しやすい雰囲気だったのも良かったです。

    冬休みは毎日塾があり、これでもかと積み上げられる課題や、また、冬休みが終わってからは学校との両立など、体力的にも精神的にもきつかった時期で、幾度も心が折れそうになりました。そんなとき、先輩方が応援に駆けつけてくださり、激励の言葉とともにキットカットなどの差し入れをいただき、「よし。やるぞ」と気を取り直しました。

    迎えた入試本番。いざ入試が始まると心臓がバクバクし、国語の文章が頭に入らなくなりました。そのときはもうだめかと思いましたが、当日朝のミニ講義で〇〇先生がおっしゃっていた「緊張したときは状況をも笑ってみろ」という言葉を思い出し、少し心に余裕が持てました。

    そして合格発表の日。提示終了間近で人はまばらでしたが、希学園の先生は方はずっと待っていてくださいました。私の受験番号の数字を見た瞬間、これまでの半年間がよみがえってきました。初めての希学園の門をくぐったとき、とても充実した夏休み、公開テストや合否判定テストで初めての1位をとったとき、宿題に泣かされた志望校別特訓、受験の厳しさを知った大晦日激励集会、ただがむしゃらに走り抜けた直前期、人見知りの私に話しかけてくれた友達、体をはって授業をしてくださった先生方。無謀とも言える6年生からの転塾でしたが、希学園で過ごした半年間は確実に私を変え、受験校全勝という結果をもたらしました。

    この春、私は洛南高等学校附属中学校に入学します。いままで一緒に走り続けてくださったチューターの先生ならびに希学園の先生方、本当にありがとうございました。

洛南女子・西大和女子なら希学園!!

理事長からのメッセージ

21世紀に輝く女子諸君へ

この21世紀の20世紀との大きな違いは女性がこれまで以上に全世界を舞台に活躍するという点であります。国を問わず、いろんな分野において女性と男性が互いに切磋琢磨しながら、科学技術をはじめとした人類の発展、並びに人々の幸福と世界平和を願って華々しく活躍する世界がもうすでに始まっています。
皆さんもそんな世界でしっかりと自分を確立し、それぞれの役割を通じて人々の幸福を願い、頑張る自分と向き合って生きていこうではありませんか!

希学園 洛南高附属・西大和学園(女子)コースはそのような輝く女性への登竜門である洛南高附属中入試・西大和学園中入試の突破に向けた、密度の濃い授業を展開するスーパーエリートコースです。
その内容の濃さは共学化以来、ずっと希学園が合格者数トップレベルを走り続けているという実績にも裏付けられています。

希学園洛南高附属・西大和学園(女子)コースの強さの要因ははっきりしています。

  • 1.希っ子は頑張る集団であること
  • 2.彼女たちを支え指導に携わる熱い情熱の塊を持った講師集団が存在すること
  • 3.塾生と講師がともに目指す目標に寸分の誤差もないこと

上記3点が結実した結果として輝かしい実績が出せているのです。
先輩たちの活躍は中学入試だけにとどまるわけではありません。希学園洛南高附属・西大和学園(女子)コースで学び、洛南高附属中・西大和学園中に進学したコース生からは毎年、超難関大学や学部に多くの合格者を輩出しています。

さぁ!21世紀の大空に羽ばたこうとしている闘志あふれる女子諸君!!
希学園洛南高附属・西大和学園(女子)コースで頑張って、
来るべき洛南高附属中入試・西大和学園中入試において光輝く合格を
その手にゲットしようではありませんか!!
そして輝ける未来に向かって力強く飛び出していこう!!

授業見学

志望校別特訓 洛南高附属・西大和学園(女子)コースは十三教室、四条烏丸教室の2教室にて開講しています。
洛南・西大和を目指す小6女子の皆様の授業見学も歓迎しております。
また、平日・土曜日などの定常講座につきましては2週間無料体験入塾が可能です。
小2~小5生の皆様もぜひ希学園の指導レベルを体験していただきたいと思います。

洛南女子・西大和女子対策関連イベント

希学園では洛南女子・西大和女子合格に向けて様々なイベントをご用意しております。是非ご参加ください。

小6生対象
実施日・場所 イベント名 お申し込み
9月23日(月・祝)
十三教室・谷九教室・三宮教室・
四条烏丸教室・西宮北口教室(本館)
コース別特別講座
・灘中攻略特訓partⅡ
・東大寺特訓Ⅰ
・第4回甲陽学院中入試実戦テストおよび学習サポートルーム/最高レベル演習理科ダイジェスト
・星光・西大和攻略への道Ⅰ
・洛星・洛南攻略パワーアップ講座Ⅲ
・第1回六甲学院中入試実戦テスト
・須磨学園過去問特訓Ⅰ
・神戸女学院中入試実戦演習Ⅶ+社会総まとめⅢ
・四天王寺中合格への道 その9
詳細・お申込みはこちら
9月29日(日)
十三教室・谷九教室・
四条烏丸教室・西宮北口教室(本館)
コース別特別講座
・第3回灘中入試実戦テスト
・第1回大阪星光学院中入試実戦テスト&算数問題演習
・第5回甲陽学院中入試実戦テスト
・第2回西大和学園中(女子)入試実戦テスト
・第1回洛星中入試実戦テスト
・神戸女学院中入試実戦演習Ⅷ+理科総まとめⅣ
・四天王寺合格への道 その10
詳細・お申込みはこちら

洛南女子・西大和女子の受験をお考えの一般の方対象

洛南・西大和 何でも相談メール

洛南高附属中・西大和学園中(女子)の入試傾向も含めた学校情報や、各学年における合格に向けた勉強方法をはじめとした入試対策に関するご質問に洛南高附属中・西大和学園中(女子)コース担当の講師がメールにてお答えいたします。些細な事から深い内容まで、ぜひお気軽にお問い合わせください!

洛南・西大和 何でも相談メールはコチラ
お問い合わせ

受付時間 10:30-18:30(GW・お盆・年末年始を除く)

各種お問い合わせ窓口はコチラ