講師紹介

国語科

栗原くりはら 宣弘のぶひろ

授業で心がけていること

国語はコミュニケーションの科目だと思っています。ですから、君たちの気持ちをつかみ、また、自分の気持ちをきちんと全員に伝えたいと思っています。「聞いたら、わかった!」と言われる授業、クラス全員が、「先生の授業で国語が大好きになった!」と言ってくれる授業をめざしています。授業の時だけでなく、起きているときはほとんど、国語の苦手な生徒をどうしたら得意な生徒に変えられるか、を考えています。眠りかけたときに、「!」とすばらしいアイディアをひらめかせたことも数多くあるのですが、目ざめたときには跡形もなく消えているんですね、これが。

講師として忘れられないエピソード

①阪神大震災の時、被災した受験生と共に何週間か寝起きを共にして受験まで頑張ったこと。
②卒業生が、「先生の授業だけは忘れられません」と言ってくれたこと。
③毎年の合格祝賀会での再会。

希学園の魅力とは

いつも「熱い」学園長、ぶっきらぼうだけど実は「優しい」副学園長、その他の「濃い」先生、熱血先生、なんでそんなに賢いの?という生徒、ツッコミうますぎな生徒、「これでもか」というほど手厚いサポート、毎週配られる大量のお手紙。

中学受験を目指す皆さんへのメッセージ

勉強を好きになろう。国語を好きになって!!国語ぎらいの君が、国語を好きになっていく過程、それが僕の喜びです。

お問い合わせ

受付時間 10:30-18:30(GW・お盆・年末年始を除く)

各種お問い合わせ窓口はコチラ